国家のあるべき姿

この世界には色んな人が住んでおります。

色んな考え方、

色んな価値観、

色んな性格、

色んな外見、

色んな生活様式、

色んな人生、

色んな環境、

色んな人生、、、、、、


人が神の子として光の中に正しく生きる限りに於きまして、

存在が許されない生き方など一つもありません。

見下して良い、

差別しても良い、

排除するべき生き方など一つもないのですね。


そのような中に突如として権力者が現れ、支配を始める。


その支配は当然の如く万人にとって有益なものであるべきであり、

そこに一人として不利益を蒙る者がおりましてはいけません。

国民が栄えてこそ、国家も繁栄するのですから。


全ての生き方が尊重され、

余分なものは不足しているところに回され、

国民に必要なもの(サービス)を各所で手配して国民に配分する。

国民を危険から守り、

生活レベルを上げて人生を充実させる。

それが国家の当然あるべき姿であり、

その為には税金だって必要でありましょう。


でも、今の日本は違いますね。

いや、殆どの国は違います。

まあ、北欧の国々はまだマシなのでしょうけれども、


国家が経済活動に重点を置いた数種類の生き方しか尊重せず、

余分なところからも不足しているところからも同じように搾取するのですね。

国民に必要なもの(サービス)が何かを知ろうともせず、

国民に危険を安全と信じ込ませ、

国民の意思とは無関係に危険な方向に猛進し、

国家レベルを上げて国家的優越感を追い求めようとするのです。

国民の幸福度とは、逆へ、逆へと進んで行くのですね。


日本の人口の減少割合が過去最高を更新した、

なんてニュースもありましたけど、

安心して子を産み育てられない幸福度が悪化する一方の国では、

当然の如く人口は減少しますでしょうし、

深層心理の心の中の奥深い魂の領域でも歯止めが掛かりますでしょう。


金持ちが、より金持ちになるためのような日本の政治にありましても、

このような中で改正されて出来上がる新しい憲法は、

どんなに低俗なものになることか知れません。


国際間の領域や関税撤廃の争いで勝利を得て一体どうなるというのでしょうか。

国家が経済的、武力的に強靭になったところで一体どうなるというのでしょうか。

利が国民に万遍なく配分されないようでは意味がありませんし、

助け合い与え合うのではない力による争いが一体何を生み出すというのでしょうか。

そこから幸せとか平和が生まれてくるものなのでしょうか。


おさんはかように思うのでございますよん。
[PR]

by yskfm | 2013-04-17 10:41 | 第二部、大地
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30