身に備わりしもの

高橋信次先生はこのように教えて下さいました。


人が生きるために本当に必要なものであるのなら、

それは生まれた時に身に備わっているはずです。と


意思を伝える必要があるから口があって、耳があって、

栄養を摂る必要があるから胃腸があるのですね。


神様は、私たちが生まれてきても困らないように、

地上に必要なものを全て準備して下さった。


ところでね、祝詞と言いますものがございます。

この祝詞の効果は間違いないとおさんは確信しているのでありますけど、

ただね、これも生きるために本当に必要なものではないのです。

もしそうであるのなら、たとえば生まれた時から手のひらに祝詞が書かれているはずですし、

高橋先生はそういった呪文のようなものは一切唱えたりしていないと、

仰っておられるのです。


ですからここ暫くは私も祝詞などに頼らず口にせず、

正道を歩むことを心掛けているのですけど、


祝詞とか、そういった呪文等も明神様より下の世界でのことなんですね。

そして、それが祝詞でなくても、

光ある言葉には菩薩様や如来様が感応して下さる。

それも間違いのない事実なんです。


ただ、私は祝詞から入りましたけどね、

通過点として、それはそれで良いのではないかなと思うのですね。
[PR]

by yskfm | 2011-08-24 11:45 | 第二部、神霊
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30