<   2007年 06月 ( 32 )   > この月の画像一覧


聖書

今日はみどり電化という電気屋さんに買い物に行って参りまして、
パソコンのUSBから音声を録音する機器を買って参りました。

これで天津祝詞を一般公開できそうです。

帰りにブックオフに寄りますと新約聖書が売られておりまして、
喜んで購入して参りました。

聖書はまだ読んでいないのです。
中学生の頃、韓国のラジオで聖書通信講座というのがありまして、
一時期受けておりましたこともあり、その関係で戴いた聖書もあったのですけど、
読んではいないし、聖書もこの25年間手元になかったのです。

それでも聖書にはかなり詳しいことが私自身不思議でならないのです。
欲を言いますと旧約聖書も欲しいところなのですけど、
またブックオフで売られておりますこともありますでしょう。

それと、影山貴彦さんと仰られます方の「おっさん力」なる本も面白そうなので買って参りました。
おっさんはタダでは死なない。厚かましさの勧め。
なんてことが書かれておりますようでございます。
[PR]

by yskfm | 2007-06-29 19:23 | 第一部、日々のこと | Comments(0)

霊界

霊界はさ、何千年も顔ぶれが変わらないから、
もういい加減話すこともなくなってさ、
顔を見合わせても会釈する程度でさ、
それで時々こう思うんだよ。

たまには地獄に落ちて地獄で修行してみるのも良いかな、ってね。(笑)
その前に現世で思いっきり楽しんでね。

だから、今生きている人を見るとこう思うのさ。
どうして折角現象界に生まれているのに力一杯楽しまないのかなあって。
[PR]

by yskfm | 2007-06-28 17:47 | 第一部、想ふこと | Comments(0)

従軍慰安婦問題

今日、米議会で従軍慰安婦に関する日本の謝罪を求める法案を賛成多数で可決しました。

日本側の言い分はこうです。

「強制した事実はない。」

一体どこに、氏も素性も分からぬ日本兵に見返りもなく、自ら身を捧げようとする女性がいるというのでしょうか?
たとえ銃器を向けなくても、そこに暗黙の強制力が働いていたことは事実なんです。

米国議会が思い余って日本に謝罪を求めた。
どうしてそれ以前に、日本は自らの罪を認めて謝罪しなかったのでしょうか。

全く、バカとしか云い様がありません。

悪いことは悪い。
一国の、日本という経済大国の総理でさえもその道理が分からない。

アジア各国の被害者の皆様、
彼らは何も分からぬ可哀想な連中でございます。
どうか、彼らの愚かさを大目に見てやって下さい。
心ある日本人は皆、心の中で深く謝罪しております。
この償いは必ず未来において実現させたいと思います。
私達の先祖は、本当に申し訳のないことをしてしました。
ごめんなさい。
一日本人として、心より深く深くお詫び申し上げます。
[PR]

by yskfm | 2007-06-27 18:14 | 第一部、日々のこと | Comments(0)

介護業界について思ふこと

介護業の運営は極めて厳しい実態のようでございます。
国から介護手当として支給される額が低く、
真剣にやればやるだけ赤字になってしまう。
なんて声がテレビなどを見ておりますと聞こえて参ります。

グッドウィルグループなんて儲け主義の悪質な企業グループに至りましては、
少ない介護手当てから会社の利益を確保し、
残った僅かな額で介護に携わる人を動かしていたわけですから、
当然介護する人からも、介護される人からも不満が生じるわけでございます。

介護業界がまだ成熟し切っていないのでしょうね。
こういった業界こそ、国が事業を運営するべきだと思うのですね。

郵便制度だって、日本国有鉄道だってそうだったのだと思いますね。
安い郵便料金で、
安い運賃で、
日本全国にそのサービスをくまなく提供する、
ローカル地方を考えますとそれがどの企業にもできない。
ですから最初は国が事業化したんですね。

でも運送業が成熟するに従いまして、それができる企業が現れ始めた。
でもって政府の規模を縮小する必要性も重なりまして、民営化したのです。

介護なんて大変な重労働にも関らず賃金が安いのです。
安過ぎるんです。
もっと、介護に携わる人を厚遇して差し上げるべきではないかと思いますね。
そうして、国が沢山の介護士や介護福祉士を育てて、
事業を成熟させるべきだと思うのです。

年金事業は民間の信頼できる企業に譲り渡して、
その分を介護にまわすべきだと思いますね。
当然、そうするべきではないかと思うのですけど。

政府も、国会も、そういった切り分けをさっさかさっさかとやって下さらないといけませんね。
くだらない政党間の争いや選挙対策をしている時間なんてないのですよ。
もっと、政党の枠を超えて正しい方向、調和の方向に協調し合う、
そうしませんと日本はもう駄目になってしまいますよ。
[PR]

by yskfm | 2007-06-27 09:00 | 第一部、想ふこと | Comments(0)

隣人への嫌がらせ

また隣人への嫌がらせをしていた初老のおばちゃんが逮捕された。
全く、人迷惑な話である。

どうしてこのような人格が生じるのか、その過程はこのように推測される。

1.自己中心的な在り方が元で隣人とのトラブルが発生する。
2.それにより、憎しみの気持ちを生じる。
3.地獄と意識を通じて魔を心の中に呼び寄せてしまう。
4.魔に心を支配され、考える力がなくなる。
5.愚かな行為を続ける。
6.逮捕される。

人を傷付けようとする想念は必ず自分に跳ね返って来る。
憎しみを抱えて幸せにはなれないのである。

これが作用と反作用の法則ですね。

ミートホープ社の経営陣も人を騙して儲けた分、今回のことで信用も何もかもを失ってしまった。
これも作用と反作用の法則ですね。

豚ホルモンを使ったコロッケですと正直に売っておりましたら、
きっと人気もでておりましたでしょうに。

与えれば逆に入って来るのです。
奪えば逆に出て行くのです。

プラスの想念で人は幸せになり、
マイナスの想念で人は不幸になる。

いつまでも愚かな行為を続けて何もかも失ってしまっても、後の祭りなんですよ。

チンピラまがいの行為で浴衣祭りを妨害して逮捕され、
人生に汚点を残し、明るい将来を閉ざしてしまう。
こういったものもそうですね。

義務教育でこの程度のことは教えて差し上げませんといけませんね。
繰り返し繰り返し、実例を元に教えて差し上げますと
日本も少しは良くなって下さるのではないかと思います。
[PR]

by yskfm | 2007-06-26 10:46 | 第一部、日々のこと | Comments(2)

何と言う唄だろう

ポーランド辺りの民謡で、お登紀さんが日本語で歌っていた。


今日は帰らない 森へ行くんだ
窓辺で僕を 見送らないで
きみのまなざしが 闇を追いかけ
涙に濡れるのを 見たくないから
涙に濡れるのを 見たくないから

もしも春まで 帰らなければ
麦の畑に 種を撒くとき
僕の骨だと 思っておくれ
麦の穂になって 帰った僕を
胸に抱き締めて 迎えておくれ
[PR]

by yskfm | 2007-06-26 09:08 | 第一部、想ふこと | Comments(0)

雨が降り続いております。
いつもより余計に降っております。

人間、水不足を心配し、雨が降り続くと文句を言い、
暑いと言っては愚痴を言うのです。

でも。これで水不足の心配はなくなるのではないかと思います。
何だかんだ言っても、ちゃんと神様は雨を降らせて下さる。

ありがたいことではありませんか。


蝋燭の瓶が割れました。

百円ショップで売られている百円の瓶入りの蝋燭。
小さな蜜柑が瓶に沢山入っているような形の蝋燭なのですけど、
残り少なくなって参りますと火がやたらと大きくなって瓶が割れるのです。
三方の上で燃しているのですが、
これで三方も駄目になってしまいました。
二回目なんです。
まあ、三方は沢山あるから良いのですけど、

皆様も火事になりませんようお気を付け下さいませ。
[PR]

by yskfm | 2007-06-24 19:18 | 第一部、日々のこと | Comments(0)

愛の光

私はまだ100%あなたを愛する自信がありません。
悲しいことですが、そうなんです。
100%愛することができれば、100%の光を与えて差し上げられるのですが、
それは本当に難しいことであるように思います。

90%の愛で50%の光
80%の愛で25%の光
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

自分自身に対してさえも、まだ余り愛せてはいない。
悲しく、難しいいことでございます。

病や災いが生じるのは、いつも心が乱れるからなんです。
いつも平穏な調和した心であれば、
心が病むことはないのですが、
間違った想念が生じますと、そこに隙ができてしまうのですね。
隙に付け込むのは必ず悪いものなんです。

人の幸せを願う、
人の心の平穏を願う、
そのためには、その人を100%愛して差し上げ光を与えて差し上げることなんです。

「大宇宙大神霊、仏よ、この者に光をお与え下さい。この者の心に安らぎをお与え下さい。」

気功なんて愛があって想念が綺麗でしたら誰だってできるんです。
力一杯丹田に気を込めましたら綺麗な気が放てますからね。
中国気功の物を動かしたりするのは邪気ですけど、
そこまでは必要ではないんです。
手を当てているだけでどんどん良くなって来るんです。

あなたは愛の力を信じますか?
あなたは神の力を信じますか?
100%の愛があれば誰だってキリスト様のような奇跡を起こせるんです。
本気で取り組めば必ずできるようになるんです。

でも、私はまだ、100%の光を放つことができません。

神様が万人の願いを叶えて下さらない。
どうして叶えて下さらないのか、と考えたことがございます。
私なら叶えて差し上げようとするのに、と。
でも、最近分かりました。
私達が法律を重んじるように、神仏も道理、法を重んじます。
そこから私達が学び取るべきことがあるのです。
それは誰も教えては下さらない。
唯一、反省という行為だけが、そのヒントを与えて下さるのです。

反省という神様の慈悲。
私にもまだまだ学び取らなくてはいけないこと、
訓練不足の部分があるのです。
[PR]

by yskfm | 2007-06-23 21:57 | 第一部、想ふこと | Comments(0)

大宇宙

突然分かったことがあります。
それは、この三次元宇宙自体も回っているのだということ。

さらにその三次元宇宙が含まれる四次元の中でも宇宙はくるくる公転と自転を続けている。
これには正直驚きました。
目から鱗が落ちた感じですね。

でも当然と云えば当然なんです。
どの次元でも全てのものは公転と自転を伴って振動しているのですから。
原子もそうですし、衛星も、惑星も、太陽系も、銀河もそうなのですから。
地球の中でもマグマがくるくる回っているんですから。

ですから、運気というものが生じるのですね。
天の気は十干
地の気は十二支

魂が含まれる高次元体はさらに複雑な形態と振動をしているのでしょうね。
[PR]

by yskfm | 2007-06-23 10:24 | 第一部、想ふこと | Comments(0)

そうだ、ズックを買いに行こう!

地球を楽しむ。
命を楽しむ。
そんなことはある意味案外簡単だったりする。

昔やってたのだけど、
金曜日の夜に出掛ける。
徒歩で何時間も歩き続ける。
1時間で5キロ。
10時間歩くと50キロ歩ける。

地図を見て、今日はどっちの方向へ行こうか、
それだけ決めて歩き出す。
朝日が建物の窓に映る頃、
その場所が旅の目的地なのだ。

ハンバーガーを買って行ってもいい。
疲れたら道にへたり込んでもいい。
行こうとした場所まで辿り着けなくてもいい。
次の日には交通機関を使って帰って来る。
これなら余りお金を掛けずに楽しめる。

何が楽しいかって、聞くだけ野暮だと思う。
楽しめない人は何をしても楽しめない。
どんなことでも楽しいと積極的に感じることが大切なんだと思う。
[PR]

by yskfm | 2007-06-22 23:09 | 第一部、想ふこと | Comments(0)
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー