<   2009年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧


スーパーマーケットなどで菓子や玩具を欲しがり駄々をこねる子供がおります。

最近は余り見かけなくなりましたけど、その理由は察しが付きます。

駄々をこねる子供に、殆どの場合お母様は叱り付けて、

「置いて帰るよ」と脅迫しております。

そんなことをしなくてもね、素直に話して上げれば良いのです。

「ごめんね、欲しいものが買ってあげられなくて。家、貧乏だからね。」ってね。

お子様の理解力は凄いですよ。

そうしますと、次からは絶対に駄々をこねなくなります。

子供の心に、「貧乏」ということばが深く突き刺さるのですね。


怒るのか、叱るのか、

どこかで聞いたことを鵜呑みにするのは日本人の悪い癖ですね。

殆どの親御様が、怒ってはいけない、叱らなくてはいけない、と考えていらっしゃる。

でもね、怒るのは相手を尊重して対等に見れているから怒るのです。

叱るのはね、上から目線で見ているから叱れるのです。

日本の家庭はね、殆どのご家庭で家族運営に子供は一切口出しできない。

自分たちのことさえ、自分たちで決めることはできなくて、親御様が全てお決めになられる。

それも上から目線で管理支配しているからなのですね。

一つの考え方に捉われて、視野が狭くなっている。

日本人の悪い癖ですね。

尊重しているからこそ、

一つの魂として認めているからこそ、怒れるのです。

認めず、尊重せず、味方になってあげず、

何の権力も与えず、親の秘密は一切教えず、

子供の隠し事ばかり目くじらを立てて、一方的に叱ってばかりおりましたら、

子供は精神的にも社会的にも、「かたわ」になっちゃいますよ。

そういった「かたわ」の大人たちが今、世の中には溢れているのです。


心を開かずに叱るよりも心を開いて怒る方がどんなに人間らしく健康的かと私は感じますね。

勿論、どんなに怒っても暴力はいけません。

弱いものに暴力を奮う、

それはクズ人間のやることですから。


癖は誰にでもありますね。

勿論、おっさんにも悪い癖がございます。

魂に刻まれた業もそうですね。


今回の選挙では、

盲目的な自民党支持者の中にも自民党の悪い癖を見抜いて下さる人がようやく現れ始めたのかな

と感じます。

でも、遅過ぎるのですけどね、

日本がもうどうしようもなく壊されてしまった後に気付いても遅いのですけど、

まあ、疑問を持つ最初の一歩といったところなのでしょう。


そしてこれからは、たった一つのことさえも鵜呑みにせず、

自分たちの頭で疑い、考え、歩を進めて行って下さいますことを望んでおります。

本当の幸せは、その先にしかないのですからね。

取捨選択もせず、ただお偉い先生のお言葉だからと鵜呑みにして歩を進めておりますだけでは、

その行き着く先は見当も付きませんでしょうからね。

誰のアドバイスもそのままには受け入れずに、一つ一つ考えてご自身で決断する。

根拠を求める。

その姿勢が真の幸せへの近道でございますよ。
[PR]

by yskfm | 2009-08-29 02:19 | 第二部、大地 | Comments(0)

夢を見ました

そこは、どこでしょうか。

河沿いのお屋敷のようなところで、

河の上にテラスが突き出ておりましてね、

そこに、私と、私の仲間たちがおりました。


修行時代、

バカをして共に笑い合った仲間たちと大先輩、

その大先輩はね、

人を疑わず、

いつでも笑っていて、

大きなお心で何でも赦して、

何でも認めて、

そうかそうか、って笑っておりました。

お茶目な人でね、

暖かくて、

優しくて、

静かで、

大きさ、深さを感じさせる人でございました。


だから沢山の人からも愛されるのですね。
[PR]

by yskfm | 2009-08-28 10:29 | 第二部、夢 | Comments(0)

選挙

報道各社の調査結果によりますと、

どうも今回は民主党の支持率が自民党の支持率を遥かに上回っておりますようで、

やはり今回の政権交代はまず間違いなさそうな情勢でございます。


各選挙区から議員を一名選出するという小選挙区制、

恐らくは自民党の、他政党の議員数を押さえ込みたいという思惑もあってのことだと思いますが、

自民党自らが改革を行った選挙制度で、

自民党が、

恐らく、殆どの自民党議員が敗退するのではないかと思われるのでございます。


ところで、不思議なことに、私と同じ主張を展開しております政党がございます。

共産党なのですけど、

私の拙い判断力で考えますと、

一番正しいこと、一番当たり前の誰にでも分かることをを仰っておられると思うのです。


ところが、他の政党はそうではないのですね。

思いつきや思い込みの激しく偏った、

どちらかと云いますと、

共産党よりも共産主義思考に偏った政策をマニフェストに堂々と掲げていらっしゃるのです。


不思議なことです。


いえ、私は、共産党を支持しているわけではないのですよ。

彼らの最終目標は、「共産」というその政党名の通り、

国民が共に産する管理社会を建設することにあるのです。

共産、とはね、そういうことですよ。

でも、私の考えはそれとは逆なのです。

管理や支配を離れた国民が自由に生き生きと暮らし、

互いに協調し合い、助け合う中から生まれる国家の姿、

それこそが本来の自由な民主主義国家だと思うのです。


そこのところが全く異なるのに、目前の政策でことごとく一致する。

これもまた、不思議なことでございまして、

まあ、多少精神構造がおっさんに近い方がいるのかも知れませんね。
[PR]

by yskfm | 2009-08-27 22:17 | 第二部、大地 | Comments(0)

今日も亦医者通いつつがありや

お顔の腫れが随分と治まっては来ているのですけど、

どうもまだ歯茎がグキグキと腫れておりまして、

月曜日にも是非御出で下さいと勅が下りました。


今日これからと明日で僅かばかり溜まっておりますお仕事に精を出すことに致します。


で、考えておりましたのですけど、

これは日頃のストレスとか、鬱憤とか、

愚痴とかが膿となって出て来ているのかも知れないね、

と思うのです。


悪いものを排除する働きが病で、

或いは不摂生や間違った生活習慣を正す働きが病で、

身体の細胞がそういった想念や在り方を敏感に感じ取って反乱を起こすのですね。

そうしなくては身体のご主人様でありますところの私たちが魔に犯されてしまう。

魔に侵されてしまうよりかは病原体に犯される方がマシなのでありまして、

ですから、身体の細胞が身体のご主人様に、お畏れながら、と異議申し立て、

それでも直らなければ反乱さえも覚悟の上で、

ご主人様のために直談判に打って出て下さっているのですね。


そうすることによりましてね、

ご主人様の心身の状態も次の、より神性の高い修行に向かって行けるのでありましてね、

今朝は電車の中でそのようなことをふと考えておりまして、

ああ、そうなのかあ、と私自身深く反省させて戴きましたようなわけでございます。
[PR]

by yskfm | 2009-08-27 13:01 | 第二部、今生 | Comments(0)

発端

金曜日に痛み始めたのが始まりでした。

その時、歯医者に予約さえ入れておけば良かったのですけど、

気のせい、として片付けてしまったことが悔やまれてなりません。

そもそも、そこの歯は少し固いものを噛めば腫れ上がり、

何度も抜いてしまおうと考えたのですけど、

まあ、抜いてしまうのもなんだか、で温存しておりましたところだったのです。


それがね、土曜日、日曜日と日を重ねるに従って腫れ上がり、

痛み上がり、

日曜日の夕方には、うーーーーと唸り声を上げる始末で、

正常な判断力も失われて意識も朦朧となっておりました。

お顔も随分と腫れ上がりまして、

こんなに腫れ上がったのはもう幼児期のおたふく風邪以来なかったことなので、

驚きました。


口が半分程しか開かず、

目ン玉も半分しか開かず、

見事、顔の腫れ具合120%達成!

いやまあ、取り敢えずはおめでとうございますってことでね、

月曜日に予約を入れて火曜日に歯医者に飛び込んだのですけど、


食べることもできない、

眠ることもできない、

こんなことはもうナシにして欲しいものだと思います。


全ての魂に今後一切このような苦しみが生じませんように、

神霊に強く願うおっさんでございました。
[PR]

by yskfm | 2009-08-26 15:08 | 第二部、今生 | Comments(0)

歯医者で点滴

歯医者、行って参りました。

で、点滴を打って来ました。

ミュータンス菌の敗血症なのでしょうか。

微熱もありまして、

明日明後日も点滴を宣告されました。

で、痛み止めと化膿止めを戴いて参りまして、

酷くなるようなら歯茎を切って膿を出さないといけないよ、と脅かされました。


苦しみもね、

忍耐力を養い魂を強化するための試練なのですから、

有り難く、前向きに向かって参りたいと思うのです。

苦しみの本質的な原因を見極め、適切な方法でその原因を排除する、

それが大切なのでありまして、

生老病死、愛別離苦の苦しみもね、

心を執着させず、心を煩わさせず、

本質的な原因から心を引き離すことなんですね。

そうして必要な苦しみは覚悟して堪え忍ぶ。


ただ、執着すればもっと苦しくなってしまう。


苦しみの間はね、

おっさんも「このやろうとか」「ちくしょう」とか、口走ったりもします。

魂を強化する鍛錬なのですからそれくらいの言葉は出て来て当然だと思うのです。

魂が苦しみと闘う。

決して楽なことではないのですから。

それでも必ず勝たなくてはいけないのですね。

心は必ず苦しみに打ち勝って、心の王国を建設しなくてはいけないのです。
[PR]

by yskfm | 2009-08-25 15:16 | 第二部、大地 | Comments(0)

ご連絡

おっさんは今、歯槽膿漏で顔が腫れています。(爆)

昨日から殆ど食べていません。

明日、歯医者に行って来ます。
[PR]

by yskfm | 2009-08-24 17:15 | 第二部、今生 | Comments(0)

社会を変える力

その昔、お釈迦様はこのように仰られました。

「色は是れ即ち空であり、空は是即ち色である。」

色とは、形に表れたものであり、

空とは、目に見えないもののことでございます。

目に見えないものの表れが物質的な事象となって現れ、

その物質的な事象に対する私たちの向き合い方が目に見えないものを形作るのです。

目に見えないもの、

それはエネルギーであり、想念であり、心であり、神体でありますところの高次元体でございます。

その大宇宙を無限に重ね合わせたような余りにも巨大な高次元神体の、

ほんの氷山の一角のような表れがこの世界であり、

それ以外の目に見えない存在全ては私たちの心の中にあるのです。

そしてこの世界と心の中の世界は互いに影響し合い、働き掛け合い、

神霊の法の下に正しく運営されております。

その全ての現象は、私たちが失敗の中から間違いを見つけ出し、

正しい調和のあり方を学び、身に付け、魂を成長させるための神霊の愛に他ならないことは、

既に明白でございます。


調和に反する行為や想念には必ず反作用が生じ、

心も周りの状況も次第に不調和になって参ります。

調和に基づく行為や想念には必ず神仏のお力添えがあり、ご褒美があり、

心も周りの状況も次第に調和して明るく楽しく安らぎのある幸せな境遇に変わって参ります。

それは例えば浮気一つ取りましても、

浮気をすれば罪の意識が生じ、また廻り回って自分の身にも同じような現象が生じやすくなります。

心は決して安らぐことができず常に不安を抱えることになりますでしょう。

人生の歯車はそういったところから簡単に食い違ってしまうのです。

でも、一筋に奥様を、家族を愛し続ければ、

愛を育み、温かな家庭を気付く努力を遣り甲斐を持って実践しておりましたら、

ご自身のお心は充実感や安らぎに満たされ、真の幸せを実感でき、

また、周りからは信頼され、手本にされて、

周りの環境も次第に調和されて参りますでしょう。


ですからね、自分がされて嫌なことは人にも絶対にしないこと。

客観的に見て正しいと思われる生き方を実践すること。

その生活習慣が身に備わりますと当然ご自身も幸せな境遇となり、

周りにも幸せの輪が広がって参りますでしょう。

一つ一つ考えて間違いを修正し、正しい姿に戻して行く。

そのための材料がこの世界の作用と反作用の法則なのです。

たったひとつの事柄さえも疎かにしてはいけませんよ。

それは必ずご自身の幸せの障害になってしまうのですから。


そうして皆が幸せな境遇に到達して、

幸せの波紋を広げ合うことができるようになった時、

心の中に思う私たちの本当に住み良い幸せな社会がこの世界に実現するのですね。
[PR]

by yskfm | 2009-08-21 10:36 | 第二部、神理 | Comments(0)

不思議な体験

まだおっさんの住むマンションの一階にチンピラが住んでおりました頃のことなのですけど、

夜中におっさんが目を覚ましますとね、

何人かの若者がそのチンピラをからかっているのです。

チンピラさんも大きな怒声を上げておりますし、

若者が石をぶつけたり、ガラスを叩き割ったり、

その音が聞こえて来るのですね。


でも実際にはそういった事件はなく、

窓を開けてみても誰もいない、

チンピラも元気に日常と同じように怒りながらも平穏に過ごしているのです。


恐らく阿修羅界の現象がチンピラの想念を介して現れたのだと思うのですけどね、

まあ、こんなことがおました、ってだけなんですけど。

オソロシおまっせ。

気いつけなはれや。
[PR]

by yskfm | 2009-08-20 13:37 | 第二部、今生 | Comments(0)

愛の反対 その2

愛の反対を憎しみではなく無関心とする、

私にはその理由が分からなかったのですけど、

最近、色々と調べておりまして、少し分かって参りました。

それはね、

おっさんと他の人とでは日本語の捉え方が違うのです。

何故、日本語の捉え方が異なるのか、

それはちょっと置いておきましょう。

今ここで議論したくはないと思いますしね。


さて、ちょっとこんなことを考えてみて下さいませ。

あなたの人生の中で、あなたが一番どうしようもないと考える人のことを思い出してみて下さい。

恐らく、その人は、ほぼ間違いなく、悪魔よりはマシな人間であるはずです。

あなたが、その人に関する嫌悪感よりも何十倍、何百倍も嫌悪感を感じるその存在が悪魔です。

そうしてね、その悪魔に対してあなたが感じるであろう感情、それが憎しみです。


次に、無関心について考えてみましょう。

たとえばここに、マーキュリーの法則というものがあります。

恐らくあなたはこの法則のことを全く知らない。

興味を持ちたいとも思わないでしょう。

これがね、無関心なのです。

でもね、マーキュリーの法則について探し出して少し学び、

ああ、こんな法則なのだったら自分は関わりたくないと感じて関心を示さないのはね、

無関心ではないのです。

それは無関心より少し憎しみに近付いた感情で、関心の中に入るのです。

そしてもし、その法則のことで、

もう二度と関わりたくないというヘイトな感情を伴って避けたくなるのでしたら、

それは無関心ではなく、憎しみです。


それがおっさんの憎しみと、無関心の解釈です。


その前提で考えてみて下さいませ。

愛の反対は無関心ですか?
[PR]

by yskfm | 2009-08-20 12:54 | 第二部、大地 | Comments(0)
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー