明け方の夢

明け方の夢には、何かしらの意味が隠されておりますことが多いそうでございます。


おっさんの夢はね、目の前に積み上げられた大きな長方形の箱なんですね。

3箱積み上げられておりまして、

その箱の中身はと申しますと、「寿司」なんですね。

これがね。


1メートルほどの巻寿司が2本、

綺麗に折りたたまれて入っているのですね。

それが二箱。

もう一箱はね、

鯖寿司とか海老・穴子・玉子焼きのバッテラ等が何段にも積み上げられまして、

詰め込まれていたのですね。

これはね、もう見るからに綺麗で、豪華で、美味しそうで、食べ切れなさそうで、、、、、、


ところがね、そこに友人が現れまして、

その三箱の寿司を食べ散らかして行ったのです。

その友人が帰った後はあちらこちらに鯖寿司が転がっているような次第でありまして、


ったくもう、

なんてこった、パンナコッタ、

ウーイェイ!!

でございましょ?

あはは


その友人は高校を卒業してから一度も会ってはいないのですね。

風の噂で苦労しているようなことを聞いたりもしました。

時期が時期ですし、ひょっとこしてもう死んじゃってて、

おっさんの夢枕に、会いに来て下さったのかなと思うんです。

んでもってもう一度寿司が食いたいって言ってるのかなと思うのです。

今まで一度も夢に現れたことはなかったですからね、

彼は今年50歳のはずですし、茶目っ気のある友人でしたから、

なんだかそんな気がしてしまうのですね。


あははは
[PR]

by yskfm | 2011-08-09 08:19 | 第二部、夢
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30