水の時代、解説

今年に入りまして、3月11日に東日本大震災が発生しました。

各地で津波による被害が生じ、

また、福島では原発にトラブルが生じ、燃料棒を水で冷やす必要性が生じました。

そして富士山麓の各地では湧き水現象が発生し、

つい先日から、タイが大洪水に見舞われております。


さて、木、火、土、金、水、

これは物質を構成する5大要素とされております。

時代もね、人が木の棒で動物を獲って暮らしておりました時代があり、

それから火を使うようになり、

豪族が出てきて、また小国家があちらこちらに発生しました。

治める土地の広さに価値のありました土の時代ですね。

それから貨幣が使われる金の時代になり、

それまでの価値観が新しい価値観に置き換わって参りました。

そしてこのところ、象徴的に水に関する事象ばかり生じており、

今、まさに水の時代に入ったように思います。


水は潤いと災いを招きます。

新しい価値観が生じ始め、

今まで潤っていなかったところには潤いが生じ、

間違った方法で潤っておりましたところには災いが生じる。

作用と反作用の法則では、必ずそうなりますでしょう。

そしてその反作用はね、学びのため、

今まで間違っていたことに気付くための作用でありますことは間違いのないことでございます。


福島では原発の危険性を学ぶため、

放射性金属を水で冷やすという象徴的な現象となり、

たとえば静岡は出稼ぎの外国人労働者を多く雇用する土地でありますでしょう。

タイの洪水被害地には沢山の日本企業が進出しており、現地で生産したものが逆輸入される。

どちらも企業が日本円を海外に流出させている場所でございます。


そのおかげでアジア諸国が潤い、逆に日本が貧しくなっているのですね。

そして日本人の中に貧困が広がっている。

まあ、日本の実情をご存知のない方は未だに日本が裕福な国だと信じて疑わないかも知れませんけどね。

まあ、これは一つの仮定にしか過ぎないのですけど、


先日、このような言葉が浮かんでまいりました。

「最も疎かにしていたところが綻び、水が漏れ出した。」

それは勿論、私たちが間違っていた何かを学ぶためであり、

軌道を修正するためのお導きであるはずなんです。

ですからあながち間違ってはいないのではないかと思うのですけど、

ですから、これから価値観の変化と水に関わる現象が増えてくるのかなと思うのですけど、


あ、それからね、2011年3月11日

東日本大震災ですね。

1は九星気学では水を示しますね。

その1が4つ重なっている。

ジョナサン・ケイナーさんもYAHOO占いでそれに関するような発言をしておりますけど、

ちらっとここでそんなことも書いておこうと思うのです。


少しまだ頭の中が整理できておらずかなりの乱文になりましたことをお詫び申し上げます。
[PR]

by yskfm | 2011-10-23 22:57 | 第二部、大地
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30