そこに見るもの

札幌で虐めを苦にして中学生が飛び降り自殺をした。

その飛び降りた場所の近くの壁には、

「ここから落ちて死ね」と書かれていたそうでございます。


恐ろしいことですよ。

稲川淳二さんの怪談話よりも恐ろしい。

人間の所業ではないのですね。

やはり、これもまた魔物に心を乗っ取られた者の所業なんです。


魔物の言動に動揺してはいけませんよ。

魔物の思う壺にはまってしまってはいけません。

それで人生を台無しにするなんてとんでもないことです。


正直者が損をする、なんて申します。

でもね、必ず正直者が得をするようになるんです。

真面目に頑張っている者と、

自らの想念故に魔物に心を乗っ取られてしまった者。

心の次元の高さだけ見ましても月とすっぽんじゃないですか。

正直者の方が心の高さはずっと高いところにあるんです。

心の貧しい者は何十年、何百年と低く荒々しい世界で苦しみの中を行くことになりますでしょう。

それだけでも正直に生きる価値があるというものではありませんか。


今の時代、天の意に沿う者も増えていると思いますけど、

逆に魔物も増えているんです。

ですから確りとした心の確立も求められるのですね。

そうして魔物など恐れず毅然とした態度で対応することなんです。

決して心許してはいけませんし、

どんなに自身にとって有利な情報を与えて下さる存在でありましても、

見えないものの言葉を理証なくして信じ込むなんてことは絶対にいけませんよ。

魔術とか、呪術とか、愚痴の言い合いとか、不調和な想念・行為全てにおいて、

魔物は私たちの心が闇の方向を向いた隙を狙っているんです。


そうして魔に付け込まれた者は必ず善意の者を攻撃して参ります。

それも心ある者には想像もできないほどの怒りの毒を放って来る。

憎しみの刃を向けて来るのです。

怒りの毒は怒りを伝染し、憎しみの刃は心を傷つけます。

でもね、その毒も刃も慈悲の心を持つものには無力でありましょう。

冷静になって受け止め、心の中に取り込まないようにすることは簡単なことだと思いますよ。
[PR]

by yskfm | 2011-09-01 11:23 | 第二部、大地
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30