強制的分け分け主義

ある方などはこんなことを仰います。


このところの不景気で主人の収入も減り、食べるものにも困るような有り様です。

義母の家に同居して暮らしていますけど、

義母は年金を沢山もらっているのに少しも出してくれずに貯め込んでいます。

なんとか義母にお金を出させる方法はないものでしょうか。


皆様はどのようにお考えになられますでしょうか?


ばあ様が御主人と長年に亘って汗水流して働き続け、今ようやく受け取っている年金、

これは紛れもないばあ様の収入ですね。

血と汗と涙の結晶ですね。

そのお金は遊びに使ってもいいし、旅行してもいい。

このばあ様が自由に使えるお金なんです。

それを遊ぶこともせずにコツコツ貯めているんです。


それをね、ばあ様の家に住まわせてもらって家賃も払わず、タダで子供の面倒までみて貰っている。

その上さらに、どの口が「金を出せ」なんて言えるのでしょうか。

毎月ね、「おかあさま、これは少ないですけど今月分のお家賃です。」

という儀式でもあるのでしたら、

おかあさま、今月は食費、生活費分としてこれだけ負担して戴けないでしょうか、

くらいのことは言えますでしょう。

そこはきちんとするべきだと思いますよ。


持っているものが金をだせばいいじゃないか、ってね

これはもっている側の理論ですね。

たとえば夕食などに義母だけ特別に何か一品付くとか、

マッサージのサービスがありーの、母の日や誕生日に色々と心のこもったプレゼントありーの、

と色々優遇されているのでしたら、

義母様もそういった慈悲心をお持ちになられますかも知れません。

でもね、持ってない側が「持ているのなら出して下さい。」

これは強制的分け分け主義でありましてね、

どんなに金に汚いのかとおっさんなどは感じるのであります。


それでも出してほしいのなら、頭を下げて誠実に借りればいいのです。

勿論、利子的なものは考えるべきでしょうし、

約束の期日は守らなくてはいけないように思いますけどね。
[PR]

by yskfm | 2011-08-07 08:56 | 第二部、大地
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30