おっさんが蹴りつけた理由

いや、社名は明かしませんけど、

おっさんは34歳まで、IT系の企業でサラリーマンをしていたのです。

それをね、ある時ケツをまくってケリを入れて辞めちゃった。

あははは


別にね、その会社を避難しようってんじゃないんです。

ただね、事実をありのままにって思いますので、

ここでは具体的な社名は出さないでおくだすよ。


おさんはね、不安神経症(パニック障害)っていう病気にかかったんだす。

この病気はね、逃げよう逃げようとしても逃げられない、

そんな場合に脳が逃れる場所を失って同じところをぐるぐる回りだすんだす。

でもって脳がショートして倒れ込むだす。

コンピュータのディスククラッシュでおさんが現地に駆け付けようとしている時に起こっただす。

おさんの脳もクラッシュしてしまったんだす。


19億円のビジネス。

それが値引きされて9億円になったんだす。

数年後のある日、

百二十数拠点ある店の中の一箇所でディスククラッシュだす。

月に4件ほど起きるディスククラッシュで、要員はおさん一人なんだす。

上司も、客先のTというお馬鹿取締役(バカボン)は役に立たないし、

そんな中でおさんはパニックに見舞われたんだす。


いや、それはね、きっかけなんだすよ。

それ以前にも色々とあったんだす。


おさんは上司から空出張を頼まれただす。

出張したことにして三万円回してちょ、

そんなことが度重なり、

その金で飲み屋を連れ回され、

後輩からは「奢ってもらっているんだから礼を言え」と小突かれる始末さ。


別部門の部長の愛人が経営している外注がね

守られていることをいいことに

片やおさんを盾にして

片やおさんをコケにして

一時の外注の管理者たるおさんを利用して上手く立ち回ろうとするのさ


女性だけの営業部を立ち上げて女の魅力で受注を取ろうとしてたこともあるさ

大幅な組織替えで客先に納品したあとは知らんふりだし

そうやって中小の顧客を振り捨てて大企業と数十億円の契約ばかりするのさ

だから給料は良かったけどね

辞める時には月給100万円を超えてた。


おさんを可愛がって下さっていた本社のN常務はもういなくてね

おさんの上司のその上の上司も価値観が半端なくおかしくてさ

それに社員だってコンピュータのことにしか興味のないおバカばっかりなんだ。


そんなわけでさ、おさんは蹴りを入れたのさ。

でもね、それはそれで良かったと思っている。

あんな肥溜めのようなところで働いていてもさ、

魂は不満を抱えるばかりだからね。

ケツをまくり上げてケリを入れて正解だったと、

今でもそう思うのさ。


ただ、百万円超の月給は、

惜しいことをしたと思うけどね。
[PR]

by yskfm | 2012-04-11 14:08 | 第二部、大地
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30