古文献に求めるか神理に求めるか

ある時、私に対してこのように言い放った方がいらっしゃいました。


「これこれこういった古い文献にこうあるから、あなたの言っていることは間違っている。」


これはどうしたことかと思うのですね。

何故この方は古い文献こそ正しいのだと信じ込んでいらっしゃるのか。。。

古いが故に未成熟なところも多く、誤りも多いのではありませんか。


答えを古文献に求めるのか、

はたまた神理に求めるのか。


答えを古文献に求めるなら、それは歴史文学の研究家でしかなく、

そこに未知なるものの答えは見出せるはずもないのです。

何等かの未解決の問題に関して根拠ある科学的な答えを見出そうとするのなら、

神理にその的確なヒントを得るか、

時間を掛けて、実験に実験を重ねて試行錯誤して行くしかないではありませんか。


決して未知なるものの答えを出し得なかった古い書籍から、

その答えを得ることはできないのではないかと思います。


と申しますか、

なんでそういった馬鹿げた話をしなきゃいけないのかな、とも思いますけれど、、、、、、
[PR]

by yskfm | 2013-03-13 10:46 | 第二部、大地
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30