宇宙を四次元から眺む

たとえばここに四次元宇宙があるとします。

それは光を放つ水晶体でございましょう。

光は勿論、さらに高い次元から送られてくるものでございます。


その光を放つ水晶体の表面、

厚さ0ミリのところが、三次元宇宙でございます。


光は燦燦とこの三次元宇宙に注ぎ込まれ、

この三次元宇宙ではその光は物質的な素粒子に還元され、

エネルギーとして注入されておりますわけでございます。


あ、さてぇ

炭素に熱を加えますと炎が生じますね。

これはエネルギーが物質的な現象として目に見える姿を現したわけでございますが、

炭素に酸素が結びついて炎という姿を現し、熱や光を発生させたのですね。


光の化身であるところの素粒子によって炭素が炭素分子となりエネルギーを安定した状態で保持したものを

さらに光の化身であるところの素粒子が酸素分子を引き寄せて

 C → CO 或いは CO2

という化学変化を生じさせてエネルギーを放出させたわけでございます。


この時空を構成し、維持しておりますものも素粒子でございましょう。

もし光が三次元世界で物質的に還元され素粒子として存在しないなら、

この三次元世界も四次元世界の一部でしかなく、

人体やあらゆる生物、物質的存在はなかったわけで、

幽霊しか棲み付けない場所であったわけでございます。


単純な話なんです。

こういった単純な話でさえ、

心を理解しない科学者には到底ちんぷんかんぷんでございましょう。

さらに高い次元となりますと、気付きもなく、理解することも適わないのではないかと思います。


まあ、心を持った科学者と、スピリチュアルリストは

或いは紙一重かも知れませんけどね。

きっとそのような科学者は、

間違ってもタイムマシンなどとおバカなことは考えませんし。

間違ってもその存在の可能性を認めるようなことはありませんよ。
[PR]

by yskfm | 2013-04-22 15:34 | 第二部、大地
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30