食道楽は料理が上手い

えぇ、美味いもんは美味いと申します。

ところが昔から、「男子厨房に入らず」ってんで、

料理なんてさせては貰えない。

そうしますと、食道楽(くいどうらく)が食道楽のままで

食道楽の長所を活かすことができないのですな。


でもね、時代も変わりまして、

料理の一つも作れんで何が男や、ちゅう時代になりましたわな。

まあ、今以て男子厨房に入らずなんて哲学は時代錯誤なのでありまして、


食道楽だからこそ考えるのです。

何をどのように調理すれば美味しくなるのか、ってね。

で、色々試行錯誤を繰り返しておりますうちに美味くなる。

そうか、刺身の海老は海老味噌を絡ませれば最高の味になるじゃあないか。

焼きそばもチャーハンもしっかり炒めた方が美味しいじゃないか。

って分ってくる。

料理の味付けだって目分量ってなものが分ってくる。

色んな知恵も備わりますし、舌も味覚の判別力を肥やしてくるのですな。

いや、それなしでテキストだけの料理人がいるとしましたら

どんなに危ういことか知れませんね。


味に欲がなくては、

味覚のセンスがなくては料理の腕も上がらないわけでして、

しかも好きでありませんと粘り強く試行錯誤などしないわけで、

どこかで放り投げてしまうわけで、

ただそこいら辺の店で腹を満たすための食事をして

さっさと自分の仕事の持ち場に帰ってしまうってな男は、

いや、女もですけどね、

間違ったって料理なんぞするもんではない、

人に食わせるもんじゃない、

と思うのです。


好きこそモノの上手なれ、であって、

自分を通して相手の立場に立った感じ方考え方が大切なのであって、

それにはまず経験と知識や知恵の積み重ねが、

大切なのでおますなあ。

と感じるのでございます。


まあ、どのような仕事でありましてもそうなのでしょう。

増してや好きでもない、楽しくもない仕事に派遣で遣わされる、

なんて

当人に取りましても社会に取りましても、

ただ人生の時間を無駄にするだけで、

やたらと価値のない命の時間を延ばすだけで、

何の意味もない!

のでございますな。


勿論、料理した後の洗い物や後片付けは当然のことでおますけどね。



[PR]

by yskfm | 2013-12-05 11:44 | 第二部、大地
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30