バブル崩壊後の日本

ニート問題や少年犯罪の増加にも関係することなのですが、
バブル崩壊後の日本は急激に心というものを失って参りました。

まず、リストラの増加により、経済的に苦慮に立たされる人が増えに増えたことが挙げられますね。
ねずみ講のようなネットワークビジネスが増え、
安易な儲けに走る人間が増え、そういった人間が起業して、荒稼ぎするための会社が沢山できました。
その中でも成功したものが、今ヒルズ族として脚光を浴びているようですけど、
本当に、くだらないもんです。

次に、外資系の企業が沢山、日本の企業を買収してしまいましたね。
保険業界などは本当に外資系ばかりになってしまいましたね。

心無い実力主義の外資系、
最低賃金法さえ守らない、でも報奨金を餌に労働者に過酷な労働を強いて、
優れたほんの一部の人間だけに報奨金を与え優遇する、
そんな悪質な企業ですから、離職率も異様に高いんです。
入社して、ほんの数ヶ月で殆ど全員が退職してしまう。

日本の会社もそれを見習うところが増えましたよね。
終身雇用から実力主義へ、
どんどん採用して、安い賃金で一時的に働かせて、でもすぐに社員が辞めてしまう。
それでも良いんですね。
だって失業者は幾らでも面接を受けに来て下さるのですから。

ヒルズ族の運営する企業では、極めて優秀な人材しか採用しないところも多いそうですね。
数千人の求職者に対して、ほんの1、2人しか採用しない、
これは本当に悪質ですね。
お金を使って面接を受けに来て下さる求職者の方に対して、誠意が微塵もない。

このような状況でしたから、新卒者も嫌になりますよね。
面接を何度受けても採用されない。
すぐに採用された場所は厳しい労働環境で、完全歩合制。しかも殆どピンはねされて給与は生活できるレベルには到底達しないんです。
こんな環境で新卒者が生き残っていくことは、極めて難しいでしょうね。

自信を失い、ニートになってしまわれた方もいらっしゃいましたでしょう。
しかも、そういったことに無頓着な家族に就職しなさいと厳しく責め立てられるんです。

社会全体が実力主義に移行する中、独立するものも増え、ニートになるものも増え、
心を失い犯罪に走る者も増え、病に倒れる者も増え、

今、社会は景気回復の方向に向かっているといった認識があるようでございますが、
このような状況を考えますと、まだまだ日本の闇は始まったばかりだということが分かりますでしょう。

人が若干でも失った心を取り戻し、思い遣りに溢れる社会を再び取り戻しますまで、
社会不安や少年犯罪、冷酷な犯罪、ニート問題、少子化問題、架空請求等の解決は困難でありましょう。
でも、そういったことに政治家さんたちは気付いていらっしゃるのだろうかってね、思いますね。

私、思うんです。
税金はね、こういった心無い連中から多く取らなければいけないんだってね。
例えば、企業から面接税を徴収することや、
労働環境、最低賃金法などの厳しい罰則を設けてしっかりと監視すること、
悪質な企業からは法人格を取り上げること、
ネットワーク犯罪、(架空請求、ねずみ講、迷惑メール)に対して有効な策を講じること、
強者より弱者に対しての支援を強化させること、

こういったことの必要性がね、何故政治家さんたちには分からないのだろうかってね、
不思議に思うんです。
それが分からないということはね、結局は何も見えていないのだと思うんですね。
[PR]

by yskfm | 2006-07-06 00:38 | 第一部、想ふこと
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30