間違いなく生きる

間違いなく生きる、なんことは極めて難しいことでございます。

生身の人間にそんなことができるはずはないのです。

そんなことをしておりましたら、恐らくその人は、

日々大量の涙を流しながら懺悔を重ね、

日々寝る時間も取らずに動き続け、悩み続け、

日々命の危険と隣り合わせで痩せ細りますでしょう。


でもね、それをしようとした人がいたのです。

それがつまりお釈迦様であり、キリスト様なんです。

如来とはつまり、間違いなく生きようとした結果なんだと思います。

そうして、それが如来になって始めて叶うのですね。


正法に基き正しく生きる者、これを正法者と言います。

正法者になるためには、まず悟りを拓いて如来にならなくてはいけません。

ですからおっさんは、正法者見習いなんです。

正しく生きることを目的に生きておりますまだ駆け出しの、

罪ばかり、過ちばかり重ねております人間でございます。


未熟なものが完璧を目指そうとする、まずそこに間違いがあるのです。

ただ、正しい方向にしっかりと目標を定め、

間違ってもいいから力強く、

また間違いを学びとして生きて行く、

その心構えがね、現時点では大切なんです。


人生の目的のトップにお金儲けが上がるようですと、まず難しいでしょう。

何度も何度も書きましたけど、

自我我欲、自分本位、自己保存を捨てるつもりにならなくては難しいのです。

ですから勇気だって要るのですね。

「こわいこわい」

それでも勇気を振り絞って、

それが人間と言うものではないかと思います。

そしてまた、以前にも書かせて戴きましたけど、

正しい信仰と神への義が人をしっかりと大地に立たせて下さるのです。


正しい信仰とは、

間違っても宗教団体に入って他力本願で祈ることではありませんよ。

神への義とは、

決して宗教団体に一人でも多くの人を勧誘することではありませんよ。

正しい信仰には愛と慈悲が伴い、

正しい義には感謝と報恩が伴います。

そうしてそこから勇気が生まれ、人生における客観的な行動指針も見えて来るのですね。


この意味を深く理解して下さる人がおられますことを

おっさんは祈るばかりでございます。
[PR]

by yskfm | 2010-08-28 17:26 | 第二部、神理
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30