ジグソーパズルのピースは嵌って行くのだ

以前から、おっさんが閃いた様々なことを色んなところで書かせて戴いております。

たとえばね、

モーゼは「義」について教えたのはないだろうか、とかね

右手を「愛」、左手を「慈悲」とするなら、

右足は「信仰」であり、左足は「義」になると思う、

信仰と義で人は立つことができるのだ、とか

書かせて戴いておりました。


あ、ここで言いますところの信仰とは盲目的に宗教を信じることではありませんよ。

真に正しいものを信じるということなんです。

そしてその中には、真実の神仏といった存在も含まれますでしょうけど、

決して人が作った宗教団体やその教祖を信じることではないのです。


でね、高橋信次先生はその書籍の中でね、

如来様のことを上段階光の大指導霊と呼んでいらっしゃいましてね、

菩薩様が上段階光の指導霊、明神様を光の天使、と呼んでおられまして、

如来様でありますところの上段階光の大指導霊はね

モーゼ様、お釈迦様、キリスト様、そしてもうお一方モーゼ様より以前に

アモン様と仰られます上段階光の大指導霊様がアフリカで教えを説いていらっしゃった。

なんてことをさらっと書いて下さっておりまして、


余りにさらっと過ぎて私も気付かなかったのですけど、

アモン様はつまり阿弥陀様なのですね。

そしてそのアモン様はきっと「信仰」について説かれていらっしゃったのではあるまいか、

と思うのです。

そうに違いないのです。


そうであってこそ、

アモン様の「信仰」(右足)

モーゼ様の「義」(左足)

お釈迦様の「慈悲」(左手)

キリスト様の「愛」(右手)

そして高橋信次先生の全てを統括した「正法神理」(頭部)

が全て揃うのですしね、

高橋信次先生の娘様の佳子先生を始めとして

様々な方が広め始めております「神理を生活の中に生かす」試みは

実は「胴体に相当するものではないかなと思うのです。
[PR]

by yskfm | 2011-09-20 10:00 | 第二部、神霊
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30