任侠と宗教

この世界には任侠道と言いますものがありますね。

まあ、いわゆるところの、「や」の付く道を極めたらしき連中のことでおますけど、

義理、人情と言いながら神への義は持たず、

任侠と言いながら法律を軽視し、お金に執着して、

暴力や脅しという方法で世間に迷惑を及ぼします。

自らの根性と、喧嘩における武勇伝を誇りとし、

また身体中に彫り上げた刺青を自慢する。


勿論、その価値観は同業の者にしか通用しない視野の狭いものでありまして、

全く以てくだらないものでございます。

阿修羅界に意識を通じるものですね。


似たようおなものに、宗教と言いますものがございます。

愛とか慈悲とか義とか信仰とか言いながら、いつまでも自分中心の考え方を離れることができず、

お布施、奉仕と言いながら神に対してのお布施や奉仕ではなく、

迷惑であったり強引であったりするような勧誘で世間に迷惑を掛け、

その心はやはり地獄や畜生界、阿修羅界に繋がり、

物質的な想念、自己中心的な欲望に振り回され、

意味のない謹行の量を誇りとして決して神とは繋がらず、

何らかの反省も悟りも調和に至る努力もない。


まあ、そんなわけですから、

何が正しいのかも分からず、霊能者や陰陽師がもてはやされ、

そういった肩書きを掲げる連中が増殖するのですね。


では、一体どのようなことが正しく、尊重されなくてはいけないのか、

それはね、

神霊と繋がり少しずつでも悟りを得て、

深い反省によって人生における迷いを解き、

或いは愛と感謝の調和の努力の中に人生を正しく勤勉に生き抜き、

コツコツまじめにやっている者こそがね、

最も尊重されるべき人、正しい生き方ではないかと思いますよん。


よんよん
[PR]

by yskfm | 2012-04-19 09:28 | 第二部、大地
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30