経営力

おっさん、思うのですけど、

たとえばどこかの会社の社長さんなんかが、

「経営力」なんて御本を出版されていらっしゃる。

巨大IT企業の社長さんも、経営力を養うセミナーなんてものを始めちゃったり、


でもね、彼らには決して経営力なんてものはないのです。

経営に成功しているのは、ただ単に図々しいから、

それだけなんです。


パソコンが時々遅くなる。

晴れ時々雨ではないのですけど、

うんともすんとも言わない♪ 状態になる。

おっさんはそれを何でか調べたのです。

そうしますとね、

たとえばどこかの有名サイトからプログラムをダウンロードしますでしょ?

そうしましたら、タスクの中に「プログラムを最新の状態に保って下さい」

なんて書かれたプログラムが自動実行されるようにセッティングされてしまっているのですね。

パソコンの所有者がそれを望まなくても、

彼らはそれをさも「おもちゃ」か自分の持ち物のように、

強制的にシステムを書き換え、自社のプログラムを強制的に最新の状態に保たせようとする。

その余りにも図々しく強引なやり方が経営を成功させているだけなんです。


このタスクを削除してどうなるものか。

消せば分かるさ、ってんでおっさんはそのタスクを全部消してみたことがあるのです。

どうにもなりませんでしたよ。

セキュリティーソフトも自動で動かないようにして、

自動更新も止めて、

そうしましたら、うんともすんとも言わなくなるようなことはなくなりました。


それがね、普通の状態なんです。

それが本来のパソコンの在り方なんです。

全てのプログラムはその所有者の命令によって開始される。

そうでなくてはいけないのです。

決して、

自社のプログラムをインストールした以上は、

パソコンの使用権も自社のもの、って考えの企業に

パソコンを明け渡してしまってはいけないのですね。

それを間違ってしまいますと、

ロボットが人間に反逆するようなことにもなってしまうのです。


しかも、そういった悪質なプログラムは殆どが重いのです。

今の時代だからメモリー2ギガは積んでいるだろうって勝手な思い込みで、

彼らは色んな機能を付加した贅沢なプログラムをバックグラウンドで走らせるのです。

全く、そんなことされちゃあメモリー512メガ程度のおっさんのパソコンは

たまったものではないのですね。


それが真摯で誠実な商いの姿なのか、傲慢で図々しい故なのか、

それはもう考えるまでもないとおっさんは感じるのでございます。


あーめん。
[PR]

by yskfm | 2010-09-10 09:54 | 第二部、大地
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30