<   2010年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧


お知らせ

さて、今期も終わりまして、

桜も咲いたものですから、おっさんは少しお休みを戴こうかしら、

なんて考えております。


暫く外に出ておりませんでしたからね、

桜を愛でながらどこか静かなところを歩いたり、

寺社を巡ったり、

色々なものを見て、色々なことを考えたり、感じたり、

美味しいものを戴いたりしようかしら、

と思うのです。

そうして、春の陽気を身体中に充満させてこようかしら、

なんてね、

キザなことを考えるのでございます。


それでね、突然で申し訳ないのですけど、

明日、3月30日から4月4日まで、

お休みを戴きます。

ごめんちゃい。


いえ、4月4日に戻って来るかどうかは保障ができないのでありまして、

ひょっとしましたらどこか遠くの異国の地や地球の最果てまでピューっと風に飛ばされてしまったり

整形なんか致しまして別人になりすまして暮らしているかも知れませんけど、

まあ、取り敢えず4月4日までに戻ろうかな、

戻って来ようかなと考えるのでございます。


今のところ、これは夜逃げでも逃避行でもありません。

旅行という行為です。

メールはチェックできましたらチェックして必要性のありますものは返信させて戴きます。

でも4月5日以降になるかも知れません。

旅先で書き込めるようでしたら、旅の記録でも書かせて戴きたいと思います。


いえ、どこに行くかは決まっておりません。

先立つものもありませんので、そんなに遠くへも行きません。

万が一、遠いところへ行っちゃうこともあるかも知れませんけど、

そうなりますともう戻っては参りません。

まあ、別の形で戻って来るかも知れませんけど、

そんなことはないようにしたいものです。

今は未だそんなに遠くへ旅立ちたくはないですから。


そんなことで、我侭をお許し下さいませ。

バイバイキーン!
[PR]

by yskfm | 2010-03-29 11:37 | 第二部、大地 | Comments(0)

胸焼けのお話

どうもこのところ下らない記事ばかりが続いておりまして、

恐縮です。

何分、もう大方書き尽くしてしまったようで、

まあ、一人の頭ん中からは、そんなに大量に情報は溢れ出しては来ないのでありまして、

当然のことながら、内容の質も低下するのでございます。

明石家さんまさんなどは、

空っぽの引き出しを引き抜いて頭をどついたら何か出るやろ、と仰られるのですけど、

ほんまに何も出てこないのでございます。


で、まあ、しょーもないことでも書いておこうかなと思うのですけど、


胸焼けが何故生じるのか、

といいますことでもおっさんの拙い憶測のもとに、書かせて戴こうかなと思うのでございます。


人がメタボになる。

いえ、そうはならなくても内臓脂肪や皮下脂肪が付きますね。

これはもうどうしようもない。

人は、基本的に太るものではないかと思うのです。


でね、そうしますと腸の蠕動運動に負担が掛かりますね。

いえ、これは心臓だって負担が掛かるのですけど、

今回は腸ですね。

おまけに肉食、アルコール食でも肝臓に負担が掛かって、

タンニンを作り出す機能も弱まって、

さらに腸の蠕動運動が遅くなる。

便秘も大きな要因ですね。


そうしますと、長時間胃の中に食物が残るのですね。

胃の中に食物が長く居続けますとね、胃散が常に放出されるのです。

それで胃の中の胃散の濃度が高まって、酸が胃の壁やら食道やらを溶かしだしますね。

それで胸焼けも生じるて来るのではないかと思うのです。

まあ、一つのケースですけどね。


胸焼けも、食生活や腸の健康が影響しているのでございますな。


まあ、食物繊維の多い野菜とか、ガジュツとかでおっさんも注意して暮らしているのでございますけど、

最近、おっさんは大草薬品の延寿丸というお薬を飲み始めましてね、

いえ、和漢の便秘薬なんですけど、

夕方に飲みますと翌朝の便の出が良いのなんのってね。

もう本当に大量に、食べた量だけ出てきて下さるのです。(爆)


昼時に汚い話ですんません。

おっさん、何を話しておりますやら。
[PR]

by yskfm | 2010-03-27 11:17 | 第二部、大地 | Comments(0)

静香ちゃん発言

先日、突然に静香ちゃんがこんなことを言い出しました。

郵便貯金の限度額を一千万円から二千万円に引き上げるぞ!

ってね。

そうしますと、今度は鳩山さんが、

それは閣内で決まったことやおへん!

なんて言い出した。

何がどうなっているのかおっさんには分からないのですけど、

色んな人のお話を伺っておりますと、

それはやはり閣内で、正式な手続きを踏んで決まったことでありながら、

静香ちゃんがフライングしたことで鳩山さんの気が変わっちゃった。

と、それがどうも本当のところのようでございます。


でもね、おっさんは思うのですね。

郵便貯金の限度額が2千万円に引き上げられて喜ぶのは、

自分達を含めて、恐らく日本国民の一割程度でございましょう。

それに、そんなどうでもいい話を、今せんといかんのかいな。

ってね。

例えば5年後10年後でも全く問題は生じない、

社会がどうなるものでもないほどの些細なことではないかと思うのです。


そのようなことに無駄な時間を割いている余裕はないように思うのですけど、

どうなんでしょ。
[PR]

by yskfm | 2010-03-27 10:47 | 第二部、大地 | Comments(0)

おっさんのお仕事

おっさん、小学校一年の頃から凡そ2年間、

習字というものを習いに行っておりまして、

まあ、適当にやっておりましたものですから上達はしなかったのですけど、

押えと跳ねだけは先生に褒められておりましたね。


半紙に墨で書いたひらがなを先生が朱墨で、こう書くんだよ、

と正しく書き込んで下さるのですけど、

押えと跳ねだけは○を付けて下さっておりました。


ですからおっさん、字は下手だけれども、押えと跳ねだけは完璧なんです。


中学の頃でしょうか、

書店にはよく通っておりまして、

そこで目ざとく御護符の新書を見つけて買って参りました。

いえ、その頃おっさんの買う本と言いますと精神世界関係ばかりでしたけど、

そこで初めて御護符というものを知りまして、

こんなの書けたら人生楽勝やんか、と思いつつも、

やけに複雑で、その頃のおっさんには絶対に書けそうにないその文様の数々に憧れを抱きながら、

その御護符の本を秘蔵しておりました。


その本はね、蝋燭の炎が念の力で曲がったとか、少し偏った内容の、

何やらおどろおどろしい写真が掲載されておりますような本でございましたね。


不思議なことにおっさんは今導かれて?か自分の意思でか?

それは定かではありませんけど、御護符を書かせて戴きますようなお仕事をしております。

でもね、御護符も押えと跳ねは大切なんです。

それにおっさんは自らの意思で習字を習いに行ったのではありませんし、

習字を習って、御護符の本を見つけたのですから、

これは紛れもなくおっさんは御護符を書くために生まれて来たとしか考えられないのですね。

(笑うところです。ここで笑わないと・・・)

神様は書け書けと言っているのですから、

もうこれは書くっきゃない。


不思議なんですけど、今から考えますと、本当にそうなんです。


その後、おっさんはそろばんを習ったり剣道を習ったりしましたけど、

まあ、それも後々何の必要があって習ったのかも分かる時が来るのではないかな、

とおっさんはそう思うのですね。
[PR]

by yskfm | 2010-03-24 12:33 | 第二部、今生 | Comments(0)

人生という道

多くの人はね、

今一本の太い道を歩んでおります。

ただ、その先は霧か黄砂で道の先が見通せない。

そんな状態ではないかと思います。


ちょっと、道を変えてみようとか、

違った道を探してみようとか考えましても、

何も見えてこない。


それはね、誰だってそうなのですね。

ですからおっさんは本を読むことをお勧めしているのですね。

スキルの備わる本。

それはどんなに薄い本でも良いのです。

何とか入門、とか、

おサルにもできるなんちゃら、とか、

はじめての、ふにゃらら、とか、

そういった本を何でも良いから読んでみるのです。


一日10ページ。

それを一ヶ月、30日続けましたら300ページ読めるじゃあないですか。

300ページと言いますと、ぶっちょい本一冊ですよ。

何もあわてる必要もないのです。


で、その一冊分のスキルが身に備わりましたらね、

今歩いております太い道の横っちょに細い一本の道が現れますでしょう。

人生の選択肢がそれだけ増えたということになりませんか?


で、それを何度か続けるのです。

また、スキル本を読んで、

同じ分野のスキル本を読みましたら、細い道は少し太くなりますでしょうし、

違う分野のスキル本でしたら、また細い道が一本現れます。

そうしますとね、どんどん可能性が広がって来るのです。

今、どの道を進むべきか考えあぐねておりましても、

道が増え、広がるにつれて次第に進む方向もはっきりと認識できて来るようになりますでしょう。


一年、

毎日10ページずつ読み続けて12冊分のスキルが身に備わりましたら、

それはもうその分野のエキスパートですよ。

これとこれをこう組み合わせてこうやったら大儲けできるぞ、

なんてことも勝手に閃いて来るようになるのではないっすか?


まあ、殆どの日本人はストレスやら鬱々でその意欲も生じないかも知れませんけど、

そういった人はまず自らの生き方を省みて、中道に戻すこと、

良質な食事や時間、それと充分な睡眠を取ることでしょうね。
[PR]

by yskfm | 2010-03-23 09:54 | 第二部、未来 | Comments(0)

勉強嫌いの勉強法

学校でのテストなんてものはね、

ある程度の前向きな姿勢がありまして、

勉強にある程度の時間を費やしましたら、

ある程度は幾らでも高得点が取れるものでございます。


授業を全く聞かず、それでもテスト前に3時間程度で教科書ガイドを丸暗記する、

そのおっさんの勉強法でも当時はかなりの高得点を取っておりました。

(地理や歴史は暗記する時間がなくて捨てておりました。うわぁ)

ただ、短期記憶ですからテストが終わりますと頭からすっかり記憶が消えてなくなるのですけど。


それでもね、おっさんがおバカな頃にはそれが分からなかった。

毎回、40点取れるか取れないかの境界線をさまよっておりました。

そんな小学生の頃、

一冊の問題集がありましてね、

テスト形式になったその問題集をおっさんは最初の1ページだけ遊び感覚で解いてみたのです。

自分で答え合わせをしまして、丸を付けました。

30点ほどでしたでしょうか。


それから何日か経ちまして、

おっさんはふと思い出してまたその問題集の最初の1ページをやってみたのです。

そうしますとね、嬉しいことに70点台なんです。

そりゃあそうなんです。

自分で答えあわせをしたのですから、答えだってある程度は覚えている。


で、また何日かしまして、またその問題をやってみた。

そうしましたら、今度は90点取れたのですね。

まあ、百点じゃあないところが、おっさんのおバカの所以なのですけど、


でもね、これがあれですよ。

本番のテストで同じ問題がでましたらおっさんは必ず90%は解けるのですね。

それだけ力が付いているのです。


あの頃、おっさんはその問題集の1ページ目しか手を付けませんでしたけどね、

これがもし、全てのページを遣り遂げておりましたら、

どんなにおっさんは賢くなっておりましたことか知れませんね。


ですからね、勉強嫌いの学生さんもそのようなお勉強の方法はどうかな、と思うのです。

絶対に良いと思うのですね。
[PR]

by yskfm | 2010-03-23 09:08 | 第二部、今生 | Comments(0)

春模様


a0040949_16415417.jpg


こぶしは満開です。

a0040949_1642941.jpg


桜も咲き始めたとか。。。
[PR]

by yskfm | 2010-03-22 16:43 | 第二部、大地 | Comments(0)

守護霊はん その2

ただの石ころのようにしか見えないダイヤモンドの鉱石と、

美味しそうな一皿のカレーライス。

守護霊はんは常に私たちにその選択を求めているのですね。

そうして今も常にその二つの選択を私たちの前に提示して下さっているのです。


今、何をするのか。

鉱石を磨くのか、カレーの皿に手を伸ばすのか。

おっさんはいつもカレーの皿に手を伸ばしていたのではないかと思うのです。(笑)

だからね、ずっと上手く行かなかった。


と、いうことはね、

これはもう勇気を持って選択を変えてみるしかないのですね。

カレーばかり食べて今まで駄目だったのだから、

今度は鉱石を選ぶしかない。

一瞬一瞬を、常に今までしたことのない選択をするように変えて行くしかない。


そうして全ての選択が今まで向いていたのとはまた異なる方向で選択できるようになった時、

それは当然人は変わりますでしょうね。

変わらいでかい、って思いますね。


おっさんは思うのです。

もう守護霊はんには甘えても無駄。ってね。

だってね、彼は天使なのですから。

悪魔ではなくて、天使なのです。

楽をしたい、良い思いをしたいと考えるあなたに鞭打つ天使なのです。

拾ったお金を決してあなたに自由にはさせない天使なのです。

使っちゃいなよ、という悪魔のささやきを妨害して押し付けがましく正論を申し述べる、

あの羽をつけた純白の天使なんです。


もうこれは甘えさせて下さるはずがないのですね。


でもね、私たちはさらに守護霊はんに鞭打てるようにならなくてはいけませんね。

守護霊はんに取りましてはそれがどんなに幸せなことか、

まあ、私たちに取りましては困ったことなんですけどね。
[PR]

by yskfm | 2010-03-21 15:53 | 第二部、未来 | Comments(0)

今日のテポドン

なんて、タイトルを思いっきりパクってみましたけれども、

今日は、業を解く鍵ということをお話させて戴きたいと思います。

のだのだ。


さて、業とは、どのようなものでありましたでしょうか?

そうですね。憎しみや呪いが連鎖して生じる中に、

業は姿を現すのでしたよね。


カルマ、と言います言葉にはね、

グルグル回るという意味があるそうなのですね。

グルグル回り廻って憎しみが発した者に戻って来る。

そういったものが業の本質であるのですね。


この業を解く鍵は、

ですから相互理解と赦し合うことなんです。

互いに相手の立場に立って客観的に考え、理解して赦し合う。

それしか業を解く方法はないのですね。

まあ、そこに人が業を積み重ね続ける由があるのですけど、


テポドンを発射すればそれが国際感情や経済制裁となって自分たちに返って来る。

経済制裁を強化すれば強化するだけ北朝鮮はテポドンや核の脅威を見せ付けて来る。

北朝鮮の業は、さらに深い深いところにあるのでしょう。


業って、そういうものですよ。

それが今生でどのような現れ方をしたか、を考えますと、

恐いものです。
[PR]

by yskfm | 2010-03-21 08:26 | 第二部、神理 | Comments(0)

おっさん的生き方の進め!

いえ、薦め、ではなくて、進め!なんです。

いえ、笑うところです。

ここで笑わないともう笑うところはありませんです。

くにおちゃん!

ゆきおちゃん!!

いえ、ただの勢いです。


この世界、決してしなくてはいけないということはありませんね。

したいことはすれば良いし、したくないことはしなくても良いのです。

前向きに、自分で決めたことならすれば良いし、

押し付けられて嫌々のことなら、別にしなくても構わない。

ただ、それで不利益を蒙ることはありますでしょうけど、

それは反作用が自分に返って来るだけで、

ご自身がしなくても誰かが代わりにして下さる。

まあ、自分で決めたことは意地になっても遣り遂げるべきでしょうけどね。


ヒマラヤほどの消しゴムひとつ作りたいのなら作れば良いのだし、

神様はそれを止めたりはしないのです。

それだけの工場と資産があればのお話ですけど。


好きな生き方をして楽しく生きるのも人生、

人の敷いたレールの上をロボットになって人の言いなりに動き続けるも人生、

ただ、信念と行動が伴っておりませんと、

あなたの中の光の主は、あなたにこうささやき続けますでしょう。

「何だ、そんなものか。」

「おまえ、本当にそれで楽しいのか?」

ってね。


人が命を授けられてこの世界に生まれて来て、

さて、どのように生きるのか、

それは、おっさんはどうでも良いと思っております。

対したことじゃあないのです。

ただね、ただ、

生まれて来たからには、沢山の素晴らしいものに触れ、

沢山の素晴らしい景色を見て、

沢山の素晴らしい音楽を聴いて、

沢山の美味しいものを食べて、

沢山のことを考えて、

沢山の経験を積んで、

魂をぶくぶくぶくぶく太らせて、

おっさんは、それだけで良いと思うのです。


勿論、辛い経験も有意義なものでございましょう。

ただ、度を越えた辛さ、苦しさは反対に作用してしまうことが多いです。

勿論、それも魂を鍛え上げる糧になるのかも知れませんけど、


昔々、おっさんが生まれた頃に、

植木等という芸人さんがいらっしゃいまして、

無責任男、なんて映画に出演されておられました。

映画の中の彼の生き方は魅力ですねぇ。

現代人も考え方という点で見習うべきところがあるのではないかと思いますね。

彼のように、全てのしがらみを捨て去って、ふっ切れて生きてみる。


そんなこともおっさんはお薦めしておきたいと考えるのでございます。
[PR]

by yskfm | 2010-03-19 11:26 | 第二部、神理 | Comments(0)
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー