おっさんと守護霊はん

おっさんと、おっさんの守護霊はんとの関係は、微妙でございます。

喩えて言いますなら、おっさんが仮免中のドライバーで、守護霊はんが教員ですな。

極めてできの悪い、性格の悪い、神理といったものにはとんと無縁の守護霊はんでおます。

いえ、そう感じているだけで、実は極めて優秀な守護霊はんなのかもしれないのですけど、


例えばね、もうガソリンがない。

次のスタンドでは必ず給油しなくてはいけないな、と考えておりますしても、

守護霊はんは給油させて下さらない。

強制的にアクセルを踏むのですな。


広くて真っ直ぐな道がずっと続いておりますのに、

守護霊はんは突然、強制的にハンドルをきって細い山道に登らせたりするわけです。


おっさんの思惑と守護霊はんの思惑がことごとく異なるのですな。

そうして最終的におっさんが歩む人生は、おっさんが望んだものではなくて、

守護霊はんが望む人生を選んでいるのです。


これはもうおっさんの人生なのか、守護霊はんの人生なのか、分からない。


例えば、ご縁がおますな。

時折に人生相談などでメールを下さる方がおられます。

これはね、私が見ております限り、百パーセント守護霊様が手配して下さったご縁なんです。

その方にとって必要なご縁であったり、

おっさんにとって必要なご縁であったり、

だから、おっさんが手を抜いてメールの返事をしようものなら、

その日の夜、守護霊はんが夢に現れておっさんをコケにするのですな。

んでもって、守護霊はんがその尻ぬぐいをするために飛んで行って下さるのですけど、


でもね、おっさんは思うのですね。

これみんな、守護霊はん方が霊界からサポートとしてするべきお仕事なのではおまへんか?

ってね。

人の心の弱さもあるかも知れないのですけど、

守護霊はん方の、霊界のサポートがもっと正しく的確でありましたら、

少なくとも今のような厳しい社会にはなっていなかったはずなのです。

ですからね、おっさんは守護霊はんがおっさんに対してするのと同じように、

おっさんも守護霊はんをコケにするのですな。


お互いにね、未熟なんですから。

守護霊はんといいましても未熟なのですから、

コケにし合っても良いかなと、おっさんは思うのです。

そうして、少しくらいはおっさんの希望や意見が尊重されても良いのではないかな、

と、おっさんは思うのです。

だってね、今生はおっさんの人生なのですから。
[PR]

by yskfm | 2010-03-02 19:39 | 第二部、今生
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30