ひさしぶりー

昨夜はノブナガというCBC放送のテレビ番組を何の気なしに眺めておりまして、

それから4時頃までJavaの本を解読しておりましたおっさんでございます。

眠くて眠くて、落ちるように眠りに入りましたら、

怖い夢を見てしまいましたでございます。


何か色々とありまして、

部屋中水浸しになったり、

わー、きゃー、ぎゃー、どひゃーってなって駆け込みました小さな部屋。

その部屋は真っ暗でね、大きなシャンデリアがぶら下っているのです。


シャンデリアに付いている紐を引っ張って(笑)シャンデリアを点けようとしたのですけど、

時間が掛かるのですね。

すぐに明るくはならないのです。

暫く経ちますと次第に明るくなって参りましてその部屋を眺めますとね、

小さな光の玉が沢山付いたシャンデリアがぽーっと光を放っておりまして、

そこに沢山の仏像があるんです。

気味の悪い部屋だなあ、と思いながら眺めておったのですけど、

次の瞬間、仏像が次々に声を掛けて来たのですよ。


「ひさしぶりー」、「ひさしぶりー」、「ひさしぶりー」

その声ってのがとても暖かくてね、安心できる声なんです。

残念なことにおっさんはそこで目覚めてしまったのですけどね。


この家はおっさんの夢に始めて現われた家ですね。

今まで現われた家は、たとえば白い小さな坂の途中にあって、

コの字形の大きな家がありましたね。

和室がコの字形に繋がっているんです。

で、地下にも同じようなコの字形の部屋があって、

おっさんはその地下を散らかし放題にしてしまった経緯があるのです。

それ以降、おっさんはその部屋には足を運んでいないのですけど、


他には、庭が温室のようなガラス張りになっていましてね、

そこに蒸気機関車が頭を突っ込んでいるんです。

そこから線路がずうっと延びてましてね、

たしか、大きな柱時計があったと記憶しております。


あとひとつは、小さな家ですね。

その前に石仏が5体並んでいるのですね。


おっさんは夢の中で色んな家を移り住んでいるのですね。
[PR]

by yskfm | 2010-09-04 10:45 | 第二部、夢
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30