二つの方向性

さて皆さん

今日から通常国会も始まりまして

東京都知事選も始めっておりまして

原発を廃止に向かわせるのか

はたまた原発を主要電力源として位置付けるのか

等々様々な主張がなされております。

小泉氏もこの都知事選を原発選挙であると

都民を洗脳しにかかっているようですけれども

少なくともそれは小泉氏が決めることではありませんね。

有権者がそれぞれに何を重点に置くかを決めるべきであるように思います。

私はね、

原発などなくても日本の企業家たちは

電力事業が自由化されましたら幾らでも電力事業を立ち上げますでしょう。

そうして、その電力を買い取って安定的に電力を供給する再販事業者も生じて参りますでしょう。

そう思うのですね。

勿論それは、今までの電力料金よりも遙かに安くなりますでしょう。

そうすれば今までの政府公認の電力会社も原発も必要ではなくなる。

でも自民党は決してそのような自由化は行いませんし目もくれないのでしょうね。


さて、表題を、「二つの方向性」と書かせて戴きましたけれども、

皆様にもちょっと考えて戴きたいのです。


平和憲法による非武装が平和に繋がるのか、

憲法9条改正による武装化が平和に繋がるのか。


企業の正規社員の雇用が景気に繋がるのか、

派遣制度による企業の負担削減が景気に繋がるのか。


ワークシェアリング等で多くの人材に雇用のチャンスを与えることが良いのか、

借金して公共事業を行い企業にお金を回すのが良いのか。


無農薬、無添加食品が安全なのか、

毒性のある消毒剤・漂白剤で野菜を洗い残留させた食品、

人工的に色付けし、粘りを与え見栄えや食感を良くした食品、

PHを調整し、腐り難くするためにやたらとビタミンを添加した食品が安全なのか。


個々人の自由意志を尊重するべきなのか、

政府を愛せと言う愛国心の強要が日本の為になるのか。


心と言った理性の育成が豊かな社会を生み出すのか、

ゆとり教育か詰め込み教育・英語をマスターさせる教育が豊かな社会を生み出すのか。


更には、個人の責任の範囲である信仰差別と、

個人の責任の範疇ではない特定分野における能力差別のどちらが正しいのか。


神理に基づいた調和主義が明るい未来を生み出すのか、

格差が当然である資本主義が明るい未来を生み出すのか。


私は前者が正論であるように思うのですが、

自民党は後者が正論であると主張しますでしょう。


私はそれを強要する積りはありません。

でも自民党は数による権力を以て後者を強引に押し付けて参りますでしょう。


方法論は幾らでもあります。

ですが自民党にはたった一つの方法論しか見えていないように思います。

所謂ところの猪突猛進ですね。

まあ、他の政党や政治家も同じくなのでしょうけれども、


あのね、

皆様におかれましては、是非充分な思慮分別を行って下さいまして、

洗脳や他人の受け売りではなくご自身の考え方を確立して下さいましたらと思うのです。

そうすることで少しでも日本を変える可能性が生じて参ります。

日本を闇や危機から救う可能性が生じてくるのです。


[PR]

# by yskfm | 2014-01-24 23:23 | 第二部、大地 | Comments(0)

畏怖するということ

畏怖するということ

神に対してかしこみ怖れるということ

これは決して怖がらせるのではありませんね。

威厳と力量を感じるということなんです。

威厳を示し怖がらせて押し付けたりするのではなくてね、

護られる、という安堵感なんです。


たとえば世の中には力量があってかなくてか、

やたらと威厳を示したがる輩がおりますね。

どこぞの大企業のお偉いさんなどは特にそうではないかと思いますけど、

組織を離れてまで威厳を示そうとするのは只の乱暴で恥ずかしい人ですね。

あはははは


乗った積りの大舟の怖ろしさかな


一方的に与えられ威厳を示し怖がらせる。

その怖ろしさは心に抑圧と歪みを生じます。

でも創造神の畏怖とはそれとは全く別物なんですね。

それは与えられるのではなくて自ら感じる怖れであって、

怖れるからその力強さに安堵し、尊敬し、崇拝するのです。

護られていることを実感するのです。


おさんはそのように思いますね。


[PR]

# by yskfm | 2014-01-20 09:01 | 第二部、神理 | Comments(0)

心行

今ここに心行というものがございます。

故、高橋信次先生の残して下さいました神理正法の結晶と言うべきものでありまして、

尊い尊い教えでございます。


これに日々努め想念の浄化と深き反省と神理正法の実践を積み重ねることで、

恐らく悟りへの道は拓かれるものであろうと思われます。

そしてまた、今のおさんなら充分深い理解ができるのではなかろうかと思うのです。


今、このままどうしようもない人生を死ぬまで続けるか、

えいやあと思い切り良く悟りへの道を邁進するべきか、

非常に悩み苦しむところでありますけれども、

あはははは


この心行はね、

高橋信次先生の「心の原点(三宝出版)」という書籍に掲載されているものでございます。

悟りが拓けるというだけではありませんよ。

それで心が浄化されましたら人生の様々な苦しみもなくなりますでしょうし、

心も軽くなりますでしょうし、

周りの環境さえ良くなって参ります。


まあ、金回りがどうとか、恋愛が上手くいくようになるとか、

そこまでは保障できませんけどね。


さて、どうするかなあ。。。。。。


[PR]

# by yskfm | 2014-01-16 18:30 | 第二部、神理 | Comments(0)

手相にカリスマ線はあれど、、、

おいら岬の燈台守は

妻と二人で沖行く船の

無事を祈って

灯をかざす

灯をかざす♪


という歌が大好きなおさんです。


曲がね

なんか勇気がでると言いますか、

今年はそんな年であって欲しいなと

願っちょります。


まあ最近はそんな勇気の出てきそうな歌に

とんとお目にかかれませんけれども。


今年はね

四緑木星の年

五行の木星は努力と勤勉さを現しますね。


たとえば人の性格もそうなんです。

火星は情熱

土星は理性、慈しみ

金星は実行力

水星は知性

ですからそれぞれのエレメントによって

生き方や価値観が違ってくるのは当然なんです。

年の五行もそうですけれども、

月の五行、日の五行、時刻の五行、、、

西洋占星術だって同じでしょうし、

九星のそれぞれに計り知れないほど、

覚えきれないほど細かな象意があるのですね。


それを極めれば人を見抜くことなんて簡単にできちゃう。

ああ、この人は身体のどこが弱そうだな、とか

こんな性格で、仕事もこうなって今どんな暮らしをしているか、とかね

まあそこまではおさんも全然まだまだですけどね。


おさんは情熱と、努力や勤勉さに欠けるのですね。

或いはそれは魂の性格がそんな感じだからそういったエレメントを持って

その年、その月のその日、その時刻にその五行九星の星を担って

生まれてきたのかも知れませんけどね。

あははは


[PR]

# by yskfm | 2014-01-09 09:04 | 第二部、大地 | Comments(0)

地上で生き残る運の良さ

さて皆様、

もし皆様のご家庭が十二分に裕福であらせられまして

そこに跡取りが授かりましたのよ

って時にですね、、、


その子にどのように生き残る術を教えて差し上げるか、

ってことですけどね、、、


いやー、そりゃあ大変ですよ~

何しろ地上は政治家と言う化け物のせいで既に地獄と化しているのですから、

ご子息様にはできるだけ沢山のスキルを身につけて貰いたい。


当然の成り行きでございますね。


日本語、英語、声楽、ピアノ、空手に習字、そろばん、くもん、仏語、琴、
伊語、柔道、速読、旅、プログラミング、料理、マナー、三味線、トランペット、
経済学、漢字、剣術、独語、瑞西語、ダンスに登山、経営学、心理学、
ワインに電子回路、ボディービルにアウトドア、サバイバル、食べられる野草・茸

十五歳までにはこの程度の能力は当然の如く身に備えてもらいたいものだすね。

そうすれば人生、何とでもなりますでしょう。

いや、勿論そうでしょう。

そうでなくては何の意味もないではありませんか。


でもね、

それでも失われてしまう命は失われてしまうのです。

勿論、貧乏人よりは遙かに平均的な寿命は長いでしょうけど、

若くしてその命を閉ざしてしまうおぼっちゃもいらっしゃる。

やむを得ぬ事態・その他で命を失ってしまわれる。


いや

おさんは思うのですね。

神や霊的サポーターの存在を知れば

救われる可能性は格段に上がりますでしょう。

信じる・信じないとかそんな低い次元の話ではありませんよ。

確信している

更に間違いなく存在していることを知っている。

そのレベルに於いてですよ。

神仏にまかせっきりで生きている、、、

そのレベルの話をしているのですよ。


おさんもね、

小さい頃は半信半疑でしたけど、

今はもう、

間違いなく神が存在することを疑う余地もなく確信しておりますし、

色んな意味で守護霊が動いて下さっていることも知っているんです。

おさんが呼びかけても返事さえしないくせに、

自分勝手な方法で導こうとする守護霊が間違いなく

ツーカーの仲ではないけれども一方的なストーカー的存在としてそこにあるのですよ。


でもそれは確かにそこにある。

そんでもっておさんが全てを霊的存在に任せてここまで生きて来れているのも、

何らかの神仏の意思であり、守護霊の知恵のない導き方であり、

するのです。


いやほんまにこのおさんの守護霊は

神理というものに全く触れたことのない、

スピリチュアルの欠片も感じ取れない輩でおますねんけど、

でもまあ、

今年も年を越すことができましたので良しとしましょう。


いやまあそういうことでね、

霊的な存在の認識の仕方で、

寿命は間違いなく短かったり、宿命の歳まで保障されたりするのです。

護られたり、護られなかったりするのです。

んでもって、

霊的なサポートの存在を知り、

内観することでね、

間違いなく護られる。

そういった心の在り方を教えた上で、

サバイバルだって剣術だって公文だって何だって、

余裕のある限り御子様の身に備えて差し上げますことができましたなら、

どんなに危険少なく、

どんなに世の役に立って下さいますことかと思いますね。


新年の正月2日に記す。


[PR]

# by yskfm | 2014-01-02 11:04 | 第二部、祝福 | Comments(0)

あけましておめでとうございます

a0040949_11593442.jpg
a0040949_11591708.jpg
a0040949_11592649.jpg
a0040949_11594343.jpg
今年も皆様方にとりまして素晴らしい年でありますようお祈り申し上げます。

ちなみに、これは「おせちもどき」でございます。

いや、つもり、ですよ、つもり、、、、、、



[PR]

# by yskfm | 2014-01-01 00:00 | 第二部、祝福 | Comments(0)

ノロウィルス

あとほんの5日ほどで年越しでございます。


ところがノロウィルスが流行しておりますそうで、

一昨日などは仕出し弁当屋の調理担当がノロウィルスに感染しており、

その弁当を食べた沢山の人がノロウィルスによる食中毒に感染して

上から下からの大騒ぎだったそうでございます。

恐ろしいですね。


困ったことにこのウィルスはどこに潜んでいるか分らない。

エスカレーターの手すり、電車のつり革、

至る所に潜んでいる可能性があるそうでございます。

外から戻りましたら手洗いは欠かせませんね。

皆様も充分にお気をつけ下さいませ。

でもって、

良い年をお迎え下さいなっしー


[PR]

# by yskfm | 2013-12-27 03:53 | 第二部、大地 | Comments(0)

電波発電器を作ろう

なんか、構想はあるみたいですね。

人工衛星に太陽発電のパネルを取り付けて電波で電力を供給する、

なんて話ですけどね、

研究段階でありまして、

結局、レーザー光線を使うことになるのかなとは思いますけど、

まあ、大分先のことになるのでしょう。


それでもね、地上を大量に飛び交っております電波からも

微弱電流は取り出せるわけでございまして、、、


子供の頃作りませんでした?

あの、ゲルマニウムラジオってやつですけど、

電池がなくてもAMラジオが受信できるのですね。

それは電波に含まれる電流を使っているからなんですね。


蛸足のような丸い平面の板に銅線を巻き付けましてね、

何重にも撒きまして、

その銅線の先にダイオードを取り付けて電波が一方向にしか流れないようにするのですね。

で、受信周波数を調整するためにバリアブルコンデンサを取り付けて、

イヤホンを取り付けて、


まあ、銅線の長さが合っておりましたら、

小さい音ながらAMラジオが聞こえる筈なんです。


そのタコの足アンテナとダイオード以外は取っ払っちゃいましてね、

そこに蓄電池を取り付ける。

プラスマイナスを逆にしちゃいましたら電流が流れるばかりで蓄電できませんから、

そこら辺は注意が必要ですけど、

それだけで微弱ながらも蓄電できるわけです。


ただまあ、余りにも微弱な電流ですから一年でどれだけ蓄電できるものかは分りませんけど、

まあ、間違いなく人力発電のほうが遙かに効率はいいでしょうけど、

理論的には可能な話でございまして、


まあ、興味のおありになられます方はやってみてちょーだい。

と思うのでございますよん。


[PR]

# by yskfm | 2013-12-19 08:31 | 第二部、未来 | Comments(0)

宿題の片付け

あ、さて、さて、

さては南京玉簾♪ってことでね、

前回宿題を残しておりまして、

いや、宿題はおっさんは反対しているのですよ。

だって仕事を家に持ち込めばかみさんの顔が曇るのと同じでね、

家にまで学校のお勉強を持ち込ませられたらたまったものじゃないんです。

間違いなくその児童の顔は曇りますですね。

それにね、以前も書きましたけど嫌な思い出もありますし、、、


辞書もないのにどうやって漢字の宿題を終えろと言うのか、、、

教師は夏休みさえ生徒を無限に苦しみ続けさせるつもりなのか、、、

ってね、

そこら辺はおさん、社会全体を敵に回しても、断固No!を訴え続けますよ。

もうちょっと、学ばせるべきことがあるやろ、まず心と言うものを教えて行かんとあかんやろと、

更には、英語より以前に、日本人の日本語の読解能力のなさに気付けよと、、、

おさんは言いたいのでございます。


あ、ごめんちゃい。

つい熱くなってしまいましたです。

あははは


えー、何でしたっけ、

あ、そうそう、ビスマス鉱石の結晶と五点接地法でしたですね。

前回、ちょこっと言っておりましたですけど、


ビスマス鉱石の結晶はね、

一度画像を検索して下さいましたら驚きますよ。

おさんも驚いた。

これはね、高層マンションなんかを建設する時なんかに最も強度のある構造を、

神様がお示し下さっているのではないかと思いますね。


近年、人工衛星(宇宙基地)まで届くような宇宙エレベーターの開発が試みられておりますけど、

原発同様に今の人類の科学技術では到底無理な話でありまして、

そこは地上数千キロに届くような高い建物を建設して、

その上に空港を設けて、

旅客機の行き来に加えてスペースシャトル様のものでもう一つ高度の高いステーションに到達する。

そのステーションは人工衛星(宇宙基地)と直接繋がっていて、

宇宙エレベーターで数千キロを移動する。

っていうのなら分るんです。

それに、実現可能だと思いますよ。


その、地上数千キロに空港を設ける技術、

それはこのビスマス鉱石が参考になるのではないかなと、

おさんなどは思うわけなんです。

はいな。


それから、五点接地法ですか。

これはね、神仏にお祈りをする時に正座して頭を下げますでしょ。

まあ、所謂ところの土下座の形ですけれども、


地に、足の甲つけて、手の甲をつけて、おでこをつける

これが五点接地法なんです。

イスラム教なんかでもやっておりますけど、

アラーの神様に祈る時の形ですね。

アラーの神は厳しい神様であったようですけれども、


私はね、ちなみに、

太陽系霊団の長であられます高橋信次先生はアラーの神であって荒神様だったのではないかなと思っているのですよ。

色々と一致するところがありましてね。

いや、魂の兄弟だったのかも知れませんし、

全くの誤りなのかも知れませんけどね。


あ、魂の兄弟については以前にも幾度となく詳細を書かせて戴いておりますけれども、

6人兄弟だそうですね。

本体一人に分身五人

光を分け合って存在しているようですね。

その兄弟が一人ずつ順番に転生してくる。

地上での経験を共有して学び成長するのです。


これをね、如来になれば兄弟が合体して一つの魂になる。

なんておばかなことを言う人もいるのですけど、

人格は、意識の一つ一つは合体するわけがないではありませんか。

五体の意識体が消滅してしまうわけがないではありませんか。


いや、まあそういうことでね、

手のひらを天に向ける。

これは神仏を迎え入れるかたちですね。

手のひらを下に向ける。

これは神仏を拒むかたちです。


サラリーマンなんかがよく手のひらを内側に向けて手の甲をすりすりしながらお世辞なんか言いますよね。

いや、実際には見たことはありませんけど、

これはね、手のひら、即ち本心は相手に見えないように隠しておいて、

表面上の言葉をあげつらうかたちですね。

本心を隠そうとすれば自ずとそうなりますよ。

手のひらが内側か下を向くのですね。

政治家なんか見ておりましたら分りますよ。

あははは


いやまあそんなことで、宿題は終わりということにさせて戴きますです。

ほなまあ、皆の衆もお達者で。


[PR]

# by yskfm | 2013-12-12 14:08 | 第二部、大地 | Comments(0)

高橋桂子氏講演による開運のコツ、その他諸々

えー、、、

体力は20代がピークでございます。

勿論、何歳になりましても体力を養うことは可能なのですけど、

20歳代は鍛えれば鍛えるほどに強くなるのでございまして、、、

知力も、恐らくはそうなのでしょう。

でも、ボケない限り幾らでも知識は積み重ねられる。

逆に殆どの人が歳を積み重ねるごとに学生時代の何十倍も知識の厚みが増して参ります。

テレビのクイズ番組なんかでも、大概のことは答えられるようになるのですな。


あ、ここまでが掴みですけどね、

掴みはOKなのかどうか、

あははは


ところでおさん、

去年か一昨年の年明けに高橋桂子さんの講演会に耳を傾けておりまして、

彼女のお父上は、かの高橋信次先生であり如来様の中でもそうとう高い次元の魂でありましたわけで、

彼女もまた大天使ミカエル様の化身でありますわけですけれども、

まあ、そろそろ数年経ちますので言っちゃってもいいかなと思うのですけど、

まあ、おさんがその講演会で吸収したことのネタ明かしですな。

彼女がそこで伝えようとしたたった一つのこと。

開運のコツと言いますか、


それはね、

自分目線にならない。

一人よがりにならない。

相手の立場、お客様の立場に立つ。

誰かのための支え、生きる力になる。

それが道を切り開くコツであって、

上手く行きだすし心も軽くなるのだよ、

魂の想いに宇宙が同調し始めるのだよ、導かれるのだよ、

という、

まあそれだけで半日講演をじっと聴いておりましたわけでありますけど、


全くその通りなのですね。

相手の立場に立たなきゃ、誰かの役に立たなきゃ、

自己中心であっては道は拓けない。

まあそれは充分に認識してはおるのですけれども、

人それぞれ導かれ方とか、

色んな抱えておりますものもあるわけなんですけれども、、、、、、

そこをえいやーっと心を転換させて行けと仰るのでござりまするな。


あははは


でね、

やっぱ考えますやん。

おっさんもね。

その為にはどうすればええんでっしゃろか、ってね。


たとえば朝起きて、

神仏に感謝とご挨拶を申し上げ、

今日一日を生きる覚悟と、誓いをすることがええでっしゃろか、

悔いのない一日を送らせて下さい。

収入をお与え下さい。

護りお導き下さい。

とお願いするのがよろしいでっしゃろか、

ってね。


でね、

おさんそこで不思議なことに気が付いた。

今日一日を生きる覚悟とは何だっしゃろか。

って考えておりまして、

幾つかの四字熟語が現れてきよりましたのですな。


一日一善

一日一生

一期一会

一汁一菜


あれ~

ほよ~

ほえ~


まあなんと、

でんぶ「一○一○」になっておるやおまへんか。

なんだっしゃろねぇ。

この不思議な現象。。。。。。


まあそんなわけで、

不思議な感覚に襲われたちゅう話ですな。

あ、ビスマス鉱石の結晶のこととか、

神仏への祈り方(神仏に頭を下げる)の五点接地法ちゅうのもどこかで詳しく書きたかったのでおますけど、

それはまた気が向きました時にでも書くことにしておきますです。

はいな。


[PR]

# by yskfm | 2013-12-09 22:19 | 第二部、祝福 | Comments(0)
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31