飽食の時代

神様が与え給うた美味しいものが戴ける、
本当にこれは偉大なる歓びでございます。

でも、美味しいものを追い求める、そこに何の意味がありますでしょうか。
余分な食は余分な肉、腐った肉となり、そのための犠牲も増え、
人の心も、飽食が当然、美味しいものが食べられて当然と感じるようになってしまうんです。
感謝する気持ちが不満に変わり、
同じだけの感謝の気持ちを得るためには、より美味しいもの、より多くのものを求めなくてはならない、
そんな麻薬中毒のような恐ろしいことになってしまうんです。

科学だって同じですね。
最先端科学を追い求める、そこに心が不在であれば、文明は必ず崩壊します。
地球上の文明も、幾度となく、発展しては崩壊することを繰り返して参りました。

心がなくて、何の、生活を良くする、より良く、より強く生きるための科学技術なんでしょうか。

ニートも依然として問題になっておりますよね。
では何故、ニートといった若者が生まれてしまうのでしょうか?

生まれて来ることを心から望み、期待と、歓びと、今生を力一杯に行き抜き、自らの使命を果たす、
その決意を胸に、輝きに溢れて産まれ出て参りました赤子、
一つの素晴らしい魂が、
成長するに従い、希望を失い、歓びを失い、輝きを失い、
失意や不安、恐怖や、自信のなさまで抱え込み、
誰も愛せず、誰も信頼できず、自らを孤独の中に引き篭らせてしまう。

その一番大きな原因は、家庭なんです。
二番目には社会ですね。
教育現場や職場なんです。

家庭の不調和、悪口、不満、愚痴、暴力、嫁姑争い、夫婦のもめごと、酒乱、
学校での不調和、いじめ、不誠実な教師、暴力、不平等、
そういったものが長期に渡り積み重なり、心の輝きを覆い隠してしまうんです。

それはね、本当に、日の目を見るより明らかなことでございますよ。

再び自信と人への信頼を取り戻しますためにはね、
丸くて、暖かくて、豊かで、大きくて、偏りのない愛の心が不可欠なんです。
でも、どこにそんなに素晴らしい愛の心を持った人間がおりますでしょうか?

ですからね、神様の真のお心を知り、神様に身も心もゆだねてみる、
そういったことも、素晴らしい方法論だと思いますよ。

いえ、これは何某かの宗教団体に入って盲目的な信仰をしなさい、間違った信仰をしなさいということではないんです。
お心の中に神様を住まわせ、お心中の神様の客観的な正しい意識を見出しなさいっていうことなんです。
宗教団体なんぞには絶対に入ってはいけませんよ。
[PR]

by yskfm | 2006-07-05 11:29 | 第一部、想ふこと
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30