<   2008年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧


観音様

28歳の頃でございました。

仕事がもうすっかり嫌になっておりました頃、

浜名湖か琵琶湖か、どこかは思い出せないのですけど、

休日にふらりと旅に出たのですね。

タクシーで景色の良い場所まで連れて行って戴きまして、

そこは湖のほとりで大きな真っ白い橋が架かっておりました。

道沿いにはシャッターを閉めた鰻屋さんと、

客の誰もいない大きな食堂がございました。

その大きな食堂で一人で親子丼を戴きましてね、

近くのロープウェイで山に登ったのですけど、

その山の頂上は絶景でございましてね、

その頂上から大きな観音様が見えました。

来年は、その時の観音様を探しに行きたいと思うのです。

一昨年は浜名湖の館山寺の観音様を訪ねましたけど、

また別の観音様だったのですね。

どこにいらっしゃったのかなあ。

今年も、あと6時間ほどですけど、

皆様も良い年をお迎え下さいませ。

皆様のご健康とお幸せ、更なるご発展を心よりお祈り申し上げます。
[PR]

by yskfm | 2008-12-31 17:50 | 第二部、今生 | Comments(0)

言葉に見る高次元

この世界は、三次元の世界でございます。
横の広がりと、高さ、
それに加えまして奥行きの深さ、
この3つの座標で構成される世界ですね。

そこに心という座標が加わりまして、四次元が構成されます。

さて、それではこれから、この、横の広がりと高さ、奥行きを除外しまして
心という座標だけを見て参りましょう。

心の一番浅いところに、表面意識がありますね。
好き嫌いという判断が行なわれております場所ですね。

さらにその上の次元では、善い、悪いといった判断基準がございます。
好きなものでも一つ高い次元では悪いものであったり、
嫌いなものでも一つ高い次元では善いものであったり、
そういったことが往々にしてあるのですね。

もう一つ次元を上げますと云いますと、
正しいか正しくないか、

その上の次元では、
建設的か破壊的か、つまり愛と慈悲に基づいているか、
人を生かすように関わっているか、

さらにその上の次元になりますと、
調和しているかしていないか、神理に適っているか適っていないか、
と、そういった判断基準、つまり座標が増えていくのですね。

明神様が正しいと考えておりますことでも、
菩薩様の見解ではそれは慈悲に欠ける、と判断されることもあり、
如来様の見解では調和の姿ではないと判断されたり、

とね、次元が上がります毎に物事の見方が異なって来るのですね。
勿論、如来様も明神や菩薩を踏まえての如来なのですから、
単にものの見方が変わるのではなく、視野が広がってくるのです。
ミクロの視野からミリ単位の視野、メートル単位の視野、キロ単位の視野、
惑星単位の視野、銀河単位の視野、宇宙単位の視野、神霊の視野へとね、
半端ないほどに広がって来るのです。

それがね、高次元なんです。
三次元も単に縦、横、高さ、ではないのですよ。
本質は心の広がる方向なんです。
三次元世界も四次元、つまり心の中に存在しているのですからね。
[PR]

by yskfm | 2008-12-29 10:05 | 第二部、神理 | Comments(0)

そんなわけでえ

今年最後の大仕事も一段落付きまして、

今年もまた、何事もなく、風邪一つ引かずに、

過ごさせて戴くことができまして、

感謝感謝、しぇーしぇーしぇーしぇー、

と言いよりますようなわけでございまして、

毎日保健室通いをしておりました小学校の頃からしますと、

それはもう考えられないような、とても有り難いことでございます。

小学校の頃は、虚弱体質の上に栄養が足りていなかったのですね。

おまけに嫌々病を患っておりましたから、

病弱で、成績も悪く、もの覚えも悪く、忘れ物ばかりしておりましたね。

教室に忘れ物のグラフがありましてね、

忘れ物をしますとその棒グラフを一マスずつ塗って積み上げていくのです。

おかげで私だけ棒グラフが二列になっておりました。

これがどこかの会社の営業成績でしたら、

私はもうとんでもない優秀な社員だったのですけど、

あにはからんや、これは忘れ物のグラフですから、

とんでもない駄目社員ですね。

そんなわけで、よくシバカレたものでございます。

ちびまるこちゃんで云いますと、

山田君のおバカなところと、藤木君のひきょうなところ、

それと山根君の身体の弱さを兼ね備えた、

そんな小学生であったわけでございまして、

いえ、私ったら何を話しているのでしょうか。(爆)

牛乳係だったのですね。

ずっと牛乳係でありましたように記憶しておりますけど、

本来は二人で牛乳を運ぶのです。

でも相方は絶対に協力して下さらない。

それで、小学校4年生にして初めてぎっくり腰を患いましたね。

机の上に40本程度の牛乳の入った木箱を乗せるのですけど、

その時に、背中が90度近くも曲がりましたでしょうか。

直角に曲がりましたね。

トミー・リー・ジョーンズのようにね。

痛かったですね。

って、だから、何の話をしているのでしょうかねえ。

野暮なことは云いっこなしですよね。
[PR]

by yskfm | 2008-12-27 10:57 | 第二部、今生 | Comments(0)

5W1H、ではなくて

H5N1型のインフルエンザのことなのですけど、

もし、人がH5N1型インフルエンザでお亡くなりになられました折、

その亡骸はどのように葬ることが良いのでしょうか?

少し疑問が残っておりますので書かせて戴きますけど、

もし葬式をするとしましたら、

病原菌は大丈夫なのでしょうか?

鳥インフルエンザで鳥が大量に死んでおりました時に、

防護マスク、防護服で身をまとった人がその死体を回収して、

しかも大量の薬剤を散布しておりました様子が、

以前放映されておりましたけど、

人ではその必要はないのでしょうか?

どうなんでしょうね。


オーマイガット トゥギャザー
[PR]

by yskfm | 2008-12-25 18:05 | 第二部、大地 | Comments(0)

飯島愛さん

私は、彼女についてこのように思います。

キリスト様の代わりに、ビーナスが命を捧げて下さったのかも知れんね。

と。

自分が可哀想と思えば苦しくなる。

苦しい時代、可哀想でない人は少ないでしょう。

誰もが何かに苦しんでいる。

一番大きい苦しみは貧困でございましょう。

でも彼女は何も言わずに一人で亡くなったのですね。

客観的に見て一番可哀想ではありませんか。

個人主義の時代。

誰もが自分のことばかりに一生懸命で、

その闇を晴らすのは、一体なんでしょうか?

お金でしょうか?

恋愛でしょうか?

博愛に基づく助け合い、思い遣り合う精神ではありませんでしょうか?

あなたが苦しいのは分かっているのです。

誰もが苦しんでいるのです。

皆様が一筋の灯りを見つけて下さいまして

確実な未来に向かって踏み出して下さいますように、

お祈り申し上げます。

メリークリスマス。
[PR]

by yskfm | 2008-12-25 17:40 | 第二部、今生 | Comments(0)

原因

全ての事象には原因があるわけでございまして、

ひとつひとつ、考えて参りますと、次第に判断力が研ぎ澄まされる訳でございます。

最近では、部屋の北の玄関に陰の気が篭っている。

なんてことがありましたけど、

南のエアコンの風に追い遣られて陰の気が全部玄関に留まっているのですね。

ですから、私の部屋は逆にね、

定期的に換気さえしておりましたらもの凄く気の良い状態を保てるのです。

ところがね、多くの人は余り考えることをしないのですね。

どういうわけか考える方法を知らないようでありまして、

なんだかなあ、と思うのでありますけど、

ご家庭でもお子様が親御様に番組の録画をお願いする、

それで上手く録画できていなくて喧嘩になったり、

お子様の成績が悪いと親御様がお子様をお叱りになられる。

よくある光景ですけど、

そんな状態でありながら、うちは仲の良い家族です、なんて自信を持って仰られる。

どこがあ?って思うのです。

でも、うちはうち、よそはよそ、なんでしょうね。

そんなんで皆が幸せでいられるわけはないのですけど、

それが分からないのですね。

考えないから。

麻生さんも何も考えない、渡辺さんも何も考えない、

こんな状態で解散総選挙して時間もお金も無駄にするバカがどこにおるか!

と思うのです。

一人頭1万2千円の給付金、

ガキの小遣いではないのですけどね。

そうやって二億円をどぶに捨てて、

税金も取るべきところから取らずに取れるところからばかり取ろうとする、

企業も人材を使い捨てにして不況をさらに悪化させて自分の首を絞めているのですね。

良くなりたいのならもっともっと考えないとダメだなって思いますよ。

考えて、考えて、考えて、

命掛けで考えて原因を見抜き、それからその最適な対策を講じるのです。

行き当たりばったりではどこに行き着くことか知れません。

悪口ではないのですよ。

老婆心なんです。

それができないのなら人類は間違いなく破滅するのです。

盲目の上に考えないで断崖絶壁を歩いておりましたら転がり落ちてしまいますからね。

本当に、分かって欲しいと思うのです。

分かって下さい。

お願いします。
[PR]

by yskfm | 2008-12-25 11:13 | 第二部、今生 | Comments(0)

魂から生じる言葉

昨日は、天皇陛下のお誕生日でございまして、

私も菊の御紋の金色の襟章をいちびって付けて出歩いておりましたけど、

75歳になられましたそうで、ご長寿で何よりでございます。

少し体調が芳しくないようで早く良くなって戴きたいものでございますが、

長寿を祝う

平和を尊ぶ

成長を喜ぶ

命に感謝する

厳しい時代だからこそ、このような調和の想念が必要ではないか、

環境を良くして下さるのではないかと思うのでございます。

さて、政治家達にありましてはその不調和な想念を象徴するかのような、

首相の斜め45度ひん曲がった口からは

魂から生じる言葉ではなく、

口先だけのおぞましい言葉の羅列が発せられ、

私などは聞いておりますだけでもうんざりしてしまうのですけど、

天皇陛下の、魂から真っ直ぐに生じる暖かな思い遣りに満ちた祝福のお言葉は、

光溢れ、調和に満ちて、

私達を本当に思って下さっておられますことが良く分かります。

私たちも陛下を見習ってこのような言葉を日々意識して使わなくてはいけないのだ、

と、かように思うのでございます。

絶対にその方が幸せになれるのです。

ほんまやでぇ。
[PR]

by yskfm | 2008-12-24 11:37 | 第二部、祝福 | Comments(0)

世界不況へのシナリオ

アメリカ発、自由主義経済

さて、今回の世界規模における不況は、アメリカの自由主義という考え方の反作用でありますように思います。
そもそも、経済における自由主義とは何ぞや、というお話ですけど、私も詳しくは知りません。
でもね、先進国の低成長期にありまして、
世界市場を自由化して弱者を土台に更なる利益の追求を目指そうとする強者の悪巧み
でありますことは疑いようのない事実でありますように思います。

これはね、
ボクシングにおけるヘビー級チャンピオンがライト級の選手をその体重差を利用してぼこぼこに言わすようなものでありましてね、
弱者には深き慈悲を持って相当のハンディーを与えて差し上げませんと、
弱者は自由主義経済の下に間違いなく姿を消して行くことになりますでしょう。
そういった当然の配慮を忘れて、
その自由主義をはいはいと言いなりになって聞いてしまった日本の政治家達。

月収一千万円の人の月収が、弱者を踏み台にすることで二千万円になりましても、
消費は変わりませんでしょう。
残りは全て貯蓄に回っていくのですね。
弱者は職を失い、格差社会がどんどん広がって来るのです。

それが不況を招き、結局は下請けに対する心無い扱いも許されていた大手の、
フォードやクライスラーなどといった大手の企業が倒れて行く、
GMなんて特にそうですね。
日本でもトヨタが良い例ですけど。

慈悲を忘れた社会には、もはや未来は残されてはおりませんでしょう。
人類の業の深さを私たちはもう一度反省してみることではないかと思います。
そうして、創造神の御心のままに、
創造神がお慈悲で未来を開いて下さるか下さらないかは分かりませんけど、
心を正して正しい在り方に戻ることではないかと思いますね。

あーめん。
[PR]

by yskfm | 2008-12-22 11:10 | 第二部、未来 | Comments(0)

焼き鳥

焼き鳥の話ですけど、

東京で暮らしておりました頃、塩味の焼き鳥の美味しさを知りました。

パラパラっと塩をかけて焼いて下さる、その中でも特にあのパリッと焼けた皮が

美味しかったですね。

それ以来、ずっと焼き鳥は塩が美味しいのだと思い込んでおりましたけど、

近くに美味しいタレの焼き鳥を食べさせて下さるところがあるのですね。

このタレはね、本当に塩より美味しい。

ところでお釈迦様は南無妙法蓮華の教えを残して下さいましたね。

蓮華の花は汚い泥水から美しい花を咲かせる。

人も汚れた身体でも美しい心を持つことができるのだ。

そんな教えなのですけど、

これを私なりに現代版に置き換えてみましてね、

南無妙法焼鳥経

なんてのは如何かと思うのです。

焼き鳥は味付けをしなくては美味しくないけれど、

上手く味付けをすれば塩でもタレでも驚くほどに味に深みが出て美味しくなるのだ。

人も上手く味付けをすれば心の深みを増して豊かな心を持つことができるのだよ。

ってね。

(爆)
[PR]

by yskfm | 2008-12-21 00:41 | 第二部、大地 | Comments(0)

時は貴重なものでございます。

無限にあるかと思いますと、あっと云う間に過ぎてしまう。


サラリーマンの頃、A列車で行こう、なんてゲームにはまりましてね、

一日何時間もパソコンに向かって架空の鉄道会社を運営するのですけど、

それを何十日も続けてようやく資金不足になってゲーム終了となるのです。

でもね、幾らこのゲームに時間をかけましても何にもならない。

経営手腕が備わるわけでも、何らかの能力が養われるわけでもないのです。

ただ、ゲームのコツが分かってくるだけなのです。

ですから、それは本当に無駄な時間であったように思いますね。


私は歩くスピードが半端ないくらいに遅いです。

そう心がけて無理にゆっくりと歩いております。

昔は恐ろしいほどに速く歩きましたね。

早足で有名な大阪人の中でも一際早足で歩いておりました。

元来の性格が我が強くて負けず嫌いですからね、

負けたくないことには負けたくない。

でもね、今の生活をするようになりましてから、

意識してゆっくり歩くことにしたんです。

時間はたっぷりとある、と自分に言い聞かせながらね。

そうして反省しながら、心の調和を図りながら歩いておりましたら、

不思議と大自然と気持ちが通い合うのですね。

悠久の時の流れや大自然の息遣いやその営みが感じ取れて来るのです。

それはどんなに実り多い時間でありましょうか。

ゆっくり歩いております時が、

私に取りましては一番価値のあります時間なんです。

どこかのIT企業の言葉を借りまして、パワーウォーキングとでも呼ぶことにしましょうか、

価値のない時間を惜しみあわただしく生きる人生と、

価値のある時間を惜しまずゆっくりと楽しみながら生きる人生、

パワーランチは恐らく前者だと私は思うのですけど、

パワーウォーキング、皆様も是非試してみて下さいましたらと思うのです。


かしこ。
[PR]

by yskfm | 2008-12-20 18:36 | 第二部、今生 | Comments(0)
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー