集団的自衛権の考え方

集団的自衛権はね、

日本は勿論交戦権を放棄しているのですから、

その素晴らしき姿勢は全世界に発信しなくてはなりません。

決して他国と一緒になって武力を行使するべきではないのです。

一つ高い視点に立って適切な表明を行い、

全世界を平和へと導いて行く使命があるのですよ。


日本は経済的支援、或いはPKO(Peace Keeping Operation)に限って

他国への支援を行うべきであり、

PKOだって自衛隊ではない他の組織が行うべきなのです。


だって自衛隊が出動しましたら、摩擦が生じますでしょうし、

それにね、自衛隊は日本を護る組織であって、

どちらか一方の国に味方してその国の平和活動に協力する部隊ではないのですからね、

必ず、別のそれ専用の組織を設けて動くようにしなくてはいけませんよ。


まあ、なあなあ主義の自民党の政治家たちは何度か

自衛隊をPKO、或いはPKF(Peace Keeping Force)の後方活動に参加させちゃいましたけど、

アメリカもなんで自ら先導して作らせた日本国憲法を反故にするようなことをなされるのか、

言動矛盾にも程があるというものでございますよ。


良いですか?

剣が強いのか、

ペンが強いのか、

無言の主張が強いのか、


まあ、やがてはその答えを皆が身をもって知ることになりますでしょう。

答えは時代が証明して下さいますよ。

間違いなくね。
[PR]

by yskfm | 2012-10-20 11:29 | 第二部、大地
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30