死刑は必要か

その昔、ガキデカなんて漫画がありまして、

二頭身で変態的なキャラクターが「死刑!」なんてことを変なポーズで指差呼称しておりましたけど、

死刑は、どうなんでしょうか。

正しいことなんでしょうか?

死刑廃止論なんてことも叫ばれております昨今、スピリチュアルな側面からね、

ちょと考えて参りたいなと思うのですけど、


神は人を神と同じ姿に造りました。

そして神と同じように自由と想像の能力を与えて下さいました。

このことは神理の追求を進めれば進めるだけ、その通りだなと感じることができます。

人は神の分身であり、細胞であり、子供なんですね。

ですから、人もまた神であるという見方もできるのです。


神が人を裁くことはありません。

これは大自然界の法、神理が作用と反作用を生じさせるのです。

たとえば自分本位で殺人を犯した人は必ずその反作用が生じますし、

どこかで必ず清算しなくてはいけない時が参ります。

心に葛藤と苦しみが生じて心が地獄になるのですね。

その地獄から抜け出すためには深く深く反省もしなくてはいけませんでしょう。

ですから人が裁く必要はないのかも知れません。


でもね、人も神と同じように造られました神の子なのですから、

やはり神と同じように法を定めたのです。

そして、この社会の中で罪を犯すものは法で裁き、

法に基く反作用で罪を償わせるように決めたのですね。

そこには何も問題はないのです。

そしてまた、反省の心を持つものは、神と同じく大いなる慈悲の心を持って罪を軽減する。

それもまた、神の心のあらわれでありますように思います。


ただ、神は魂を抹殺する力はあってもそれはなさらない。

それ故に、人もまた、人を殺害することはできてもするべきではないのかな、

と思うのです。

平和を武力で勝ち取ることができないのと同じように、

社会の平穏を死刑で勝ち取ることもできないのですね。


ただね、大罪を犯して反省する心もないような迷惑な者は、

勿論、社会から排除するべきでしょうし、

私自身は死刑にしても構わないと思いますよ。

死刑にしても魂まで奪われてしまうわけではないのですから、

未来のない命を喪に服したところで別段問題はありませんでしょう。

それは小さな、どうでもいいことではないかと思いますよ。

学ぶための仮初の世界で、もはや学ぶこともできなくなった命なのですから。
[PR]

by yskfm | 2011-01-25 10:55 | 第二部、神理
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30