自殺を考える

自殺すればどうなるのか?

自殺はいけないこと?

等と、いろんな噂やまがいもんの教えが蔓延っております昨今でございます。

日本でも、今自殺率は、世界5位?でしたか、

いや国家やマスコミががリアルタイムに自殺率を調査して教えて下さることをしないので

今現在の本当のところは全く以て分かりませんけど、


自殺はね、勿論いけないことですよ。

神の意思に反して光を拒むという罪と、

それとほとんどのケースで自殺は自己中心的な想念から発生しますから、

自己中心的な行いの結果、その清算が厳しいことは察しが付きますでしょう。


虐められた、

生きる術がない、

それも自己中心的な想念でありましてね、

たとえどんなに酷いいじめを受けたにしましても

それが神の意思に反して光を拒む理由としては認められないのです。

生きる術がないなら、死ぬに任せておけばいいのです。

わざわざ自ら、守護霊の思惑を無視して自殺してしまう必要はないのです。

これっぽっちもないのですよ。


ただね、誰かのために自らの命を犠牲にする。

これは素晴らしいことですよ。

直ぐに救いの手が差し伸べられますでしょう。

勿論、そこには正しい判断がなくてはいけません。

多くの場合、そこに多少なりとも自らの利益や見返りを求める心があるものですから、

そして、どちからかといいますと、人のためと言いながら、

自分のためである割合の方が大きいのですね。

いや、悟りを開かない人間なんて、そんなもんなんですよ。

突き詰めて考えてみられますと分かりますでしょう。


光を拒んだ罪で全く光も音もないところで反省を強いられます。

高橋先生がそのように仰っておられました。


あのね、ボクシングだってそうですね。

もう嫌だってファイティングを途中でやめちゃったら避難の的でしょう。

どちらかが倒れるまで、

或いは全ラウンド闘い終わるまで、

タオルが投げ込まれるまで、

試合は終われない、放棄できないんだって知ることですよ。

そうしてコツコツ地道に頑張っておりましたらね、

きっといずれは必ず強くなって頭角が現れるんです。


今のあなたが弱すぎれば、タオルが投げ込まれますし、

相手の方が強ければKOされちゃいますでしょう。

それが全試合闘い続けられるようになって、

相手をボコボコにいわせられるようになって、

KOできるようになって、

マスコミなんかもう、ウハウハですよ。

テレビカメラとフラッシュの嵐ですよ。


ボクシングの選手はね、

みんなそうやって順に経験していくのですね。

途中でリタイアするぐらいならタオル投げ込まれ続ける方がまだマシなんです。

その方が名誉なんです。

それにだれもあなたを責めたりはしませんでしょう。

それはね、きっと教える側にも問題があるんです。


いやまあ、

そんなことですよ。

あははは
[PR]

by yskfm | 2012-04-22 12:20 | 第二部、魂
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30