何も言ってくれないから

「言ってくれたらいいのに

何も言ってくれないから、分らない。」

私の両親はよくそのようなことを言っておりまして、

その発言に関して、

私はこれ以上身勝手で自己中な発言はないと思うのでございます。


親子関係と申しますのは難しいものでございます。

そうして自分自身のことが最も見え難いものでございます。


何度ごめんなさいと赦しを請うても、

慈悲の心一つなく、理由も知らせず、話して聞かせず、

一方的に拳を振り下ろし続けたのは、

そうやって親子の信頼関係を自ら壊しておいて、

「何も言ってくれないから分らない」

そんなことがよく言えるものだと、


話して聞かせようとすれどすぐに泣き出すし、

どこからどこまでが人権侵害なのだと一々説明しなくてはいけないのかな

と思うのです。

そしてまた、ああ言えばこう言うでぺらぺら口先で反論するばかりで、


膝を突き合わせて話し合うことさえ適わない。

親だという認識が傲慢さを生み、

それが本質を何も見えなくしてしまっているのですから、

もう手に負えない。

彼らは我が子に対しては何をしても構わないと信じているのですから、

人権侵害していたって、

ストーカー行為だって平気でするのです。


その対象になってしまいましたら、

私でなくても、誰だって逃げ出しますでしょう。

逃げ出すか、病気になるか、ですよ。


とまあ、そんなことでね、

色んな思い出したくもないことを思い出してしまい、

腹立たしくなっておりましたおっさんでございます。

心の整理が

まだ全然できていないですね。


あはははははは
[PR]

by yskfm | 2013-09-03 10:20 | 第二部、今生
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31