レールの上

日本にはね、

政府が敷いてきたレールがあるのですな。


生まれてきて

小中高、

そして大学か短大、専門学校を出て、

職に就く。

そして間違いなく厚生年金か国民年金を納め続けて、

何が何でも一つの職場に留まり続けて、

そして65歳からは年金が戴ける。

そうして寿命までは命を永らえさせることができるのですな。


このレールはね、

入る時は誰でも入れるほど幅が広くて、

そして年が経つに連れて脱落者が増え、

最終的には40%前後の人間しか残っていない。

そんな三角形のレールなんです。


ところが最近は企業が実力主義を採用し始めて、

どんどん三角形の高さが低くなってきているのですな。

まあ、今この三角形の頂点を65歳にしようと与党の皆さんは頑張っていらっしゃいますけど、


このレールから外れた人は殆どが生き残れず、

このレールに戻れる人もほんの僅かなんです。

だってね、日本政府はこのレールの上にしか、

今までお金を掛けてこなかったのですから。


レールを外れた人はただ税金や年金を何の見返りもなく持ってかれるだけなんです。

いや、だからなんだというわけでもなくてね、

これが理解できる人は世の中を正しく見ている人でしょうね。

今、世の中がどうなっているのか、

求職の現場で何が起こっているのか、

政府の間違った悪法がどんなにレールを外れた人を苦しめているのか、


あのね、お金持ちや高給取りが慈悲や感謝といった点で貧乏人に劣るのは間違いのない事実なんです。

どんなに心ある高給取りやお金持ちも

真面目に生きようとしている貧乏人よりは視野が狭い、

これも間違いのない事実なんですね。

その上で、キリスト様が仰られましたように、

金持ちが天国に入ることはらくだが針の穴を通るより難しいのです。

もうすぐクリスマスですけど、

クリス松村さんが針の穴を通れるわけがないのですね。

あはは


それ故、神の法は苦しみの中にいる人を救うといえるのです。

信仰あるものは最後の時にも心安らかに神の御許に帰ることができますでしょう。

勿論、他力本願の信仰は信仰とは言えませんし、

会社本願、サラリーマン本願も他力本願と何も変わることはないと申し上げておきましょう。

正しく、自力本願の信仰こそがね、

レールの上を外れた人さえも助けて下さる。


でも、レールの上の人には、神霊のお力添えを受け取ることは難しいでしょうね。

でも、寿命を全うできるのですから、それはそれでトテモあり難く素晴らしいことではないかと思いますよ。
[PR]

by yskfm | 2011-12-15 12:16 | 第二部、大地
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30