<   2006年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧


味噌スープ

昨日は石切神社にお参りに参りまして、
石切の大神様にあることでお願いして参りました。
沢山の方がお百度を踏んでいらっしゃった。

道中、可愛らしい女性に石切神社はどこか尋ねられたのですが、
私も始めて参らせて戴きましたもので、教えて差し上げることができませんでした。

場所はすぐに分かりましたけどね。

参道で蜆の乾燥したものを買って参りまして、
味噌汁に入れて戴いております。

ところでね、味噌汁がすっぱいのですが、どうしてなんでしょう。
決して腐っているわけではないのですけど。
赤味噌がすっぱいのでしょうか?

どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さいませ。

あ、石切神社は祝詞にも出て参りますし、古神道で有名な神社でございますよ。
参道に占い屋さんが沢山店を出しておりました。
[PR]

by yskfm | 2006-11-30 12:03 | 第一部、日々のこと | Comments(0)

矛盾

大衆はあたかもやせた土地に蒔かれた芥子種であるかのように、芽を出さず、乾き切って、
流行という風に右往左往しているように感じる今日この頃でございます。

幸せになりたい、そのための方法がわら人形であったり、
幸せになりたい人の掲示板が誹謗や中傷、噂話で埋め尽くされていたり、
それでも人はその矛盾に気付くことなく、
その方法で幸せになれる、願いが叶うなんて信じているのですね。

満足 と 不満
感謝 と 愚痴・悪口
祝福 と のろい
愛 と 憎しみ
心から生じるもの と そうではないもの
内面的価値のあるもの と 内面的価値のないルックスだけのもの
調和 と 不調和
真心の伴った人間関係 と 表面的なお付き合いの人間関係
神 と 悪魔
高次元の霊力 と 低次元の霊能力
思い遣り助け合うこと と けなしあうこと
尊重する心 と 見下す心

前者グループは幸せになれるもの
後者グループは不幸になるもの
それは神様の法則ですから、絶対に例外はないのです。

人はなぜそういった基本的なことが分からないのだろうかって思いますね。
[PR]

by yskfm | 2006-11-28 19:40 | 第一部、想ふこと | Comments(0)

ネタ

ホームページに書くことがもう殆どなくなってしまっておりますようで、
書き尽くしたという状態ですね。
漢文調で言いますと、もうこれ以上、何をか書かんや。(何を書こうか、いや書くことはない)
といった状態です。

頭の中に入っておりましたこと、30%
虚空から、或いは深層心理から取り出したこと、30%
書籍、その他諸々から参照した情報、30%
その他の、意味のない、或いは誤った情報、10%

でも、全てを読んで下さいましたら誰でも全知全能になれるのではないかと思うくらいの
世界でたった一箇所、ここだけにしかない素晴らしい情報が沢山詰まっていると自負しているのですけど、
製作者バカ、なのかも知れませんね。

整理下手で、整理するところまでは行かなかったのですけど。
まあ、それは無理な話でございまして。

今後は、活動面に重点を置きましてね、
それから、少しずつ新しく分かりましたことをスローペースで更新させて戴こうと思います。
他にもっと大切な情報が見付かりましたらまた違った展開になるかも知れませんけど、
もうこれ以上大切な情報は見付かりそうにないように思いますね。
[PR]

by yskfm | 2006-11-27 21:29 | 第一部、日々のこと | Comments(0)

氷点

テレビでは、氷点などといった映画が放送されておりまして、
皆が自己中心的に私利私欲で生きておりますから、当然のことながら皆が不幸で辛い想いをしているという、
渡る世間は鬼ばかりとさほど違わない構成の物語のようでございます。

理に叶った生き方をしておりましたら誰も苦しまずに済みますのに、
どこでタガが外れてしまったのでしょうか。
自ら行った悪事が自らに戻って来るという、全く、神理や大自然界の法則に振りまわされて、
地獄を展開している、
そんな物語のようでございまして、

人に悪意を向けられましても、自らは悪に染まらず、間違った想念は抱えず、
時には辛抱し、時には身を引く覚悟を、
簡単なことではないのかも知れませんけど、

無理なのでしょうかね?
現代人にはそれは無理なことなのでしょうか?
或いはそれだけの判断力さえ失われてしまっているのでしょうか?

私は見ませんし、見たくもないようなおぞましい映画ですけど、
見ていらっしゃいます方は是非そこから何かを学び、考えて下さいましたらと思います。
[PR]

by yskfm | 2006-11-26 21:52 | 第一部、日々のこと | Comments(0)

じゃんけん

じゃんけんでね、
グーはパーに負けますよね。
ですから、グーは自分より弱いチョキを僕にしてパーと闘わせるんです。
そうしますと、チョキはパーに勝ちますから、
その親分のグーもパーに勝ったことになりますよね。

でもね、チョキは次第に、自分のお蔭でパーに勝てていることに気付くわけですね。
それで、グーの支配を離れて独立するわけですね。

で、それに腹を立てたグーはパーをチョキに勝たせてやろうとしてパーの味方に付くんです。

人間の世界も同じですね。
強い者なんて絶対に存在しない。
偉い人間なんて存在しないんです。

自分が上級の人間だと思っている人に限って、
下級の人間である部分を見落としているんです。

で、人間ってのは、皆が皆、俺様は偉いんだぞ、って思っていらっしゃるか、或いは
私はどうしようもない駄目人間だっておもっていらっしゃる。
必ず、どちらかに偏っているんですね。

恩着せがましかったり、もったいぶったり、虚勢を張ったり、

でも私は、あるべき自然の形でいいじゃんって思うのです。
何故、それができないのかな、って思うんです。
なんで必要でない余分なものを付け加えて、折角スムースに動き出そうとしているものに歯止めを掛けてしまうのかなあ、って思うのです。

欲を持ったり、執着してみたり、
神様が折角、ヨシヨシってお力添え下さろうとしているのに、
強引に捻じ曲げて地獄に足を突っ込んでみたり、

ものごとの自然な流れ、って普通に考えておりましたら当たり前のように分かってくるものなんですけどね。
[PR]

by yskfm | 2006-11-26 13:32 | 第一部、想ふこと | Comments(0)

いろいろ

今週に入ってから、2日程目が回っておりました。
無理をし過ぎたからなのか、悪い菌が体内に入ってしまったからなのか、
どちらにしても生活の乱れ、不調和が原因なんでしょう。
地球がね、回っているんです。くるっくるとね。
立って歩こうとしますと真っ直ぐに歩けない。
体温は体温計がありませんので計りませんでしたけど、血圧が86-138まで上がっておりましてね。
反省して、息吹術をやって、神様にお祈りをして、何とか元通りになりましたけど、
もうだめかなって、一瞬思ったりもしました。
もう余り無理の利かない年なのでしょうね。

昨日は何だか新聞社の人から取材の電話が入っておりましたけど、
余りそういった表舞台に出れるような人間でもありませんし、それに何だか胡散臭そうでしたので、お断りさせて戴きました。
んな大した人間じゃネーです。
「ウサギ男だぴょん」なんて云っているような人間ですから。(爆)

そんでもって、先日購入して参りました卵の名称が「桜吹雪」
この金さんの桜吹雪、よもや見忘れたとは言わせねーぞ!!
なんて思わず呟いてしまいましたね。

それと、気が向きましたら病気を治す方法でもサイトにUPしようかと思います。
[PR]

by yskfm | 2006-11-25 23:53 | 第一部、日々のこと | Comments(0)

振部の御技(ふるべのみわざ)

以前にも書かせて戴きましたけど、昔、物凄い先生がいらっしゃった。
私はその方の講演テープを何十本も持っていたのですが、
その頃の私には、まだその先生が間違いなく信頼して良い先生であるか、を見分ける判断力が備わっておりませんでしたので、
残念なことに、引越しの折に処分してしまったんです。
今から考えますと本当に愚かなことをしてしまったと悔やんでおります。

その先生が講演のときにどなたかを壇上に呼び出して交霊を始める、
悪霊を説得し始めるんですね。
でね、その時に何やら呪文のようなものを唱えるんです。
「ふりゅーゆらゆらいらとふりゅー・・・」
余りにも早口で私にはそうとしか聞こえなかったのですが、
暫くしまして、それが振部の御技というものであることを知りました。
「ふるへゆらゆらとふるへ」って云っていたのですね。
魂結いするための、命を強化するための祝詞ですね。

また別の機会に、ある巫女さんが降霊を行っております様子を拝見しました。
そこでもこの振部の御技は使われておりましたね。
でもこの巫女はゆっくりと歌うような全く違った唱え方で唱えておりました。

合掌しまして、気を丹田に込めまして力一杯に唱えますとね、
誰だって全身がガタガタ震えてくるんです。手が大きく揺れましてね。
元気になりますよ。
[PR]

by yskfm | 2006-11-22 14:11 | 第一部、想ふこと | Comments(0)

詩のようなもの、その3



大海原に漕ぎ出した時にはもうペンキは剥げて錆び付いていた
そんな船で
音を軋ませながらの航海

それでもよくここまで来れたと思うよ。

どこまで行けるのかは分からないね。
海の女神がどこまで行かせて下さるのか。
まあ、それで良しとすることだろうね。
取り敢えずは謝っておこうと思う。



混沌

物質的なものはもうそこにはなく、ただ心だけが存在した
呼吸(いき)も感じず、血潮の流れも感じず、
ただ、波が何度も何度も繰り返し打ち返すように
悠久の時の流れだけがそこにあった



孤独というもの

ただ、心の中には無限の意識があって。。。
[PR]

by yskfm | 2006-11-20 13:14 | 第一部、想ふこと | Comments(0)

Qちゃん

どうしちゃったんでしょうね。高橋選手。
練習に甘えが入っちゃったのでしょうかね。

それにしましても、国立競技場にドコモ茸ガ並んでいたのには、
目がまん丸になっちゃいましたね。
[PR]

by yskfm | 2006-11-19 14:57 | 第一部、日々のこと | Comments(0)

愛国心

安倍氏は何故、愛国心といった概念を法律に組み込みたがるのでしょうか?
そうして、何故私達は愛国心という概念に対して良くないものを感じるのでしょうか?

よーく考えてみてくださいね。
愛とかそういった心の中に生じる感情は、一人一人が自由に持つことができるものでございます。
これを愛しなさいとか、これを愛しちゃいかん、
そんな強制は神様だってして来なかったんです。
それは心の尊厳に関ることですから、しちゃいかんのです。

それをね、安倍氏はしようとしているのです。
国民一人一人の心の中までに入りこんで、心の中まで強制、思想統制しようとしているんです。
洗脳しようとしているのだと思いますよ。

そうしていずれはお国のために自己を犠牲にしても仕えて下さる国民を、
自民党の政策には一切反抗しない、洗脳により反抗することができない国民を作り出そうとしているんです。
北朝鮮のようにね。

そう私は感じますね。

今は教育基本法だけですけど、
そのうちに学校教育法まで改正しようとしますよ、
国民が義務で通う学校では必ず愛国心を育むための国訓を唱和しなくてはいけない、
とかね。
次に憲法9条ですね。

本当に恐ろしいことでございます。
[PR]

by yskfm | 2006-11-17 15:42 | 第一部、想ふこと | Comments(0)
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー