<   2006年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧


日々

読みたい本が沢山ある。
読まなくてはいけない本が沢山ある。
そういった本の殆どはしっかりと理解して覚えて身に付けて行かなくては意味のない本ばかりなんです。

笑いながら読み飛ばしても構わない本でしたら一日に文庫本一冊程度は読めるんです。
でも覚える必要のあるものはね、一日に40ページ程度しかこなせない。
困ったものでね、私の脳には記憶量の限界があるんですね。
お腹一杯と同じように、頭が一杯になって苦しくなってしまうんです。

学生の頃は短期記憶の天才だったんですよ。
日々遊び呆けて、テストの前日だけ一夜漬けで全ての範囲を覚えるんです。
一日に本2冊程度覚えるくらいの記憶量はあったんです。
それでもほぼ確実に記憶できたんです。
頭はパンパンに膨れておりましたけどね、
それでテストが終わりますと完璧に忘れ去るんです。(笑)

神様との対話の時間も必要ですしね、
テレビを見て、音楽を聴いて、料理を作って、息抜きする時間も必要ですしね。
本を読んでいるだけではいけないんです。
メールの返事も書かなくてはいけないんです。

ですからね、一日、24時間、寝たいときに寝て、遊びたいときに遊んで、
それでも10時間以上はそういった作業に当てることのできる時間があるんですね。
好きなことですからね、楽しく頑張っております。

今はperlの本を呼んでおりますよ。
来月後半には何かしらの自作cgiをサイトにくっ付けることができそうです。
他にも5冊程度、並列に読み進めております。
[PR]

by yskfm | 2006-02-26 16:32 | 第一部、日々のこと | Comments(0)

旅の日記

砂の道を30分程トラックの荷台に揺られて海辺の村に着く。小さな小屋の庭先で食事を戴くのである。
店員が大皿に持った料理を運んでくる。蟹を殻付きのままぶつ切りにしてピリ辛く煮たものである。どうしても手が汚れる。
ここではBeerが飲める。皆は口々にビアを注文している。

食事が終わると私達は小さな船に乗せられて向いの岸に運ばれた。
ここは干潟のような遠浅でドロドロの海が遠くまで続いている。ムツゴロウのような魚がその干潟に顔をのぞかせる。
ここには干潟の上に建てられた高床式住居のような建物が軒を連ねている。
全体が干潟の海の中に建てられた高床式の村である。

少し歩くようで、その高床式の村の高床式の木製の橋のような道を案内される。
途中、ココナッツジュースを勧められる。ココナッツ椰子の頭を大きなナイフで切り取ってそこにストローを挿したもので、
現地の若い兄ちゃんが観光客相手に現地の言葉で懸命に勧めている。

ここの村は貧しい。
全面オープンになった高床式住居の中にござが敷いてあり、そこに家族がいて私達を眺めている。赤ん坊もいる。
ここの人達の収入源は海老である。
小さなアミ海老のような海老を取って醗酵させたものが主な生産物である。
この村の至るところで海老を大きなアルミ製のボウルに入れて醗酵させている。だから村中で海老の醗酵した臭いがしている。
土産物屋で売っているクッキーなどにも、この海老の醗酵したものが甘く味付けされて挿まれていたりする。
私達には余り美味しいものではない。
[PR]

by yskfm | 2006-02-26 00:26 | 第一部、想ふこと | Comments(0)

調和と不調和の哲学

調和のために不調和がある。
調和のために不調和が生じる。
不調和は学びとなる。

人は余りにも多くの不調和なものをその体内に取り込んでいる。
全ての生物も同じである。

鳥インフルエンザ、様々な微弱毒を持つ細菌、埃、唾液、汚れた想念、
良くみてみれば、そういったものが空気中を飛び交っている。
どこまでが綺麗なもので、どこまでが汚れたものか、
そのような人間の独り善がりなものさしはナンセンスであるように思う。
そもそも身体そのものが汚れているのだから。

南無妙法蓮華
蓮華の花は汚れた汚水の中から美しい花を咲かせる。
人の身体が如何に汚れていようとも、その心は美しく咲かせることができるのだ。

汚れたものなんてこの世界には存在しない。
全て神様がお造り下さった賜わりもの。

でも美しいものと汚れたものの線引きはナンセンスであっても、
正しいもの、間違ったもののモノサシは存在する。
それなくしては、お釈迦様は何をお悟りになられたのだろうかということになってしまう。

たとえ人に害を与えるものであっても、
善なる心には無害なものとなる。
[PR]

by yskfm | 2006-02-25 18:19 | 第一部、想ふこと | Comments(0)

異国情緒

インドのお香を買って来た。
とにかく長ーくって、持つ場所がある不思議なもの。
燃す前は凄い匂いがしているんだけど、燃してみればなんてことはない。

ベトナムのクッキーにインドネシアのインスタント麺、どこの国製かも分からないスパゲッティー
ベトナムのクッキーは枯葉剤でも混入してはいないかとヒヤヒヤものだけど、
とにかくあたしんちは国外製品てんこもりってわけさ♪

でぃすかうんとしょっぷ。イエイ!
[PR]

by yskfm | 2006-02-23 13:06 | 第一部、日々のこと | Comments(2)

Qooちゃん

最近、Qooちゃんと一緒に遊んでいる、アンパンマンとバイキンマンを合わせたようなキャラクターが変に不細工で可愛らしく感じましてね、
名前は不明ですが、調べてみますと http://www.qoo.jp/ というアドレスに、Qooフレンズというサイトがありますようで、
そこにお友達が沢山いらっしゃる。

Qooちゃん可愛いもんね。
お友達が沢山いらっしゃっても不思議ではないです。
その点、ノバウサはちと可愛らしさに欠けるところがありますね。
何だか、偽物のノバウサが現れたりして、彼の人生は、いや、兎生は波乱万丈のように思われます。

Qooちゃんとお友達グッズ集めようかな。。。
[PR]

by yskfm | 2006-02-20 12:15 | 第一部、日々のこと | Comments(0)

巡礼

今年こそはと思いつつも歳を重ねる巡礼の旅

世を捨てて旅烏かな金はなし

かけひにて心いざなふ巡礼の旅に死するか生きながらふか

美味し世の人の心ぞ堪へ難き

さて生きる術は如何にか札作り

手を合わせ春頃にはとか秋までとか願ふ心もやましきものかな

身を清め誓いをたてし五王札我に与えよ永久の宝石
[PR]

by yskfm | 2006-02-12 08:02 | 第一部、想ふこと | Comments(0)

答え合わせと論文のポイント

御上から授けられる物にも色々とあるんですね。
例えば資格、
E-ホームズや姉歯元設計士が折角御上から与えて戴いた信頼、資格、
これを何故命を掛けて守り切らなかったのか、
そこには自己保身の心があるんですね。

信頼は命を掛けてでも守り抜くべきだと思います。

また、マイナスの賜わり物もございますね。
会社の上司から与えられるノルマ、訓示、
こんなものは別に命をかけんでもよろしおすがな。

とそんなところがポイントどすな。


今日はだし巻き卵とかぼちゃ・里芋の煮物を戴きました。
おいしゅうございました。
[PR]

by yskfm | 2006-02-10 13:46 | 第一部、想ふこと | Comments(0)

葵の御紋

でも何だね、葵の御紋ってーのは将軍家から側近の人に品物が送られ、側近の人はそれを
無くさないように大切にするもんなんだね。
葵の御紋のついた品を持っている人は信用に値する、そんな勲章のようなものでね、
悪いことしちゃうと将軍家の信用問題にもかかわるから、絶対になくしてはうけないものなんだ。
もし悪人に盗まれて悪用されてしまうとただごとじゃない、悪人はその信用であくどいことができてしまうから、
そんなことにならないように命を掛けて守り通さなければいけない、そんな品なんだ。
盗られてしまうと勿論切腹、将軍家も何が何でも探し出さなければいけない。

でも本当に命より大切なものなんだろうか?切腹するほど大切なものなんだろうか?
はい、これを論文にまとめて提出!(爆)
できれば今の会社の在り方と合わせて考えるように。
[PR]

by yskfm | 2006-02-09 18:57 | 第一部、想ふこと | Comments(0)

メディア

トミーズ健師匠の一発ギャグは面白い。とそう思う。
やり方が少し間違っているだけでね、
ハッピーハッピー僕ピッピーとか、ぶるんぶるんパフパフとかね、
ほんわりと心が温かくなって後から意味が分かってじわじわ来るんですね。

ぶるんぶるんパフパフはオートバイの音なんでしょうね。
ぶるんぶるんはエンジンをふかす音、パフパフはクラクションなんですね。
だったらも少しそれが分かるように声の調子を変えると良いと思うんです。

流行を作るのも、流行を終わらせるのもメディアの気持ち一つだと最近思います。
だってリクエストで成り立っているような番組は流行とか関係ないですからね。
つぶやきしろうさんなんて面白かったけどね。
少し声が小さくて番組製作で支障があったのかも知れませんね。
[PR]

by yskfm | 2006-02-09 12:57 | 第一部、想ふこと | Comments(0)

お食事

親子カツ天丼、焼肉丼、カレースパゲッティと最近は贅沢なメニューが続いております。
150円以下なんですけどね。

数年間断食もどき生活をしていたおかげで胃腸の調子をすっかり悪くしてしまっておりました私、
それでも最近は日増しに改善しておりますようでございます。
人並みの量が食べられるようになりました。
従いまして体重も少し増えてしまっております。

薬がね効いたんでしょうね。
市販の薬なんですが、

あかぶくろ胃腸薬本舗 弘真胃腸薬 (常用・内蔵系強化)
エスエス製薬 ハイチオールC (L-システインが入っている肝臓のお薬)
ミヤリサン株式会社 ミヤリサンW (食欲の無い時に)
大正製薬 大正漢方胃腸薬 (常用・胃腸強化)
大正製薬 大正胃腸薬Z (H2ブロッカー)
株式会社太田胃散 太田胃散 (胸焼け・食べ過ぎ・胃のもたれ)
興和株式会社 ザ・ガードコーワ整腸錠 (腸内環境正常化)
日水製薬 トルクミン (安い整腸剤)

胃腸は運気を左右しますからね。お大事に。
[PR]

by yskfm | 2006-02-09 11:50 | 第一部、日々のこと | Comments(0)
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー