光の天使と闇の住人

自己中心的な想念で攻撃したり主張したりする者は光の天使であろうか?

私はこのように考えます。

光の天使は決して自己中心的な想念では争わず、闘わない。


生まれた時には誰もが光の天使でありながら、

環境や地上の厳しさに煩わされて堕落してしまうのです。

ですから地上は闇に支配され、

更に多くの光の天使が迫害され、堕落して行くのですね。


体罰、

虐め、

虐待、

DV、

詐欺、

半グレ、

宗教、

ビジネス、

社会の仕組、、、、、


全ての根源に闇の住人による光の天使への攻撃、迫害の構図があるように思います。


自己中心的な想念で、

攻撃し、

迫害し、

強要し、

強奪し、

権利を侵害し、


そうしてその稚拙な判断で自らを勝ち組と位置付け、

自らを高きに置き、

その考え方を恥じるどころか決して省みようとはしないのです。


俗に言われます障害者を、

その一際高い志を持って生まれて来た光の天使でさえ、

「障害者」と呼び、その外見的な判断で劣った者と看做すのです。


でもね、

この世的な価値観は決して天(実在界)では通用しませんからね、

死後には必ず厳しい反省を求められるか、魔物になるか、

間違いなくそのどちらかであろうと思いますよ。
[PR]

by yskfm | 2013-02-05 10:05 | 第二部、神理
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30