今日のテポドン

なんて、タイトルを思いっきりパクってみましたけれども、

今日は、業を解く鍵ということをお話させて戴きたいと思います。

のだのだ。


さて、業とは、どのようなものでありましたでしょうか?

そうですね。憎しみや呪いが連鎖して生じる中に、

業は姿を現すのでしたよね。


カルマ、と言います言葉にはね、

グルグル回るという意味があるそうなのですね。

グルグル回り廻って憎しみが発した者に戻って来る。

そういったものが業の本質であるのですね。


この業を解く鍵は、

ですから相互理解と赦し合うことなんです。

互いに相手の立場に立って客観的に考え、理解して赦し合う。

それしか業を解く方法はないのですね。

まあ、そこに人が業を積み重ね続ける由があるのですけど、


テポドンを発射すればそれが国際感情や経済制裁となって自分たちに返って来る。

経済制裁を強化すれば強化するだけ北朝鮮はテポドンや核の脅威を見せ付けて来る。

北朝鮮の業は、さらに深い深いところにあるのでしょう。


業って、そういうものですよ。

それが今生でどのような現れ方をしたか、を考えますと、

恐いものです。
[PR]

by yskfm | 2010-03-21 08:26 | 第二部、神理
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30