<   2009年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧


守護の仕組み

守護と申しましても、室町時代に設置されました守護大名のことではないのですけど、

守護霊様はね、心の中から私達を教え導いて護って下さるのですね。

そして明神様方やら菩薩様、如来様方と連携して、私達を助けて下さる。

でもね、でも、

これは私達の心が霊界より高い世界と繋がっておりますからこそ護って下さることができるのでありまして、

私達の心が、幽界や地獄界と繋がってしまいますと、

もう守護霊様は護って下さることができなくなるのです。

心の中から飛び出して来て、私達の傍らでね、

もう手を拱いてみているだけしかできなくなってしまうのです。


私達の心が幽界に落ちてしまいますと、邪なるものが、

地獄界の苦しみの世界に落ちてしまいますと、魔なるものがね、

守護霊様と入れ替わって私達に通信を送って来るようになるのですね。

闇の守護ですね。

恐ろしいです。


ですから私達は、反省して心を清めればいつだって守護霊様と通信できる、

霊界より高い世界に心を繋げて行ける、

そうでなくてはいけないのですね。

そうしますといつだって霊的なお力添えを戴くことができるのです。

悩みなんてなんでもなくなっちゃうのです。


心はね、幾ら着飾っておりましても、

あちらの世界から見ましたらね、

どれだけ光に溢れているかなんて一目瞭然なんですね。

それは邪なるものだって、魔なるものだって、見ればすぐに分かっちゃう。

勿論、生きているのですからいつだって光に溢れている、なんてことは不可能なのですけど、

心を鎮めて反省すれば、心を清めればいつだって守護霊様のところまで意識を届かせる。

そうならなくてはいけませんね。
[PR]

by yskfm | 2009-11-30 13:18 | 第二部、神理 | Comments(0)

苦しき環境

もしあなたが、今現在何らかの苦しみの中におられるのでしたら、

考えてみて下さい。

その、あなたを苦しめている環境は、誰のための環境ですか?

あなたの中でね、その答えがあなた自身のための環境であると導き出されるのでしたら、

その苦しみは喜んで受け入れることではないでしょうか。

必ず、その苦しみはあなたをひと回りもふた回りも成長させて下さるはずです。

逆に、あなたの中でその答えが、あなた自身のための環境ではないと導き出されるのでしたら、

あなたは、あなたを苦しめるその環境から早急に離れるべきです。


あなたは、あなた自身であなたの属する環境を決定し、

望んでその環境に飛び込んで行くべきではありませんでしょうか。

神は私たちにその選択の自由をお与え下さったのですし、

何よりも、あなたの人生はあなた自身のものではありませんか。

あなたは、あなた自身の責任に於いて、

あなた自身が望む環境で、あなたにとって最適な生き方をしなくてはいけない。

そうしなくては必ず悔いが残りますでしょう。


一つに、命を怖れるから見えなくなってしまうのです。

たとえ残された命の時間が10年から1年に縮まっても、

一年が一日に縮まっても、

それは余り大したことではないのです。

誰だって人はいつか必ず死ぬのですから。

死んで実在界に帰るのですから。


一つに、欲もまた、苦しみを生み出すものですね。

金銭欲、名声欲、恋愛欲、

自らの欲のために苦しみに耐えて金銭を得る。

名声を得る。

愛する人の心を得る。

その生き方もまた、素敵なものであり、

それは誰も否定はしませんでしょう。

そしてその苦しみを生み出す環境も、

あなたのための環境でございましょう。

ただ、苦しみが嫌だというのでしたら、

金銭欲も、名声欲も、恋愛欲も離れて、

ご自身が求める真の生き方のできる環境を求めることでございましょう。


こうでなくてはいけない、と頑なに一つの考え方に固執しておりましてはいけませんね。

そもそもその、こうでなくてはいけないというあなたの中での頑なな決まりごとは、

一体どなたがお決めになられましたことなのでしょうか?

それがもし、神様がお決めになられましたことなのでしたら、

従わなくてはいけません。

でも、そうではないのでしたら、

その、あなたの中での頑なな決まりごとはね、

守る価値さえないのではありませんか?


あなたの、人生と言う一大事業と、

誰が決めたのかも知れない頑なな決まりごとはね、

天秤に掛けてみてどちらが重いのか、

勿論それは天秤に掛けるまでもないはなしではないかと思いますね。


おっさんもよく言われます。

会社に就職して働いたら?ってね。

最近はおせっかいにも置き薬の巡回の人に言われました。

おっさんはそんなにもダメダメな感じに見えるのでしょうか。

おそらくその人の中には、

人は誰でも会社に勤めて働かなくてはいけないのだ。

それが真っ当な人間の生き方なのだ、

という決まりごとがあるのでしょう。

でもね、ちゃんちゃらおかしいのですね。

一体何のためにおっさんが人に雇われて働かなくてはいけないのか、

あなたのなかでの偏狭なお考え、決まりごとをおっさんに押し付けないで欲しいと思うのですね。

自分にしか通用しないものさしで人を測ってはいけませんね。

視野が狭いにも程があるのですね。
[PR]

by yskfm | 2009-11-28 09:56 | 第二部、神理 | Comments(0)

おっさん総合研究所発表、今年の漢字

さて、歯医者の治療を終えて急いで戻って参りましたおっさんです。


今年の漢字、

今年の漢字、

今年の漢字はあのねのね♪

とずーっと考えておりましたおっさんです。

でもね、毎年必ず事象に方向性が見られますことは否めない事実でございまして、

毎年、毎年、その年特有の似たような事件や出来事が生じているのですね。


でね、今年も考えてみたのですけど、

今年はどうも、「現」という漢字が当て嵌まりそうに感じるのです。


選挙で国民の意思が現れ、

新政権が現れ、

ドラッグに関しての事件が現れ、

逃亡者が現れ、

国家の無駄な事業が現れ、

レンホウさんとかいう怖いおばちゃんが現れ、


「現れる」は、「洗われる」でもあるのですね。

でも今年は「現」の方が合っているのではないかと思うのです。

現でも、顕でも、明でも良いようにも思いますけど、

まあ、そんな漢字が今年を表すのに相応しいのではないかと、

おっさんはそう思うのでございます。
[PR]

by yskfm | 2009-11-26 13:02 | 第二部、大地 | Comments(0)

怒り、陰口というもの

怒りや陰口と云いますものはね、

そこには毒も含まれておりますけど、

発した人の素直な感情ですからね、

毒を取り込まないために冷静になって受け止めて、その内容を分析しますと、

或いは自身の欠点が見付かったりしますね。

まあ、大いなる誤解であったり、悪意そのものであったりすることも多いのですけど、


怒りは、直接吹き掛けられる毒入り栄養剤なのですね。

また、陰口は、人の手を伝って届けられる毒入り栄養剤の宅配ですね。

毒さえ取り込まなければ栄養剤になります。

ところがこの毒を取り込んでしまいますと、それが表面に不調和を醸し出し、

周りとの摩擦や不信を生じますね。

勿論、発した人はその毒を口に含んで発したのですから当然毒にやられるんです。

でも、受け取った方は、毒さえ取り込まないように注意しておりましたら、

何も問題はない。

返って自身の栄養になるのですね。


ですから、あなたがもしある人の欠点を命を掛けてでも教えてあげたいと思うのでしたら、

そっと、その人の悪口を言えば良いのです。

勿論、その反作用は大きいと思いますけど、

それ以上にその人の幸せを願うのならね、

素直なお気持ちで陰口を叩けば良いのですね。

恐らくそのプレゼントは、

受け取る人に徳がありましたら受け取って戴けますでしょう。


受け取った人もね、それを喜んで受け取って差し上げましたら良いのです。

そこに本質的なことが含まれておらず、

大いなる誤解や大いなる悪意によるものなのでしたら、

その人を哀れんで差し上げましたら良いのです。

それでもその人の気持ちは分かりますしね。


ただね、

直接会ってお礼が云いたい、

或いはお礼を送りたい、

とご自身がどんなに想われましてもね、

余りそういった形のお礼だけはしない方が良いですね。

ご自身も毒にやられてしまいますから。

ご自身にも不調和な反作用が生じてしまいますから。
[PR]

by yskfm | 2009-11-25 11:09 | 第二部、今生 | Comments(0)

UFO

UFOといいますものの存在はね、

未確認という点で、過去の数知れない程多くの事例から、

もはや誰にも否定できない事実でございます。


おっさんは中学の頃とある天文雑誌を購読しておりまして、

UFOが反重力の「場」を生み出すことで飛行しているであろうということや、

ボイジャーが火星と金星、月にUFO基地ではないかと疑われるような建造物を発見したと思われること、

そういった様々な情報を得まして、

おっさんも色々と調べてみたり、考えてみたり、想像してみたりしておったのですけど、


異星人が存在することはね、

間違いのないことではないかと思うのです。

この宇宙に神霊が人類しか創造しなかった、

そう考える方がナンセンスでございますよ。

でもね、たとえ近くても、異星人が存在すると考えられる惑星は数万光年以上離れているのです。

それにね、人類も他の星から移り住んだ異星人でありますことは、

おっさんのお馬鹿頭でも充分に理解できることなのですね。


恐らくね、

地球に住み着いたものも居り、

火星や金星、月に基地を作って住んでおりました者、

まあ、同類種なのですけど、

そういった人が居りまして、

地球だけ、堕落してしまった、

そんでもって米国元大統領のレーガンさんがね、

何らかの契約をしたのですね。

UFOの乗組員と。

そこから米軍でも秘密基地でUFOを作って飛ばしている。

レーガンさんはアルツハイマーにされちゃった。

と、そういった事情ではないかとね、おっさんは思うのです。


だって米国政府がUFOに付いて隠すべき理由はそれ以外には考えられないのです。


あははは。

お馬鹿なことを書いちゃいました。
[PR]

by yskfm | 2009-11-24 00:43 | 第二部、大地 | Comments(0)

ほんまもんの素麺

今日は朝から水戸黄門を拝見しておりまして、

京歌子さんと鳳啓介さんが素麺農家の役で出ておりました。

喧嘩の絶えない夫婦の役でしたけど、

漫才でも言い合ってばかりいる芸風でしたね。

恐らくこのお二人も過去世からの深い深い繋がりがあったのではないかと思うのですけど、

結婚して、離婚して、それでも漫才ではいつまでもパートナーで、

面白おかしく人生を共に歩んで、鳳啓介さんが先に召されて。。。


素敵だなあ、って思いますね。


で、おっさん、水戸黄門を見ておりまして、

この、菊のこうもんが、

(おっさん、下ネタ好きのため、お赦し下さい。)

もとい、

この、葵の御紋が目に入らぬか、のところで気付きました。


昔の素麺って、長い時間太陽で乾かすから、煤けたような、少し黄色掛かったような色になるのですね。

しかもね、揖保の糸なんてのは細いのです。

今の素麺より、直径が4分の1程度の細さなんです。


ところがね、今の素麺は生っ白くておでぶちゃんなんですね。

今の時代は何でもそうですね、

生っ白くてぶくぶく太って、

人でも何でもそうですよね。

でもね、太陽で乾かせて太陽の光の恵みをたっぷり吸い込んで黄色くなっております素麺のほうがね、

絶対に美味しいに決まっているのですね。

で、さっきそんな素麺を探して、

少し高かったのですけど、買って参りました。

で戴いたのですけど、

やっぱり美味しいですわ。

ほんまにね。
[PR]

by yskfm | 2009-11-23 12:03 | 第二部、大地 | Comments(0)

焼き鳥屋

焼き鳥屋といいますと、どこのお店でありましても

頑固なおやっさんがちまちまと何十分も掛けて焼いて下さるようなお店ばかりで、

客数が増えてまいりますと注文するのもはばかられるのでありまして、

ですからおっさんは、

「焼き鳥屋ってえのは鬱陶しいなあ」

と感じておったのです。


ところが、先程テレビである焼き鳥屋が紹介されておりまして、

そこは何十本単位で焼いて下さる、

どうもそれが当たり前のようなお店でありまして、

こんな店なら大阪でも繁盛することはまず間違いなし、

おっさんだって経済的な事情が許す限りは毎日だって通い続けようと思うのでありますけど、


先程、その焼き鳥屋を、

一体その焼き鳥一本の価格はどの程度であるのか、

と、ネットで検索してみたのですけど、

そのお店のサイトを覗いてみましても、

メニューは掲載されておりますのにその価格が掲載されておらない、

価格不明瞭なのでございますな。


と、このような価格不明瞭はおっさんの理数系頭ではとても受け入れ難いものでありまして、

そこいら辺りのところをきっちりはっきりさせて下されば、

おっさんだって信頼感を持てたのになあと思うのです。


あっちが良くてもこっちはだめ、

どこかに嫌らしい金銭勘定が表れている、

一体、そうでない店がどこにあるのかと、おっさんは嘆くのです。

いえ、儲けることが悪いと言っているのではないのですよ。

あからさまな嫌らしさが鼻に付くのですね。

真摯に、誠実に、賢く儲けて下さるのならおっさんは何も云わないのです。

そうでありましたら、きっと皆から愛されると思うのです。


それが何で分からないのかなあって思うのですね。
[PR]

by yskfm | 2009-11-22 14:09 | 第二部、大地 | Comments(0)

神というもの

神を信じない人

その人は或いは過去世の過ちから神に頼らず自らの力で今生を生き抜こうと決意して生まれて来られました方でありましょう。

それは素晴らしいことでございます。

ただね、神とはそんなに非科学的なものではなく、

人を甘やかすことでもなく、

増してや宗教的なものでは決してなく、

逆に私達の成長を促して下さる、真実を教えて下さる存在でもあるのです。

そしてまた、神は、私達の中のどんなに優れた魂よりも、暖かく、慈愛に溢れ、

私達万人を常に見護り続けて下さっておられるのです。

宗教の中に神を見出そうとする者には、

神は決してその姿を現しませんでしょう。

逆に、神を信じることなく、ご自身の力で今生を生き抜こうとされます方には、

神はその存在を、その姿を、神理として現されるのですね。


さて、この文章を読んで下さいまして、具体的に云わんとしておりますことがお分かりになられます方は、

幸せな方でありましょう。

さっぱりお分かりになられない方は、

残念な方だと思います。

その人はね、もっともっと周りに目を向けて視野を広げて下さいますことではないかと思いますね。
[PR]

by yskfm | 2009-11-21 19:19 | 第二部、神理 | Comments(0)

カツ丼に沢庵は合うか?

昔々その昔、

おっさんはあるところで美味しい塩タンを戴きまして、

その傍らには酢漬けのキャベツが添えてありました。

ピクルス オブ キャベツ サイド オン シオタン

でございますな。

それがね、合うことこの上なく、いい具合になっているのです。


牛丼に添える紅生姜の酢漬けもね、

おっさんは、合うなあって感じるのです。


でもね、でも、

カツ丼には必ず沢庵が添えられますけど、

これって本当に合いますでしょうか?

まあ、おっさんの味覚が狂っているのかも知れませんけど、

おっさんにはどうしても合うとは思えないのですね。


カレーに添えるらっきょとか福神漬けもしかりなのですけど、


ちょっと皆様も考えてみて戴けませんでしょうか。

おっさんはこう思うのです。

カツ丼には間違いなく昆布の佃煮が、

カレーにはヨーグルトとか干しぶどうやバナナチップがね、

絶対に合うのではないかな、ってね。


それでいつも悩むのです。

おっさんは味オンチなのかなってね。
[PR]

by yskfm | 2009-11-21 12:53 | 第二部、大地 | Comments(0)

なんだかなあ症候群

このところ先に進むべき道が見えなくなってしまっておりまして、

さて、何をすれば良いものかと思案を巡らせてみるのでございますが、

何でもやってやれとは思うのではありますけど、

どうも阿藤快ではありませんけど、「なんだかなあ」と感じてしまうので、

なかなか前に進めないのでございます。


それでね、

たとえば、インターネット上に秘密の会員制サイトを作りましてね、

ロボットなんかも全部拒否しちゃいまして、

サイトはJAVAのアプレットとPerlのCGIを活用しまして、

それをVisual Basicで作るウィンドウズプログラムと連動させましてね、

おっさんネットなるものをね、

ここはひとつ構築してみようかなと考えたりするのでありますけど、


或いは護符を印刷できるプログラムをVisual Basicで作成しまして、

沢山の護符の画像と一緒にCDに落としまして、

売り歩いてみようかなとも思うのですけど、


でも、またそういったことも、

「なんだかなあ」

と感じてしまうのでございます。


これをおっさんは、

「なんだかなあ症候群」と呼んでおりますけど、

なんか、待たされているのかなあと感じているのでございます。

煮え切らないのですなあ。

おっさんは、そんな煮え切らないおっさんが大嫌いなのですけど、

焼きが回ったのでしょうかねえ。

どない思わはります?
[PR]

by yskfm | 2009-11-20 09:36 | 第二部、大地 | Comments(0)
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー