ライオンを倒したのは

使っておりますコップが何故か薬品臭いおっさんです。

旧約聖書と言いますものは何度か購入したことのありますおさんです。

ところがお引越しの度に書物を大方処分してしまいますので、

旧約聖書をひも解きたくなりましても手元に無い、

全くもって困ったおっさんです。


天地創造があって、

アダムとイブのがあって、

ノアの箱舟があって、

バベルの塔があって、

アブラハムがあって、

ソドムとゴモラがあって、

イサクがあって、

モーゼがあって、

、、、、、、、、、、、


ライオンを倒したのはイサクであったのかどうなのか、

偉大なる民の父アブラハムの子、イサク、

確か彼が後継者で頭から油を注がれて、

でもってライオンを倒したのではなかったかなと、、、、、、


あ、

旧約聖書だってね

全部読んだわけではないのです。

興味のあるところだけ読んで、

あとはほったらかし、

たしか昔モーゼのDVDも所持していたのですけど、

それも無くなってしまっておりますし、


いや、ほんまに困ったおっさんです。


でもってこの連休中はアブラハムとソドムとゴモラのDVDを

何度も繰り返し鑑賞しておりましたわけでございます。

それとマザーテレサとか、色々ね。


他に感染やら予言やらといったちょっと恐ろしげなDVDも所持しておりますことはしているのですけど、

これはちーとも恐くないし話が薄っぺらいので見る気にもなれず、


アブラハムとモーゼ

この2人には共通したものを感じますね。

二人とも約束された土地を目指して永い長い年月を旅に費やしたのです。

信仰の人であり、義の人であって、

神の声を聞き、神による大いなる奇跡を起こしたのです。

きっとその2つの魂には何らかの関係があるのでしょうね。


いいだすなぁ。

おさんも旅、したいだすなぁ。

約束された大地なんてものはまあ、どこにも無いでしょうけど、


でもってそんなこと考えておりましたら、

満州国のことが思い出されまして、


日清戦争の頃から中国には満州国という日本人の管理する居住地域があったのですな。

満州鉄道がひかれておりまして、

豊かな暮らしがそこにあったのだすな。

太平洋戦争が終わりまして、

GHQによって引き上げ命令が出されて、

でもって日本人が満州から日本に引き上げて来たわけですな。

一部の人はロシアに連れてかれて何十年も強制労働させられましたけど、

閉じ込められた貨物列車の隙間から、

彼らはバイカル湖に沈む夕日を見てロシアに連行されていることに気付くわけです。

いや、国名はロシアだったのかソビエトだったのかは分りませんけど、


ロシアも悪いことしよりますなぁ。

それから朝鮮戦争もソビエト(ロシア)の統治する北朝鮮が

アメリカの統治する韓国に侵攻したことが始まりだすな。


んでもってその凡そ12年後、

おさんは生まれたのでございます。


まあ、アブラハムを見れば満州国を思い出すし、

マザーテレサを見ましたらインドの独立やマハトマガンジー、

アルバニア戦争について知りたくなるわけです。


あははは


でもね、天地創造から時代はずーっと続いているのですなぁ。

戦争も、自由を追い求めようとする試みも、

地上ではずーーーーーっと続いて参りましたわけでありまして、

これからも恐らくは繰り返し繰り返し、ずーーーーーっと続いて行くのでありましょうね。


長いような短いような話でございますな。
[PR]

by yskfm | 2013-05-08 18:26 | 第二部、大地 | Comments(1)
Commented by yskfm at 2013-05-09 09:00
思い出した。ライオン倒したのはダビデだっっ。
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30