中道と強要癖

利己主義な人が多く住む世界にありましては、

中道を外れた自己中な意見が多数意見となることが多々ございます。

例えば近所との騒音トラブル問題や電車内での化粧問題ですね。


迷惑を掛けないようにすることと自らが我慢すること

どちらも調和ある社会を構築するためには大切なことであるように思います。

その中道のところが最もバランスの取れた状態なのですけれども、


被害者を名乗るものが我慢することを忘れ、

実害もない、法律的にも規則的にも問題のない事象を、

ただ見苦しい、騒がしい、

といった難癖をつけて加害者とした者にその行為を止めることを強要するのですね。

9割方はそうではないかなと感じます。


見苦しいなら見なければいい、

何らかの実害が生じる可能性があるのなら鉄道会社に改善を申し述べればいい、

騒がしいのならその騒音デシベルと騒音の持続時間を計測して、

根拠を持って然るべきところに対処を申し述べれば良いのです。

そして騒音レベルに達していないのなら耳栓でもすれば良いのです。

それが地獄に住む者には分らないのですね。


神から与えられている人の自由を奪い、強要し、喧嘩を売り、

その結果その人の心も社会もさらに光を失って行くのです。

地獄に近付き、苦しむ者の数を増やして行くのです。

こんにゃろと思うから腹が立ち、神経を不調和にして行くのです。

ノルアドレナリンで血圧を上げ心身の健康を害して行くのです。

熟睡できなくなって少しの物音で眠りが中断されてしまうようになるのです。

霊的な障りも生じて犯罪者にさえなってしまうのです。


少なくともそれはその被害者を名乗る者の強要癖に起因するものでありまして、

自業自得なのですね。

誰かに理不尽な強要をすれば自らに帰って来る。

魂の法則なのですね。



by yskfm | 2014-04-08 00:18 | 第二部、大地
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー