映画「悪人」

昨夜は日曜ロードショーでそのような映画を視聴しておりました。

出会い系サイトで知り合った女とトラブルになり殺人を犯してしまった若い男と、

その男に惚れて一緒に逃亡した若い女、その家族の凄惨な物語ですな。


好きや嫌い、惚れた腫れたは感情から始まります。

そしてそれは決して愛ではないのです。

何故なら愛とは、その人に最も必要なものを与える行為・想念なのですから、

自らの欲求で行動することは決して愛ではないのですね。


惚れた二人が感情の赴くままにで抱きあうことは素晴らしい姿ではあるのですけど、

感情に振り回されてしまってはいけないのですね。

それでは必ず誰かに迷惑が掛かります。

誰かを悲しませてしまうことになるのです。


感情はしっかりと理性で管理して、

愛と調和に基いた最も正しい方向性を見出そうとする高い視点がそこになくては、

幸せにはなれないのですね。

全ての間違いはそこにあるのです。


今地上に生きております人類も同じでありますでしょう。

殆どの方が感情優先で生きていらっしゃる。

考える習慣も感じる習慣も省みる習慣も持たずにね、

感情の赴くままに感情に振り回されていらっしゃる。

ですから社会におきましても多数意見は常に間違ったものになってしまっているのですね。


犯罪や事象には必ず原因がございます。

要因と、心因と、原因と、課題と、目的と、結果等々がございます。

たとえば間違いなく生きていらっしゃる人が犯罪を犯してしまうことはないのです。

ありえないのです。

あったとしましたら、それはどこかに必ず間違った生活習慣や人間関係等のその犯罪が生じた要因があり、

その人の性格上や心の偏りや間違った条件反射や考え方、心の弱さ等の心因があり、

直接的な原因があるのです。


犯罪や好ましくない事象が生じましたら、或いは見聞きしましたら、

そういった要因や心因、原因がどこにあるのかを探って見られますことですよ。

そうしましたら必ず何かが浮かび上がって参りますでしょう。

或いは、それはあなたに向けて発せられたメッセージかも知れません。

そうでなくても、少なくともあなたの中での経験値や人間理解が進み、判断力が養われるのではないかと

思いますよ。
[PR]

by yskfm | 2011-11-07 18:12 | 第二部、大地
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30