神理とは何ぞや

まあこのところ書くことも見つからないもので、

神理とは何ぞやというようなお話をさせて戴こうかしら、

と思うのでございます。


ここに、折り紙があるとします。

折り紙は真ん中で半分に折り曲げますと、向き合った辺と角が合わさります。

折り紙は半分の大きさになり、さらに新しい辺と角が現れて参ります。


人間社会にありますと、

対立し合った者同士が丁度真ん中で折り合いを付けますと意見がまとまりますね。

そうしてさらに新しい対立候補が現れて参ります。


このことから、人間社会にありましても、折り紙の科学でありましても、

同じ理論が根底にあって事象が生じておりますことが分かりますね。

この根底の絶対理論を神理と言うのです。


あ、折り紙の真ん中の折り曲げた線は中道ですね。


光に近づくと明るくなり、光から遠ざかれば暗くなる。

上昇するためにはエネルギーが必要であり、エネルギーがなくても下降できる。

高く上れば視野が広がり、低く下がれば視野が狭まる。

自らに終始すれば心は暗くなり人生は閉ざされ、

人のために生きれば心は軽く明るくなり、人生は開けて来る。

あ、最後のものはテコの原理ですね。


哲学や心の世界のみならず、科学にも人間関係にも、

全ての事象にこのような共通した理論が存在するのですね。

それを神理と言うのですね。


さて、この世界は、魂の世界とは異なりまして、その神理が現象となって現れているのですね。

ですからやはり、この世界は、身を以て神理を体験し学ぶ場所であるのでしょうね。
[PR]

by yskfm | 2010-02-25 08:54 | 第二部、神理
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30