「思い入れ」と「思い出し」

愛の反対は憎しみです。

これは当たり前のことでありながら、誤解されていらっしゃる方が沢山いらっしゃるのです。

ある分量の愛を1としますと、同じ量の憎しみは-1ですね。

マザーテレサさんは関心の有無ということで、憎しみも関心があるといった点でね、

愛と憎しみの絶対値を取って愛の反対が無関心であると仰られたのでしょう。

愛も憎しみも絶対値を取りましたら1になり、無関心は0なのですから、

関心の有無という視点に於いてのみ、愛の反対は無関心ということになりますね。


さて、ここで昨日考えておりまして、

日本語って深いなあって感じたことがございます。


あのね、

好きと愛は違いますね。

好きになって、

何らかの思い入れがあって、

そうして愛が育まれるようになるのです。


好きの対象物への思い入れ、

或いは愛というものに対しての思い入れ、

そういった強い前向きの意志が働いて、愛は育まれて行くのですね。


そうしますと、今度は憎しみですね。

好きと愛の間に思い入れがあるように、

嫌いと憎しみの間にもきっと何かがあるのではないかな、

って考えておりまして、発見しました。


憎しみはね、

嫌いなことを何度も思い出すことで憎しみが育まれて行くのですね。


好き => 思い入れ => 愛

嫌い => 思い出し => 憎しみ

なんです。


ね?

日本語って深いでしょう?

あはは
[PR]

by yskfm | 2011-11-30 09:40 | 第二部、大地
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30