<   2009年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧


ブロムとは何ぞや

ケーブルテレビで米国のドラマを拝見致しておりますと、

ブロム、という言葉が出て参ります。

で、ブロムって一体何かな、って考えておりますと、

どうも、卒業パーティーのようでして、

米国って、酷やわあ。

んでもって、厳しいわあ。

卒業式ってもんがないのよね。

その代わりに卒業パーティーってのがありましてね、

それがブロムなのですけど、

皆が必ずパートナーを一人連れて行かなくてはいけないのですね。

でないと出席させてはもらえないのです。

パートナーは同級生でも、学校外の人でも良いのですけど、

必ずパートナーを一人めっけなくてはいけないのです。

それがノルマなのです。

まあ、おっさんのように不細工な人種には極めて高いノルマ、

高いハードルなのでありまして、

おっさんはきっと米国では卒業できないだろうなと思うのです。


ほんまに厳しいわあ。
[PR]

by yskfm | 2009-07-31 09:31 | 第二部、大地 | Comments(2)

美味しいお蕎麦の作り方

とある駅の立ち食い蕎麦屋さんでね、

美味しい出汁のお蕎麦を食べさせて下さるところがございまして、

どうしてこの店のお蕎麦はこんなに美味しいのであるか?

などと日々考えておりましたわけでございます。


ある日にね、テレビでお蕎麦屋さんが出汁を作っております様子が放送されておりましてね、

おっさんも見よう見まねでやってみたわけです。

そうしますとね、あらびっくり。

同じように美味しいお蕎麦の出汁が出来上がりまして、

どうして他のお蕎麦屋さんには、この味が出せないのかなあ、

と、逆に驚いたりしておりまして、


それがね、まあ数年前のお話でございます。

簡単なんです。

あほみたいに簡単にプロ顔負けのお蕎麦の出汁が作れるのです。


あのね、

和風出汁に醤油を加えますでしょう、

この出汁は市販のインスタントのものでも良いのです。

で、それを沸騰する直前まで煮て、火を止めて味醂を加えるのですね。

この味醂を、プロの方は「かえし」と云いますけど、

それだけなんです。

たったそれだけ。

味醂は一人前の出汁に大さじ2から3杯といったところでしょうか。

そこに茹でたお蕎麦を放り込むだけなんです。

勿論、饂飩でも良いのです。



あなたに訊いてみたいのは

素敵な蕎麦の作り方♪

(薬師丸ひろ子さんの「素敵な恋の忘れ方」の替え歌で歌って下さい。古)
[PR]

by yskfm | 2009-07-29 17:34 | 第二部、大地 | Comments(0)

今日のカレー占い

ご飯の上にカレーのルーをどばどばーっとかけて
全てのご飯粒にルーを絡めてお口の中に掻き込みたいあなた、

あなたはきっとカレー大好き人間でしょう。

カレールーを飲み物のように飲み干したいあなた、

気付いていないかも知れませんけど、
あなたはきっとおでぶちゃんでしょう。

カレールーは余りご飯にかけたくないなというあなた、

あなたは残念ながらカレーが余り好きではないのかも知れません。

さて、明日はどんな結果が出るかな?


ってえことでね、

今日はカレーを戴きました。

なんか、週一で食べてるような。。。
[PR]

by yskfm | 2009-07-28 12:19 | 第二部、大地 | Comments(0)

おっさんのジンギスカン

ジンギスカン、という歌がございまして、

歌詞は分からないのですけど、好きなのですね。

ですから、たまに変な歌詞を付けて歌っております。


ジン、ジン、ジンギスカン

えーらいこっちゃ えーらいこっちゃ えーらいこっちゃ えーらいこっちゃ 

若者なら ナハナハ

チャンスは一度 ナハナハ

小銭をつかむのさ 38円


ってね。(笑)

途中にせんだみつおが混入していたりしますけど、

御赦し下さいませ。
[PR]

by yskfm | 2009-07-27 09:44 | 第二部、大地 | Comments(0)

夏休み

さて、日本はあと5日程で葉月でございます。

オーガストであり、夏休みのシーズンでございます。

オーシストでも、アウグスティヌスでもなくて、

オーガストなんですね。

これがね。


私の通っておりました大学などは、

4月、5月に講習がありまして、6月は試験、

7月、8月、9月が夏休みで、

10月、11月にも講習がありまして、

12月、1月は冬休みで、

2月に試験がありまして、

3月は春休み、とね、

たった4ヶ月しかお勉強しないところでございましたけど、


大学生はよろしおますなあ。


でもね、それも束の間。

今の社会は本当に狂っておりますからね、

可哀想だなあと思います。

面接に入社試験、

面接では、自己分析やら自己主張ができるかどうかを見られるようですね。

自己分析ができない、

自己主張ができない、

そのようなお悩みをお持ちの方も多いようでございまして、


でも、そんなの小さなことなんですよ。

本当にね。

それでもしどこかの会社の面接で落とされたとしましてもね、

そのような小さなことで人間を判断すること自体が、

愚かなことなんです。

そのような会社で人が人間らしく働き、生きていかれますことは、

きっと難しいでしょうね。


人はね、何も自身の能力のなさを悔やむことはないのですよ。

自分なりに頑張っておりましたらね、

自分は自分で良いのです。

素直で、そのままで良いのです。

それが神様が与えて下さいました人格なのですから。

何も悩み苦しむことはないのです。


もし、悩み苦しむとしましたら、

人を赦せぬ魂を悔いて悩み苦しむことでしょうね。

その方が余程人間らしいのです。

ほんまに、そう思いますね。
[PR]

by yskfm | 2009-07-27 09:32 | 第二部、大地 | Comments(0)

安らかな心

心が安らかになるのはね、

死を覚悟して死ぬ積りで生きようとした時だけではないかと想います。

自分を捨てて、

死ぬ積りで生きる、

悟りはそこにあるのです。

本当に死を覚悟できた時、

明日死んでも構わないと本当に覚悟した時、

人生で遣り残したことが本当に見えて来るのですし、

心が波紋一つない澄んだ湖面のようにね、

透き通って来るのです。


安らかな心、

その心が澄み切っていて、

泉が湧き上がって来るように真の智恵が湧き上がって来るのです。

そこが道への入り口ですね。


求道、

道を求める。

ご自身にその必要が生じました時には、

思い出して下さいませ。
[PR]

by yskfm | 2009-07-26 17:00 | 第二部、魂 | Comments(0)

胎が生じる

人間の身体はね、

心臓がグワッ、グワッと力強く動いておりましてね、

肺も胃も膨らんだり萎んだりを繰り返し、

腸は蠕動運動をしておりまして、

チャクラもグワングワンと回転しているのです。

ですから、、当然に振動が生じるわけでございます。

ところがね、その震えを脳が抑えてしまう。

ですから殆どの人はその震えを感じないで日常を過ごしておりますわけです。


この震えはね、

生きようとする命の力が強ければ強いほど大きく震えて、

その震えが脳で抑えきれなくなることがあるのですね。

ですから、息吹術などを行っておりますと足元がグラグラって揺れたりすることがあるのですね。

でね、健康になればなるほどその揺れは頻繁に感じますね。


(例えば大蛇の霊が近くを這いますと同じように揺れを感じますけど、

それは私も経験したことがありませんけどね、

見極めが大切ですね。)


地震かな?って感じることもあるのですけど、

この揺れは主に身体の下半身に力を入れたりしますと生じやすいですね。

でね、この揺れが生じる現象を、「胎が生じる」と云うのですけど、


大自然と一体になりまして、

時には断食でもして空腹を感じて、

時には大声で叫んでみて、

そのようなことをして気張って生きておりますと、

恐らくどなたでもこの胎を生じさせることはできますでしょう。

人生も楽しくなると思いますし、

少々の病気でしたら簡単に治っちゃいますね。


良いと思いますよ。
[PR]

by yskfm | 2009-07-25 12:47 | 第二部、大地 | Comments(0)

民主主義的国会の姿

国会の審議には国民全員の意思が反映されるべきである、

とかね、

誰でもお金がなくても立候補できる、お金の掛からない選挙制度を、

とか、

国会議員に高い給料を支払う必要はない、普通のサラリーマン程度で充分である。

とか、

国会に政治政党などは不要である、

とか、

おっさんは常日頃から主張し続けているのですけど、


また、選挙が近付いております。


沢山の税金が使われ、

沢山の法案が廃案になり、

そうしてまた新しく国会議員が誕生しましても、

たとえ政権政党が変わりましても、

それで日本が少しでもマシになって下さるようなことは、

絶対にないのです。

期待すべきはどんどん日本を壊して来た悪政が建設の方向に向かうかどうか、

その程度しか期待できないのですね。


ところでね、

ヤホーさんのサービスで、知恵袋といったものがあるのですけどね、

どなたかが質問して、どなたかが回答する。

ベストアンサーは投票で決められて、時にはその質問が破棄されることもあるのです。

おっさんも少しばかり遊ばせて戴いているのですけど、

これね、

この知恵袋システム、

そのまんま国会として機能させることができると思うのですよね。

どなたかが法案を提出して、どなたかが意見を出す。

議決は国民の投票で決められて、時には廃案になることもある。

お金も掛からないですし、国会議員を選出する必要もないのです。

誰でもが参加できて、

国民の意思が反映されて、

さくさくと議案が通ってね、

日本が国民の意思で国民の望む日本に変わって行くことができるのです。

こんなに素晴らしいことはないのではあるまいか、って思うのですけどね。

早く、そんな風になって欲しいものだと思いますね。
[PR]

by yskfm | 2009-07-23 09:59 | 第二部、大地 | Comments(0)

めくらの理由

めくら、なんて申しますとどこかの障害者施設から差別用語だと批判されてしまうかも知れませんけど、

いえ、違うのです。

そのような意味で私がめくらと言っているのではなくてね、

たとえ盲でもね、めくらであるとは限らないのです。

正しいことが見えなくなってしまう、分からなくなってしまう、

それを私はめくらと言っているのですけど、


考えて見て下さい。

敢然と大地に自分の足で立って、

正当な労働に対しての正当な報酬を得る。

これは当たり前のことでございます。

姑息な手段で金銭を得ましても嬉しくとも何ともないのですし、

正当な労働に対する正当な報酬を得てこそ、

遣り甲斐もあって楽しくもあり、嬉しくもあるのです。


ところがね、金銭に心を奪われてしまいますと、

それが見えなくなる。

だから、めくらになってしまうのですね。


正当な労働に対する正当な報酬を得ようとして力一杯に頑張ってもどうにもならない。

人生、そのような時もございます。

それでもし、人生が閉ざされてしまうのでしたら、それは仕方がないのです。

姑息な手段で金銭を得て意味もなく生き延びるよりも、

飢え死にしてしまったほうがなんぼか良いのです。

魂もその方が幸せでございましょう。

でもね、神様や守護霊様はそんなことは絶対に許しては下さらない。

それでは本来の目的でありますところの、修行になりませんからね、

修行の結果が出るまでは、神様や守護霊様はその人を無理やりにでも生かし続けますでしょう。


ただね、めくらになってしまいますと本来の修行ができなくなってしまうのです。

ですからね、

めくらには絶対にならないこと。


めくらになったらあかん!

めくらになったらあかん!

めくらになったらあかん!


私たちは魂にそう言い聞かせて、心して生きていかなくてはいけませんね。
[PR]

by yskfm | 2009-07-22 01:30 | 第二部、神理 | Comments(0)

二つのご縁

不思議なことにね、

以前から、何故かご縁が二つずつペアになって生じる、

というようなことが続いておりまして、

なんでかな?

って、考えておりました。


ところでね、気学には相生、相剋という考えがございます。

木・火・土・金・水

この隣り合っておりますものが相性が良く、相生

隣り合っていないものが相性が悪くて、相剋

なのですね。

でね、例えばご自身の九星が火だとしましてね、

火は木と土が相性が良いのですね。


ここまででご不明な点はございますでしょうか?

無いようでしたら次に進ませて戴きますけど、


木と火はね、

木生火と云いまして木が燃えて火を生かすのですね。

九星が火のあなたは木によって生かされるのですね。

ところがね、

土と火の関係であります火生土はね、

火が燃えて土を生じるのです。

火は生かされるのではなくて、土を生かすのです。


人生、生かされたり、生かしたりですね。


でね、ご縁が二個セットになって生じますのもね、

どちらかが自分が生かされるご縁で、

どちらかが相手を生かすためのご縁なんです。

勿論、相手を生かすといいますこともご自身の喜びとなり、成長にも繋がりますからね、

自分にとって相生の関係でありますことは間違いないのですけど、


でね、思うのです。

良いですか?ご縁が二個セットになって生じると言いますのは、

間違いなく神霊や守護霊様のお導きなのです。

護られて導かれているのです。

そうしてね、どのご縁もご自身のためのご縁でありますことには間違いないのですね。
[PR]

by yskfm | 2009-07-21 11:53 | 第二部、神霊 | Comments(0)
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー