魂の四季

魂にも四季はありますね。

実在界(霊界)でただボケーっとしているわけではないのですね。


今、この地上にあります時が夏なんです。

そして実在界に戻りますと、そこからは秋ですね。

刈り入れの時です。

地上におりました時のことを充分に省みて検証し、

良い芽は刈り入れ、悪い芽は取り除かなくてはいけませんから。


そうしてそこから暫く冬の学びの期間に入りますね。

実在界にありましても、私たちは成長しなくてはいけないのです。


産まれて参ります前は春ですね。

計画を立て、約束を交わし、色々なことをお願いして、

期待に胸躍らせて産まれて来る準備をする期間ですね。


春、夏、秋、冬、と過ごしまして、

それぞれの季節が80年ずつ、320年程過ぎますと、

今度は魂の兄弟にバトンタッチするのです。

魂の本体1体と分身5体、

それぞれ全て意識を共有する自分自身なのですけど、

今度は客観的な視点で兄弟の地上での修行を見守りながら四季を過ごすのですね。


そうして6体の転生が全て一巡しますのが、凡そ2千年。

いえ、これは順調に行ってですね。


車のタイヤはね、地上を支えている部分とそうでない部分がありますよね。

水の粒子も水面と水中を循環しております。

惑星だって、衛星だってそうですね。

光の中と闇をくるくる公転と自転を繰り返しているのです。

そうやって万物は存在しているのですね。

勿論、人の魂も、光と闇を循環しておりませんと存在まで危ぶまれます。

それが大宇宙大神霊の大自然の法則なのですね。


中には誰かさんに騙されて、

「悟りを開いて如来になれば転生しなくても良い」

なんてことを信じていらっしゃる方も多いように思いますけど、

そうではなくてね、如来様でもやはり大自然の法を無視することはできませんからね、

やはり光の世界と闇の世界をくるくるくるくる、行ったり来たりするのです。

そうやって全ての存在が魂の四季を過ごすのですね。
[PR]

by yskfm | 2010-05-21 11:19 | 第二部、魂
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30