パソコン通信(BBS)

世にインターネットなんてものがまだ出回っていなくて

アメリカかイギリスの某大学でUNIXを使った全世界ネットワーク構想が

研究されておりました頃のことでございます。

パソコンオタクたちはパソコン通信なんてものにのめり込み

見知らぬ者たちとの人間関係に明け暮れておりました。

そのパソコン通信の親玉がニフティでありまして、

まあ、個人でも誰かが開発したパソコン通信(BBS)のフリーソフトを

何処かからダウンロードして、

個人のBBSも活気を帯びておりました頃のことでございます。

丁度NECのPC98が発売された頃のことでございます。


PC98

この、漢字変換に数十秒は掛かっておりましたような、

ディスクがなくてRAMディスクで全てこなしておりますようなマシンで

BBSのフリーソフトを立ち上げまして、

2400BPS(ビットパーセコンド、一秒間に最大で2400ビット、300文字しか送受信できない速度)の

モデムを繋ぎ、そこにNTTの一般電話回線を繋ぎまして、

じわじわとBBS上の掲示板やチャット機能で会話をするのですな。

いや、おっさんも個人のBBSを立ち上げようとしましたけど、

余りの難解さに何度も断念して、結局できずじまいでおりました。


それから暫く致しまして、

おさん、アマチュア無線の免許を獲得致しまして、

いや、電話級(四級)ってやつですな。

最大出力10ワットの無線機でアマチュア業務が行えるってやつです。

そんでもってTNC(ターミナルノードコントローラ)というものを買って参りまして、

そうすれば無線で個人のBBSが構築できるのですな。

パソコンにTNCを接続しまして、そこから無線機を繋ぐわけです。

まあ10ワットですからせいぜい届いて隣の区までなんですけど、

アマチュア業務に割り当てられております430Hz帯の上の方の周波数で、

これまた個人でレピータを設置して下さっておられます方が、

その当時は結構いらっしゃいましたし、

無線機によりましては改造すればレピータになるというものもありましたから、

案外遠くのBBSにアクセスできたりしておりました。


レピータっていうのはつまり、その周波数で届いた電波を増幅して別の周波数で再送する仕組みですな。

でもってTNCには簡易のBBS機能が内蔵されておりましたし、

今でもそのボロボロのTNCがおさんちにありますから、

やろうとすればできるのですけど、

今はもう流行らないですね。

何てったってインターネットには及ばないのですから。


まあ、そんなことでね、

一般の方には恐らく何を言っているのかさっぱりなんだろうとは思うのですけど、

二十数年前まではそんなことをやっておりましたおさんであるぞということをですね、

ご紹介させて戴きましたまでのことでございますよん。
[PR]

by yskfm | 2013-09-13 20:51 | 第二部、大地
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30