業徳寺

一つの事象について考えてみる。

決して感情優先ではなく、

頭で考えるのでもなくて、

心で考えてみる。

客観的な視点に立って、

その考えは視野が狭くないか、と疑ってみる。

神仏に「どうか全ての答えを導き出させて下さい。」と祈りながら、

自らの心の癖や相手の気持ち、取り巻く環境、過去の出来事、

全て踏まえて考えてみる。


それだけが業を徳に変え得る唯一の方法ではないかなと思います。

そしてまた、業は徳に変えやすいものだと私は考えます。

事象として、現象としてその業は今生で度々姿を現します。

頭をもたげて参ります。

だからこそ、修正もし易いのですね。

これが事象として全く現われることがありませんと、

考えることもない。

その点に於いて成長することもないのです。


ですから、業が形を現すのは良い機会なんです。

業を徳に変えるまたとはないチャンスなんです。

神様のお慈悲なんです。


心が傷ついたなどと落ち込んでいる場合ではありませんよ。

罪を背負って生きるのだと自分本位に意気込んでおりましてもいけませんよ。

前向きに自ら成長しようと努力する反面、

心は、叩きのめされて修正されて行くものでもあるのです。

叩きのめされて当たり前なんです。

天狗だって伸びすぎた鼻はいつか必ずへし折られますでしょう。


それが人生、

だからね、どんなにそれが嫌でも業を徳に変える努力、

それは将来、例えば来世にも必ず大きくなって戻って来るのですから、

チャンスを生かさない手はありませんね。
[PR]

by yskfm | 2010-10-15 13:00 | 第二部、今生
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30