カテゴリ:第二部、未来( 27 )


おひさし、ブリーフ

えー、、、

この場所から失礼します

このブログの本サイトであります「開運の護符屋」は

破綻しました

全く以て申し訳ないことでございます

広告を出すことに嫌悪感を持って数年広告を出さずにおりましたら

破綻しました

ごめんなさい

その後放浪等色々とありまして

神様による強制的断捨離と強制的移動等ありまして

今に至るわけでございます。

当該サイトのメールアドレスは死んでおります

当該サイトを更新するために必要なFTPの設定は失いました

ホームページは消失するかと思っておりましたけれども

未だ無料契約ということで広告が掲載された状態で残っております

今のところどうしようもありません

どうしようもない状態で残ってしまっております

勿論ご依頼者様皆様の個人情報は死守しており

確実な廃棄を行っております途中でございます

そこのところはご安心下さい


一つのことを長く続けておりますと人は色んな知識や能力を得ることができます

私も呪術や御護符について色んな知識や能力を得ることができました

ただ色んな知識が得られたお蔭でそのものの陰の

余り好ましくない部分も知ることができました

まあそう言った野暮なことを書き連ねるつもりはありません

宗教然り、仏教然り、神道然り、御護符然り、政治然り、日本経済然り、世俗然り

それは各々人々の考え方に委ねる他はないのですけど

機関銃の存在を知って人切り包丁をぶら下げる人などおりませんでしょう

そういった理由で私は創造神と悟りをお開きになられた仏

所謂ところの神仏の意に適うものしかその必要性を認めなくなってしまっていたのです


まあそういったことでね

私もこれからどうするのかは私自身にも分かりません

全て神仏に任せる積りでおります

サイトのことはね

今はちょっと色々と疲労が重なっておりますし

暫くこのままで置いておくことになると思います

突然変な方向性を示すかも知れませんけど

それは今の私には分からないのです

全て「神様の言う通り」に進んで行きたいと考えておりますから
[PR]

by yskfm | 2014-11-04 21:53 | 第二部、未来 | Comments(0)

電波発電器を作ろう

なんか、構想はあるみたいですね。

人工衛星に太陽発電のパネルを取り付けて電波で電力を供給する、

なんて話ですけどね、

研究段階でありまして、

結局、レーザー光線を使うことになるのかなとは思いますけど、

まあ、大分先のことになるのでしょう。


それでもね、地上を大量に飛び交っております電波からも

微弱電流は取り出せるわけでございまして、、、


子供の頃作りませんでした?

あの、ゲルマニウムラジオってやつですけど、

電池がなくてもAMラジオが受信できるのですね。

それは電波に含まれる電流を使っているからなんですね。


蛸足のような丸い平面の板に銅線を巻き付けましてね、

何重にも撒きまして、

その銅線の先にダイオードを取り付けて電波が一方向にしか流れないようにするのですね。

で、受信周波数を調整するためにバリアブルコンデンサを取り付けて、

イヤホンを取り付けて、


まあ、銅線の長さが合っておりましたら、

小さい音ながらAMラジオが聞こえる筈なんです。


そのタコの足アンテナとダイオード以外は取っ払っちゃいましてね、

そこに蓄電池を取り付ける。

プラスマイナスを逆にしちゃいましたら電流が流れるばかりで蓄電できませんから、

そこら辺は注意が必要ですけど、

それだけで微弱ながらも蓄電できるわけです。


ただまあ、余りにも微弱な電流ですから一年でどれだけ蓄電できるものかは分りませんけど、

まあ、間違いなく人力発電のほうが遙かに効率はいいでしょうけど、

理論的には可能な話でございまして、


まあ、興味のおありになられます方はやってみてちょーだい。

と思うのでございますよん。


[PR]

by yskfm | 2013-12-19 08:31 | 第二部、未来 | Comments(0)

ココロザシ

次に生まれる日、

私は、社会を変える強い志を持って生まれて参りたいと思います。

どのように変えるか、

それは日本に存在したとされる神代のごとくに変えるのですよ。

同じ志の仲間を集めて、

正しく生きていらっしゃる両親の下に、

勉学と能力の向上に励み、

決して地上に普遍的に存在する悪に染まることなく、

妥協もせず、

地上をもっともっとマシな光溢れる場所にしたいと思うのです。


それはね、

今の社会が矛盾だらけで変てこすぎるからなんです。

魔物の巣窟になっているからなんです。


地上がこれではまともに修行することも適いませんでしょうし、

命が無駄になるばかりなのですから、

何故、今に生きる人たちはもっと健全な社会を構築しようとなされないのか、

不思議に思うのです。


たとえば東大を卒業された方々でありましても、

今の歪んだ経済社会に疑問も抱かずに利益を得ることに必死になっていらっしゃる。

そんなくだらない人生のどこが素晴らしいのでしょうか。

神から生じる愛の理論さえ気付かず、

心の偉大さにも気付けず、

神に背を向けているようなものではありませんか。

それは何と悲しいことでしょうか。

それこそ命の無駄遣い、資源の無駄遣いではないかなと思うのです。


ですからね、

来世はきっと私も少しはまともになって、

社会を変える力となって、仲間たちと共に生まれて来ようと思うのでございます。
[PR]

by yskfm | 2013-05-13 07:20 | 第二部、未来 | Comments(0)

道を歩む

闘うな

服従するな

何もするな

ただ勇気を持って自らの権利を主張しなさい

弱き者、貧しい者には手を差し伸べなさい

自らの中の弱さと悪を滅ぼしなさい

力強く一歩一歩歩みなさい

自らの希望する目的の場所へと

歩を進めなさい



あ、突然変な文章でごめんちゃい。
[PR]

by yskfm | 2013-05-02 04:25 | 第二部、未来 | Comments(2)

究極的社会構造論-調和主義-

さて、ゴールデンウイークでございます。

海外にご旅行の方もいらっしゃいますでしょうし、

ご自宅でのんびりされます方もいらっしゃるのでしょう。

或いは、休みなんてないべ、と仰られます方も、このご時勢では多いのかも知れませんけど、


安い給料で休日を返上して、身を粉にして働く、

仕事量は多いのに社員の数は激減して、労働時間ばかりやたらと増えちゃって、

なんでこんなことになっちゃっているのか、って突き詰めて考えましたら、

その根源には、金銭を得るという好ましくない動機の存在が見えてくるのでございまして、、、、、、


社員も、経営者も、政治家も、医療従事者も、もうありとあらゆる人間が

金銭収入を動機として社会を構築してきたのですね。

ですから社会が修羅場になってしまう。

銭金なしでは生きれない社会になってしまい、格差だって生じてしまうのです。


それでね、おさんなんかは、この際金銭的なものをなくしてしまえばいいんじゃないか、

って感じるのですけど、

それがね、おさんの生み出した調和主義なんです。

愛という動機と、感謝という憲法理念によって成立する調和主義社会なんです。


誰でも、自らの人生を有意義にできる好きな仕事に就けて、

愛ある社会貢献を行うことのできる社会。

勿論、給料なんてものはありませんよ。

お腹が空けばレストランで食事が振舞われますし、

商店では必要なものが分け与えられますでしょう。

旅行だって住居だって万人が同じだけ提供を受けることができるのです。


対外貿易はね、余った物資や技術、人材を政府機関が輸出し、

その収入で必要なものを輸入する。


まあ、余分に持って行こうとされます方もいらっしゃるでしょうから、

そこは感謝を理念とする憲法によって、

倹しさ慎ましさを欠く者は厳しくも慈悲ある叱責を受けるわけです。


まあ、周辺国もきな臭いところが多いですから、

対話が通じない場合には軍事力も必要でしょうね。

それもね、義勇軍ですよ。

最終的にはジャンヌダルクが天使に遣わされたように義勇軍として領土を奪還するなり、

正義のために、力を以て奪おうとするものは力を以て断固拒否するべきでありましょう。

但しそれはあくまでも方便的な方法ですよ。

基本的な在り方は、生命や財産、領土に執着しない「愛」に基づく健全な意思なのですよ。

ただそうも言っていられませんから、

国家は国民の生命や財産を守らなくてはいけませんから、

できればそこは国連が中道的な判断で正しく機能して欲しいものだと思いますけれども、

機能していないのだから仕方がないではありませんか。

国際世論だって今尚何が正しいのかさえ判断できずに簡単に洗脳されちゃうのですから。


でね、その方が絶対に人生に張り合いが出るし、社会だって良くなるし、

幸福度だって、出生率だって、GDPだって上がってくるのです。

おさんはそのように思うのです。
[PR]

by yskfm | 2013-04-27 08:08 | 第二部、未来 | Comments(0)

現在過去未来~♪

未来は、確定されているのか?

タイムマシンは実現して時間旅行は可能になるのか、不叶姉妹なのか?

今回はね、そういったことを述べさせて戴こうかしら、などと考えております。


例えばね、星を見ますでしょ?

その星の光は何十、何百億年も掛かって地上に届くのですね。

私たちはその星の、何十億年前、何百億年前の姿を見ているのです。

最近は超新星爆発しそうな星があるということで科学者たちも騒いでおりましたけど、

それだって遠の昔にもう爆発しちゃっているのかも知れない。

私たちにそれを知ることはできませんけど、


また、私たちが例えば高いお金を出して超音速のジェット機なんかに乗ったとしますでしょ?

そうしましたら若干の浦島効果が働いて、

その人だけ、時間の流れが遅くなるのです。

確定された未来があるとして、その未来にズレを生じさせるには、

それだけで充分でございましょう。


時間はね、何度も申しますように、タテ・ヨコ・タカサに続く四番目の座標とかではないのですね。

空間に備わった機能なんです。

過去とか未来は概念だけのものでありまして、実際には存在しないのですね。

在るのは現在だけなんです。


今が過去になり、

歩こうとするその一歩が一瞬先の未来となり、

踏み出したその一歩が今となる、

のです。

元気ですかー


アインシュタインは相対性理論の中で明かして下さいましたね。

異なる慣性系では時間の流れも異なるのですね。

それぞれの異なった時間の流れが集まって今を作り出しているのです。


ですからね、そういった訳で、

タイムマシンなんて作れないのです。

浦島効果で未来へ行くことはできますでしょうけど、

過去へは戻れない。


確定された未来なんてものもないのですよ。

ただ、そこには役割があるだけで、

人生の目標地点は様々に、好きなように設定できるのですね。

ただ、どこにいても自らの役割を演じることは求められますでしょうし、

守護霊もそのように導きますでしょう。


それと、ワープホールですか。

強い磁場を作って空間を捻じ曲げて、

こっちの空間の壁からあっちの空間の壁をワープする。

それは実現する可能性はありそうですけど、

それはタイムマシンではありませんよ。


それに、空間の、壁と壁との間は、幽界ですからね、

そこにどのような世界が拡がっているか、は分かりませんよ。

どのような不調和な現象が生じるか、

無事にワープが成功するのかしないのか、

まあ、バミューダトライアングルみたいなこともあり得るのではないかと思いますよ。
[PR]

by yskfm | 2012-09-19 09:14 | 第二部、未来 | Comments(0)

神理学

おっさんは幾度となく、おっさんの名刺の肩書きを変えて参りました。

まじないし、古神道行者、個人神職、正法者見習、

そして今現在は、神理カウンセラー


いや、肩書きではなくて役割なんです。

おっさんの役割。

その役割の変遷に一体何の意味があるのか、

お分かり戴けない方にはお分かり戴けないと思いますけど、

分かって下さる御仁にはきっと深く理解して戴けるのではないかなと、

思うおっさんなのでございます。


さて、何故神がおっさんを神理というものに出逢わせたのか、

そこにも深い理があるように思うのです。

おっさんの鼻先に神理を、ニンジンのようにぶら下げた者がいるんです。


その昔、ローマに「哲学」と言いますものに気付き、言い出しっぺになった者がいるんです。

だからこそ、哲学が当時の学問の主流となり、

そこから芸術や科学が生まれてきたのです。

勿論、言い出しっぺが誰かなんて誰も知らないことなんですけど、

その人が、言い出しっぺがいなければ哲学も芸術も科学も生まれては来なかったのです。

いや、わかりませんけどね。

あはは


そうして、これからは神理学が流行りますでしょう。

何百年後か何千年後かは分かりませんけど、

社会は必ずこの神理学を受け入れることになるのです。

それこそが社会を神の国に近付けるためのキーワードなのですから。


今、世界中で極僅かな「神理学」の言い出しっぺたちが、

寝ても醒めても、

神理、神理、神理、神理、神理、神理、神理、神理、

言っておりますでしょう。

おっさんもね、だからこそ

多くの人に神理と言いますものを伝える活動をして行きたいな、

と考えているのでございますよん。
[PR]

by yskfm | 2012-09-12 09:18 | 第二部、未来 | Comments(0)

進むと決めた道

あなたが進むことを決めた道は、

それはもしかすると険しい道かも知れません。

時には心が折れたり、他に目が行ったりするかも知れない。

もしあなたが器用な人間であって、

別の道も進んでみる、なんてこともできるかも知れない。

それでもね、自らの決めた道は、

一生を掛けても極めてみようと決断した道はね、

固い信念で命を掛けてでも向き合い続けなくてはいけないのでは

ないでしょうか。


或いは自らの判断の全てを占いに頼る

姑息な方法で上手く立ち回る

そんなことをして要領よくやっていたって

それは逃げているのと同じことなんです。

自らの人生から、

自らの業や反作用から、

逃げているのですね。


でもね、逃げるとさらに業は深くなるし反作用は大きくなります。

全て受け入れて正道を歩む。

誰が何と言おうが

全てのあなたの人生と業と反作用を覚悟して受け入れ、

その道を進み続けるしかないのですね。


そうして、そこからが、

全てを受け入れたその時から、

あなたの内の霊的世界の何かが大きく変わるのではないかと思いますね。
[PR]

by yskfm | 2012-08-21 16:17 | 第二部、未来 | Comments(0)

次の目標を見定める

たとえばね、登山をするとしますでしょう?

初心者は大体がある程度のところまで登ってきて、

ああ、もうこんなに高いところまできたんだ。

オレってやるじゃん。

ってなことで見晴らし眺めながら握り飯に噛り付き、満足して下山しちゃう。

疲れた疲れたってね、タクシーなんか使っちゃって、

ちょっといい宿に泊まっちゃう。

山裾の景色を眺めながら温泉に浸かって、カニなんか戴いちゃう。


でもね、それじゃあお金も掛かるし、後々もうちょっと頑張っておけばよかったかなって

悔いが残るのですね。


満足して手を抜くか、

満足して、さらに感謝して更に頑張るか、

あはは、おっさんは前者だなぁ。

でもね、ガイドさんっているじゃあないですか。

しっかりと頂上征服を心に刻み込んで、

次の目標を、心に刻み込んで、

次は古槍ヶ岳だぁ、なんて自分に言い聞かせて、


そうやっておりましたらガイドさんも間違いなくそこまで連れて行って下さると思うのです。

あ、ここで云うガイドさんはしゅごれのことでもあるのですけど、

まあ、そうやって次の目標を見定めておりましたら、

ガイドさんも検討はして下さると思います。

多分ね。

あははははは
[PR]

by yskfm | 2012-01-09 10:59 | 第二部、未来 | Comments(0)

前を向いて行こう

私たちは今生で沢山の出逢いをしますね。

そして、全ての出逢いには必ず別れが参ります。

伴侶とは死別するのですし、

子供は独立しますでしょう。

クラスの皆とは年度が替わればばらばらになりますし、

卒業という別れもありますでしょう。

でもね、必ず再会することができるんですね。

魂の、永い永い命の中で、何度でも再会は果たされるのです。


ですから、そのことで後ろを向いてしまうようなことがあってはいけませんし、

いつまでも引きずっておりましてもいけません。

別れの後には必ず次のステップでの出逢いがあるのですから。


一つ一つの出逢いを大切にするために、

心を研ぎ澄まして、

真剣に人間修行に取り組むことは大切ですね。


心を研ぎ澄ます。。。

自分本位の考えや欲や嫉妬、依存心や執着心で曇った心の表面を磨いて、

怒りや憎しみの炎を消して、

悲しみの雨を止ませて、

ストレスや割り切れない思い、不平、不満というスモッグに塗れた空気を入れ替えて、

壁紙を黒から白に張り替え、光の方を向いて、

心の波紋を鎮めて、

感謝と言う灯を灯し、

器を愛で一杯にして、

そうやって私たちは前を向いて生きていかなくてはいけないのですね。


この人間社会にありましては、

人間関係を疎かにして修行の成果など生じるはずがないのですから。

人間関係が何よりも大切なのですから。
[PR]

by yskfm | 2011-01-11 02:29 | 第二部、未来 | Comments(2)
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31