長い闘い

それは6月中旬から始まったのさ。

レンタルサーバー事業者と連絡が取れなくなって、

結局連絡は取れたけど、廃業するらしくて、

レンタルサーバーが使えなくなってしまうわけですから、

サイトのCGIの部分が全く動かなくなる、ってことなんですね。


それで、んじゃあ自宅サーバーをIISで作ってフォームの機能を代替させようかなってんで、

頑張って新しいWebサイトを作っていたのですけど、


実はね、Windows ServerというOSしかメールのエージェント機能が入っていないのですね。

おっさんのXPのOSではCGIからメールを送ることができないのです。

たとえばこれを、Apachiを導入しても同じなんですね。

CGIからメールの送信ができない。

それでメールで送らないでデータはデータベースに入れちゃえってんで、


プログラムを作ろうシリーズのVisualWebDebeloper2008

を参考に同時に10人しかアクセスできないIISサーバーを構築しようとしていたのですけど、


SQLサーバーが反応しない。

どうやっても読み取り専用ですってでちゃうのです。

で、今朝ようやくその原因が分かりまして、


いやあ、難しいもんですね。

この書籍はVistaのOSと、

VisualStudio2008

SQLサーバー2005

という環境の下で解説して下さっているのですけど、


利用可能なOSにはXPもあればVistaも7もあるのです。

VisualStudioには2005、2008、2010とあるのですし、

SQLサーバーには2005と2008とあるのです。

その組み合わせは18通りなんですね。

そしてそのひとつでもバージョンが違ってしまいましたら、

そのマニュアルの通りには行かないのです。


こまったもんですねえ。


結局、ちょと重かったので実稼動は見送ることにしましたけど、

同じようなことをしようとされていて、

同じような現象に苦しんでいる人は多いのではないかとおもいますね。


OSがXPのProfessional版の場合でしたら、

①エクスプローラのツールメニューの中のフォルダオプションですね。

表示タグをクリックして、その中の「簡易ファイルの共有を使用する」のチェックを外すのですね。

②それからエクスプローラでc:¥Inetpubの下のデータベースのテーブル関係の入ったフォルダに”コンピュータ名¥ASPNET”というユーザを作って書き込みか変更の許可を与えるでのですね。(ここはマニュアルどおりです。)

①の設定ひとつ違うだけで②のセキュリティー画面が出てこないのですね。

ややこし話でございますね。
[PR]

by yskfm | 2011-07-05 07:50 | 第二部、大地
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30