果たして老人は何かを悟ったであろうか

一昨日、JR横浜線で踏切内の老人を緊急避難させて自ら命を落とした女性の告別式が

しめやかに営まれたそうでございます。


高い意識ゆえの行動なのか、或いは何らかの洗脳、すり込みがあったのかは分りませんけれども、

彼女は自らの命と引き換えに、信念の中に生きたのですね。

それでもね、彼女が老人を救い得たものかどうなのか、

慈悲を与え老人を緊急避難させることには成功したのですけれども、

愛は、与えなかったのですね。

老人は、再び同じようなことをするかも知れない。

また罪を犯し、彼女の行為を、彼女の死を無駄にするかも知れない。

恩を仇で返すかもしれないのです。

或いは、救われた老人は、果たして彼女の死に何かを悟ったでしょうか。


いいですか。

救うなら慈悲のみならず、愛を以てちゃんと救う。

命も、魂も、後々のことまで考えて差し上げる。

そこまでして始めて、命と引き換えにする価値もあるというものではないでしょうか。

残念なことに、

彼女は、ただ遺族を悲しませたに過ぎないのです。


タイガーマスクもそうでしたけどね、

また同じようなことをしちゃう人が現れないとも限りませんから書かせて戴きますけれども、

命はね、自分自身で守らなくてはいけません。

危険なことをしようが命を捨てようがそれはその人の自由なんです。

ひょっとしてその老人は、助けて欲しくは無かったのかも知れない。

その自由意志を軽視することが果たして正しいことなのかどうなのか。


確かにそれは正義感かも知れません。

でもね、前々から言っております通り、争いは自己中な正義感のぶつかり合いから生じます。

タイガーマスクのランドセルにしても

私はただの自己満足に過ぎないと思うのですね。

ですから人を救うにしても、

高い視点でよーく考えてから行動して戴かなくてはいけないように思いますね。

by yskfm | 2013-10-09 08:33 | 第二部、大地
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31