<   2008年 11月 ( 36 )   > この月の画像一覧


慈悲を前提とした家族全員の協調の下に

家族運営とは、難しいものでございます。

勿論、それは表題の通りに、

慈悲を前提とした家族全員の参加と協調の下に民主的に運営されるべきであり、

家族全員が幸せでありませんと、

どこかに家族運営の歪みが生じているのではないかと思われるのですけど、

でも最近はいがみ合うご家庭が本当に多いですね。

やれ年金をよこせ、だとか、ご主人が生活費を入れないなど、

本当に、よく辛抱していらっしゃるものだなって考えてしまいますね。

ここに、こんな家族がおりまして、

いや、いると仮定しまして、経済的にどのように考えれば良いのか、

私なりの考えをお話させて戴きたいと思うのですけど、

婆様 68歳 年金、二ヶ月18万円(月額9万円)
ご主人 37歳 会社員 月収32万円
奥様 29歳 専業主婦 収入なし
長男 8歳 私立小学校二年生
住居は婆様名義 50坪
光熱費 月4万円
長男の教育関連費用 月16万円
食費、雑費 月5万円

としますと、

まず、長男の教育関連費はご主人様の月収の32万円の中から16万円
勿論婆様が教育に口を出されるようでしたら口出し料を出して下さいませんといけませんね。

次に家賃は若夫婦の残りの16万円から3万円程度を婆様に渡して下さいませんといけません。

食費と雑費、光熱費の9万円は婆様とご主人と奥様それぞれ3万円ずつ、
勿論奥様の分もご主人の収入から出されるべきですね。

ここで残額はそれぞれ、

婆様 9万円 ご主人 7万円 奥様 0円

となります。

でもね、ご主人の収入の半額は、奥様の家事労働に対する報酬であり、
それは決して全額がご主人が自由にできるご主人の収入ではないのですね。

ですから、婆様 9万円 ご主人3.5万円 奥様3.5万円

それがご家族様皆様の自由にできるお小遣いでございますね。

その中から貯蓄するもよし、遊興費に使うもよし、

ただ経済的なことが家族の全てではありませんからね、

バランスが取れないようでありましても助け合い、共に皆が幸せにお過ごし下さいますように、

ご尽力下さいますことが大切でございますよ。
 
[PR]

by yskfm | 2008-11-29 11:17 | 第二部、大地 | Comments(0)

アンコールワット

アンコールワットは素晴らしい、と思います。

誰でも、アンコールワットの遺跡から何かの気を感じ取るのではないかな、って思うのですけど、

私も小さい頃から何かそこに不思議な魅力を感じておりました。

それが何か、

それは、そこに命が宿っているのですね。

魂が入っているのです。

心を澄ましますと、それが今も息づいて動いていることが分かるのです。

ですからアンコールワットは素晴らしいのです。

迫力とか、説得力を感じるのです。

私も、もうずっと前から、作りたい、作りたいと思っていたのですけど、

どうやって作れば良いのかが分からなくて作れずにいたのですけど、

そうか、浮き彫りを彫って型を取って石膏で固めれば作れるぞ、

というのが分かりまして、

それでクシュリナ神の踊っている様子を置物に作ってみようかな、

と考えております今日この頃でございます。

あの、大きな顔のついた塔のようなものも作りたいのですけど、

細かなところの模様が分かりませんのでね、

分かりましても難しすぎるだろうなって思うのですけど、

水を溜めていた神聖な場所だったようですね。

それで神様を彫って神様に水を護って貰っていた。

人の手による最高の芸術だと思いますね。
[PR]

by yskfm | 2008-11-28 09:53 | 第二部、大地 | Comments(0)

表通りの花屋に寄って目に映る花を買いはたいてきた

表通りの花屋、

表通りでは流行物だけを扱っているのですね。

華やかでゴージャスで、めっちゃ高いのです。

で、売れ残ったものは裏通りの花屋さんに払い下げられるのですね。

裏通りの花屋さんは安くて、庶民向けのお店でございます。

表通りは儲けが多く、裏通りはそれなり、なんです。

人はウインドウショッピングをするにしましても、表通りを歩くのです。

決して裏通りをウインドウショッピングしたりはしないのです。

それはゴージャスなものを見ると心が華やぐから、

裏通りを歩いても心が華やかないから。

ですから裏通りの花屋を利用する人は地元の人間ばかりなのです。

そんな表通りの花屋さんで目に映る花を買いはたいて来た

恐らく、見栄えの良い高価な花に有り金全部注ぎ込んじゃったってことなのでしょう。

言葉には必ずそのような奥行きがありますね。

一つの言葉からどれだけの本質を感じ取れるか、

そこに理解や感受性は存在するのですね。
[PR]

by yskfm | 2008-11-27 08:52 | 第二部、大地 | Comments(0)

いかりや長助、大いに見返りを求む

いかりや長助さんは強引で傲慢な人でございました。

もし、今私の近くに彼がおりましたら、

私はきっと彼を毛嫌いしておりましたでしょう。

周りの人を強引に巻き込んで夢を実現させた。

過去にないほどの大きなドリフターズブームを巻き起こした。

仕事に対する信念と情熱は半端なものではなかったのでしょう。

彼がもし、今生で神理に出会っておりましたら、

彼は神理を受け入れたでしょうか?

いえ、そうとは思いませんね。

彼は間違いなく、神理など払い除けてご自身の生き方を邁進されただろうと思うのです。

周りから見れば100点ではなかったけど、ご自身の中では100点の人生。

じわじわ味が染み出してくる人間。

人は、人生は色々あるのだなと感じさせられます。

彼はね、恐らく神界の人であったのでしょう。

そして今生では力一杯に生きて十二分に使命を果たし、

一段と迫力を備えて帰っていかれたのでしょうね。

そう思います。
[PR]

by yskfm | 2008-11-27 08:36 | 第二部、今生 | Comments(0)

人類

私は一度神様に聞いてみたいと思うのです。

人類は、立ち直ることができるのでしょうか、ってね。

人の心が悪を好むのなら、

これほども簡単に魔に心を預けてしまうのなら、

闇と光の区別もできず、

魔の扇動に簡単に道を踏み外してしまうのなら、

人類は滅亡してしまった方がどんなに良いか知れません。

苦しみの中での修行は大変でございましょう。

苦しみばかりですと、

どんなに正しい人でも、

どんなに強い信念を持った人でも、

心を煩わせてしまいますでしょう。

ですから、もし人類が立ち直ることができるのでしたら、

どうか、一刻も早く神霊様方の一際のお力で人類を立ち直らせ、

社会を慈愛溢れる調和の姿に戻して下さいますよう、

お力添え下さいますようお願い申し上げます。
[PR]

by yskfm | 2008-11-27 01:30 | 第二部、大地 | Comments(2)

風景

さて仕事が一区切りしましたので、街で美味しいお茶を買い求めて参りました。

美味しいお茶を下さいと云って出して下さったのが千7百円のお茶で、

このお茶は急須に入れて葉っぱが開くのを待ってから戴くのだそうでございます。

街では大きな敷地を均して工事をしておりますところがございまして、

甲子園球場ほどもあろうかという大きな工事現場なのですけど、

工事現場といいますか、まだ空き地ですね。

少し掘り下げられたその広場がね、三分の一ほど雨水が溜まって水溜りになっておりましてね、

風が波紋を作っておりました。

こうなりますと、もう水溜りではなくて池ですね。

小学生などはきっと好きなんでしょうね。

いえ、私も大好きですけど。(笑)

できることでしたらまた雨靴履いてズボズボと入って行きたいものでございますけど、

風の波紋は綺麗なものでございましたよ。

それから川沿いの道を少し散歩致しまして戻って参りましたわけでございます。
[PR]

by yskfm | 2008-11-25 14:28 | 第二部、大地 | Comments(0)

隠居世代

最近、少し気分転換をしてみようと色んなところで少しリッチなお食事をしているのですけど、

それにしましても隠居世代は贅沢な人が多いでござりますな。

例えば若い者が立ち食い蕎麦屋で三百円台の蕎麦やうどんを食しております中、

隠居世代の人が高い目の山菜蕎麦を注文し、さらにかやくのおにぎりなどに手を伸ばす。

何のためらいも無く手を伸ばすのですな。

弁当屋でも若い者が三百円や四百円台の弁当を注文しております中で、

隠居世代は七百円とか千円の幕の内を、

さらにカップの味噌汁などを平気で注文しているのです。

良く食べるものだと思いますし、

不況も関係ないのでしょうね。

ひょっとしますとモノの有り難さを一番知らないのは

実は隠居世代ではないかと考えてしまいますね。

でもまあ、ご自身の働いた見返りの年金であったり、

汗水流して貯めた財産であったりするのでしょうから、

どんどんやって下さいましたら良いと思うのですけど、

でも、それで生活が厳しい、ゆとりが無いなど決して言わないで欲しいものだと思いますね。
[PR]

by yskfm | 2008-11-24 09:22 | 第二部、大地 | Comments(0)

御来阪の皆様へ

大阪は暖かい街だって云いますね。

まあ、全て大阪人が勝手に云っておりますだけなのですけど、

大阪で凶悪なひき逃げ事件が多発しております。

ひき逃げで逃げ切るために人を引き摺って殺してしまう。

女子中学生が百数十メートル

執行猶予中が3キロ

免停中に大酒飲んで6キロ

それも大阪ばかりが日本新記録を更新しております。

連休でございます。

事故など起こって欲しくはないものでございますが、

痴漢でも引ったくりでも大阪は日本一の犯罪都市でございますよ。

御来阪の皆様は充分にお気をつけ下さいませ。
[PR]

by yskfm | 2008-11-23 09:24 | 第二部、大地 | Comments(0)

今生を力一杯に生きるために

ところでね、自衛隊にはこのような教えがあるそうでございます。

夜は寝るものと思うな

飯は食えるものと思うな

休みはあるものと思うな

私は、これは素晴らしい教えだと思うのですね。

既存の概念に捉われず、ナニモノにも執着せずに生きる。

生まれてまいりまして、短い命の期間、

霊界での鍛錬の成果を確実なものにして、

自ら仲間達に約束した使命を果たすために生まれてくるのです。

ですから今生は力一杯に使命を果たしたい、約束を果たしたい。

そのためには既存の概念に捉われておりますといけませんね。

心が甘えて弱くなってしまいます。

ですから、私もその教えを守りたいと考えてはいるのですけど、

そのくらいの覚悟で生きて行きたいと考えているのですけど、

つまづいてしまう事も現実には沢山あるのですね。

でもね、そのくらいの覚悟で短い命の期間を力の限り生きておりますと、

人生が楽しくなりますし、

遣り甲斐も半端ないものになると思うのです。

先の見えない暗い時代だからこそ、

その覚悟がありましてこそ自ら良い運気を掴み取って行けるのではないかと思うのです。

なにものにも負けずに生きていけるのではないかと思うのです。

ファイトですよ。皆さん。

ファイトー オー

ファイトー オー

ファイトー オー

ですよ。

頑張って参りましょ。
[PR]

by yskfm | 2008-11-22 00:31 | 第二部、今生 | Comments(0)

失敗する前提

試す価値のあることなら何でもやってみるといい、と思います。

成功すれば智恵になるし 失敗すれば笑い話になるからね

ただ、何もしなければ何も変わりませんよ。

失敗しても構わない、

失敗する前提で、それでも成功させてみせようと頑張っておりますとね、

いつかは必ず成功すると思いますよ。

たかが人生、されど人生。

苦しみも悲しみもうたかたでしかないのですね。

その中でどのように考え、どのように行動するか、

それが魂にとりまして大きな意味を持って来るのですね。
[PR]

by yskfm | 2008-11-21 13:16 | 第二部、今生 | Comments(0)
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー