日本は、大丈夫だろうか

日本は病んでいる。

これは誰もが認識しておりますことでございましょう。

そして、多くの方が、日本はすぐに元気を取り戻す、と信じております。


でもね、この病は根が深いですよ。

この病根を治療しない限り、日本は元気にならない。

なり様がないのですね。

そして、今のままでは日本は間違いなく弱体化していく一方なんです。

おっさんははっきりとそのように断言しておきますよ。

うん。


良いですか。

日本が元気になるために必要なものは、企業と人材です。

それが二大柱でございましょう。

そして、その二大柱であるところの企業と人材が信頼し合いタッグを組んで力を合わせてこそ、

日本は幾らでも元気になれるのです。

厳しい経済情勢でありましても、何とか生き残ることができるのです。


平均株価が1万円を超えた、

いや、株価なんてものは表向きの見せかけだけの経済指標なんですね。

それは決して実力ではない。

どこかの国の、日本の情勢を何も知らない投資家たちが、

そろそろ値が上がるだろうと根拠もなく買い始めたり、

同じように、危なそうだなと根拠もなく売ったりする、

その吹く風のような実体のないものなんです。


199年代前半まではね、

日本もちゃんと企業と人が信頼関係の中に力を合わせて頑張っていた。

ところが経営者が人材の方を見ずにそっぽを向いちゃったのですね。

派遣会社の方ばかり向くようになったのです。

最低限必要な人材だけ残して、後は必要な時に派遣に頼る。

油に火を注いだのが1998の派遣法改正ですね。

橋本元首相が、誰でも派遣会社して結構ざますわよ、とのたまわれた。

派遣会社はどんどん増えて行くのですね。

そして派遣社員の上前を撥ねて懐を肥やすのですね。


そしてまた、企業は派遣のみならず、アジアからの出稼ぎ労働者も積極的に雇うようになった。

賃金が安くて済みますから。

そうやって企業は人材との信頼関係を打ち捨てて、

日本は基礎体力さえ失うことになってしまったのです。


これではね、元気になりようがない。

悪くなる一方でしょう。

増してや大震災や福島原発での被災、電力不足、、、、、、

復興が遅れるのも当たり前なんですね。


まあ、おっさんはいつまでもじっとその様子を眺めながら

時折にここで小声でぼやいておりますでしょうけどね。。。。。。
[PR]

by yskfm | 2011-07-19 08:47 | 第二部、大地
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30