<   2012年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧


神の裁き

いや、正式には「神の法に基く自らの真心による裁き」なのでありまして、

決して、神が自らの子である魂を裁くことはないのですけど、


人は、地上にありましては沢山の罪を犯します。

盲目であるが故に、

地上が混乱の中にあるが故に、

気付かないうちにも、人は沢山の罪を犯します。

ですから、悔い改め、懺悔といいます慈悲が与えられているのですね。


ただ、それでも悟らないのが人なのでありまして、

反省すれど、懺悔すれど、何度でも同じ過ちを繰り返してしまいます。

それはちょっとしたことで心が曇り、視野が狭まり、

自分のことしか見えなくなって自己中心的な考え方をしてしまうからなのですね。


そして、最後の時、

臨終の際には「神の法に基く自らの真心による裁き」を受けることになります。


この裁きを恐れて逃げ回っているのが魔物でありまして、

魂が天に戻るためにはどうしてもこの裁きを受けなくてはいけないのですね。

そしてまた、この裁きがあるお陰でね、

魂はその重い罪と言う荷物を天にまで背負い込まなくても済むのです。


さて、ご自身にはその裁きを受ける覚悟がありますでしょうか。

いや、おっさんは恐いのですね。

ええかっこしておりましても、恐いもんは恐い。

旨いもんは旨いし、恐いもんは恐いんです。

やっぱりね。


でもね、

腹を括って裁きを受けますって宣言しちゃえば、心も軽くなるのですね。

全てのしがらみを振り払った潔さがそこに残るのです。

ですから、おっさんは覚悟しましたよ。


もういい。

もうわかったから、

好きにしておくれやっしゃー。

ってね。
[PR]

by yskfm | 2012-03-29 02:57 | 第二部、魂 | Comments(0)

論じます

現象界、即ちこの地上や大宇宙大自然界はね、

全てが心を伴った現われとその心から生じるエネルギーで構成された世界ですね。

その一つ一つの現われが、

その心から生じるエネルギー、つまり愛に基く役割を持って、

ただその役割を全うするために、

地上に生まれて来るのです。

ですから、愛に基かないものは役割でもなんでもないのですね。


人を愛するため、大宇宙大自然の全ての存在を愛するため、

桜だってそうでしょうし、

たとえばパソコンの部品一つ一つを取りましてもそうでしょう。

自ずと愛に基く役割を只管にこなしているのです。

ですからパソコンだって彼らが寿命を迎えない限りは正しく動作するのですし、

人間の造り上げた科学文明も彼らの愛による奉仕のもとに存在するものなのですね。


愛による行為は万物を潤し、

愛によらない行為は自らを飢えさせるのです。

愛による行為のみが貴重なものであり、

愛によらない行為は自らの学びにしかならない。


地上に降り立ち、愛の行為を実践して一生を終えるものはなんと有意義な人生であり、

地上に降り立ち、がみ合い憎しみ合い自己中心の想念行為で一生を終えるものは

なんと無意味な人生なのでしょうか。

地上で命にしがみついてどんなに永く生きたからと言いましてもね、

それは大宇宙大自然界を汚した以外は何もないのです。


与える愛が感謝となり、報恩の行為となってこの世界に満ちて行く、

それが地上の、大神霊体の中に存在する世界全ての本来あるべき姿であって、

そこに本当の神霊意識体としての幸せが生まれてくるのですね。
[PR]

by yskfm | 2012-03-26 10:34 | 第二部、魂 | Comments(0)

不思議と申しましたら

a0040949_23201549.jpg


気付かなかったのですけど、

昨年出雲大社に参拝させて戴きました時の写真ですけど、

お空にも注連縄があるのですね。


明神様がやっていらっしゃるのか、

はたまたそうではない何らかの意識がやっているのかは分かりませんけど、

パワースポットと言われる所以ですね。
[PR]

by yskfm | 2012-03-22 23:24 | 第二部、大地 | Comments(0)

追加の七不思議

いや、あのですね、

一つ前の記事で「おっさんの七不思議」とか言いながら、

3つしか出していなかったのですね。

まあ、7つもないのですけど、不思議なことが色々とおっさんの人生の中におますので、

書いておこうかと思うのです。


それでね、4つめが、光の玉ですね。

朝に金色の光の玉2個、時折に銀色が1個、オレンジが1個、

毎日のように飛んで参りますわけでございます。

多い日には4個、少ない日には2個

いえ、オーヴではないのですよ。

光の粒子のようなものなんです。


そんでもって5つめが、予知夢ですね。

一昨年の12月に、どこかの研究施設で米を洗浄して放射能を取り除いている夢を見ちゃったものですから、

もう大変なんです。

その翌年、つまり昨年に東日本が大震災があったわけですけど、

このブログの2010年3月3日の記事を読み返して見ますれば、、、、、、


まあ、誰でも予知夢は気付かない間にも見ているのでありましょうけど、

つくづく夢はメモって置くべきだなと思いましたです。


まあ、おっさんの不思議はそんなところでね、この5つなんですけど、

どうしても数を合わせるとしますと、

おっさんの部屋には寝具がないと言いますことと、

滅多に米を食さない、と言いますこと、

それでまあ、7つかいなぁ。と思うわけでございます。


世の中的に見ますと変わった人間なのでしょうけどね、

まあ、こんな変わったおっさんが一人おりましてもよろしやんか、

そんな風に考えるのでございますよん。
[PR]

by yskfm | 2012-03-22 17:18 | 第二部、今生 | Comments(0)

手相

おっさん七不思議、ってなものがございます。

いや、七つもないのですけど、

一つにおっさんが究極の晴れ男だと言いますことと

二つ目が、手に仏眼紋があるのですね。

いつの頃にできたものかは分からないのですけど、気付いた時にはできていたのです。

そんでもって、三つ目が神秘十字ですね。

これを持っておりますと神様から護られているのだそうで、

スピリチュアルなことに深くのめり込むのだそうでございまして。

これもね、いつの頃からかでき始めましてね、

一個、二個、三個と増え始めまして、

手のひらの真ん中に横一直線に三つ子の神秘十字があったりします。


いや、あのね、最初はなかったのですよ。

でもね、神霊との対話を重ねておりましたら、

できてくるのでしょうね。

まあ、護られているという実感はありませんけど、

いや、それよりも厳しく厳しく導かれておりますようにも感じますけど、


その一直線上にスタアのようなものがあったり、

形の崩れた大きなゴボウセイのようなものが見受けられたり、

いや、牛蒡星ではないのです。

星の形ですね。

それもね、恐らく神霊との対話を重ねることで現れてきたのではないかと思うのです。


いや、それを持っている人は宝くじに当たりやすいということでしたら大喜びなんですけどねぇ、

別段何もないどころか、

しゅごれに無碍に扱われておりますような感じさえして参ります。


どういうこっちゃ、これは

ですね。

或いは、ひょっとしたら悪魔の紋章なんではないかなって考えてしまいますね。


まあ、手相で人生が決まるわけでもなく、

おさんはこれからも自由奔放に生きて行くわけでありますけど、


素麺でもゆがくかな。

あはは
[PR]

by yskfm | 2012-03-21 11:20 | 第二部、今生 | Comments(0)

ある捉われ

今日一日をどのように生きるべきか、或いは

これからどの方向に向かって歩を進めるべきか、

神でさえ、守護霊でさえ、あなたにそれを求めてはいないのですね。

自分自身の好きなように、好きな方へ行けばいいのです。


どのような行動に出るか、

どのような想念を持たなくてはいけないのか、

そんな心配で心を捉われることなくね、

ただ反省と、愛と感謝の調和の中に、

ある意味覚悟を持って日々を楽しく過ごして欲しい、

と神霊も守護霊も魂の仲間たちも願っていて下さっておられますでしょう。


捉われすぎる余りに心の自由度が失われてしまう。

それもまた、愚かなことではありませんでしょうか。


あなたがどのように今日一日を生きようとそれは構わないのです。

ただね、就寝前には心を調和させ、内なる神との対話を行う、

内観を行うことで、

守護霊様も必要な時には導いて下さるようになりますでしょう。

但しね、彼らはそんなに必要でない時は導いては下さらない。


そしてまた、執着が多ければ多いだけ、

心の安らぎが失われ、神霊との対話が困難になるのだと、

それだけは心しておかれますことでしょうね。
[PR]

by yskfm | 2012-03-19 18:59 | 第二部、神理 | Comments(0)

孤独死、本質のすり替え

何故、孤独死、孤立死という表現を使うのか。

それは問題の本質のすり替えではないのか、とおっさんは感じるのです。


あのね、

死亡の要因

・病気による急死(慢性の病気が悪化したものを除く)

・病気による死亡(助かる見込みがなかった場合)

・病気による死亡(助かる見込みがあった場合)

・餓死による死亡

・凍死による死亡

・事故による死亡(救助を期待できなかった場合)

・事故にる死亡(救助を期待できた場合)

・自殺による死亡(止む無き理由がなかった場合)

・自殺による死亡(止む無き理由があった場合)

・殺人による死亡

・寿命による死亡(延命措置が期待できなかった場合)

・寿命による死亡(延命措置が期待できた場合)

とね、凡そこれだけなんです。

勿論、その一つ一つに対して、経済的な理由の有無は判断されるべきだとは思いますけど、

それぞれによりまして問題の所在も異なって参りますでしょう。

責任の所在だって違って参ります。


これをね、十把ひとからげに孤独死、或いは孤立死としてしまいますと、

問題の本質は見えなくなります。

いいですか?

一人で死んで行くことには何の問題もないのですよ。

それを孤独死・孤立死のような表現に変えて、いかにも一人で死んでいたことが問題のように、

最近のマスコミさんは報道しますでしょ。

それはね、問題の本質を覆い隠そうとする悪ですよ。


偏差値の高い大学を出てこの程度の仕分けしかできない。

政治家も、マスコミもこの程度なんです。

嘆かわしくなりますよ。全く。
[PR]

by yskfm | 2012-03-18 14:42 | 第二部、大地 | Comments(0)

かみさまのいうとおり

運気の十二年周期説を確信を持って唱えておりますおっさんです。

いや、この件の詳しいことは過去の記事をご参照下さいませ。

いや、それでね

十二年でおさんはかなりの能力を備え、またかなりの知識を養いました。

その前の十二年もそうなのですけど、

それは洗い出して整理整頓してみなくては幾つあるのかは分からないのですけど、

少なくとも十二年一周期に10以上のスキルは身につけているんです。


癒しのスキル

言霊のスキル

パソコンのスキル

プログラミングのスキル

神霊と繋がるスキル

断食のスキル

言葉を紡ぎ出すスキル

祝詞を奏上するスキル

人間関係のスキル

神理のスキル

人を読み解くスキル

魂の想いを読み解くスキル

物事の本質を見抜くスキル

えとせとらえとせとらえとせとら♪


これらのどれをとりましても「魔法」としか言いようのないものばかりですし、

おっさん、魔法を使えるっちゃあ使えるんです。


でもね、おっさん自分のことだけは今以てどうすることもできない。

難しい問題です。

人間はね、

恐らく自分のことは人に面倒を見てもらい

人のことは面倒を見てあげる

という生き物なんです。

だって、神様の子供なんですから、そうなのですね。

それ故に友達がいて、結婚と言うものがあって、親兄弟がいるのですもの。


ただ、おっさんは業が深い。

業因縁がやたらに深く、複雑に絡み合っているのですね。

それはね、今生だけではとてもとても解け切れるもんではないのです。

おさんは感じているのですよ。

無理して業因縁を解こうとすれば更に新しい業因縁を生んでしまうのですね。

だからね

無理しても仕方ない。

欲に執着して、無理して欲を叶えたって仕方ない。

欲を離れ、自然と来世にでも、

或いは来来世にでも、自然な形で望みが叶うように、


かみさまのいうとおり。


そうあるべきじゃないかなってね。

ひしひしとかんじているんです。

はいな。
[PR]

by yskfm | 2012-03-17 12:54 | 第二部、今生 | Comments(0)

真剣に生きる

皆様は、人生を真剣に生きていますか?


真剣に生きる。

それは本当に難しいことでありますように思います。

おっさんも真剣に真剣に生きようとしたことが、

幾度かありました。

その度に挫けさせられるのですね。

挫けざるを得ない状況に陥っていくのですね。


でもね、でもですよ。

少なくとも如来様は真剣に生きているんです。


いや、甘えが許されないと言うことではないのです。

真剣に生きることができる人はそのように生きればいいのですし、

喜びを求め豊かさを追い求め安らぎを追い求め自由を追い求めて生きたい人はそのように生きればいいのです。

それはね、その人の段階、段階で、

或いは課題や学びの内容で様々でしょう。

人生色々ですね。


でもね、それではやはり悔いが残るのですね。

一日一日を真剣に生きる。

おっさんももう少ししましたらまた真剣に生きてみようかと思います。

桜が咲いて、散ってからですね。


たまにはそんなことも良いのではないかなと思うのです。
[PR]

by yskfm | 2012-03-15 22:06 | 第二部、今生 | Comments(0)

関東大震災に想う

今日は関東大震災後一年ということでテレビではその話題ばかり報じられておりました。

似たようなことばかり繰り返し繰り返し、、、

まあ、災害の情報を今後に役立てると云いますことでは価値のあることなのかも知れませんけど、

でもね、でもですよ、

人がどんなに祈ろうとも、願おうとも、

今のままではまた同じような震災は生じますでしょう。

人の視点が今のように低いところに在り続けるなら、

繰り返し、繰り返し、ですよ。


神霊の法の中にはね、

求めるものは与えられる、

と云いますような法則がございます。

世が乱れれば災害も増えて参ります。

もっと分かり易く申しましたら、

自殺者が多ければそれだけ災害も多いのです。


人はそれを神の怒りと考えますけど、

いえ、違うのですよ。

気付いて、世の乱れを修復しない限り、

自殺者の数を減らそうとしない限り、

気付いて差し上げない限り、

自然界は何度でも牙をむきますでしょう。


少し深い道理に気付くことができましたら、

その因果関係は分かりますよ。

手に取るようにね、ああ、こうだったんだなって、理解できますよ。


そしてもっと酷くなるようでしたら富士山だって噴火しますし、

天変地異だって生じますでしょう。


神の怒りにふれ、アトランティスのようにね。
[PR]

by yskfm | 2012-03-11 22:05 | 第二部、大地 | Comments(4)
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31