地球大陸

秋になると、鮭が故里の川を遡上します。
海洋を一周して、その長旅から戻って来て、
産卵という命の最後の大仕事をするのですね。
これもまた、大自然の法、神様の法であります輪廻の姿が現わされておりますね。
与えられました命を、ただ魂に刻み込まれております使命のためだけに、
何の躊躇いもなく命懸けで生きているんです。

丸い地球、
もともとは角張った宇宙のカケラでございました。
そのカケラが激しい大自然の環境の中で角が削られ、
自ずから公転と自転を繰り返すことによって、次第に丸くなったんです。
人の心もそのように、削られて丸くなって行かなくてはならないのでしょうね。

不思議なことに、地球にはバネもぜんまいも電池も組み込まれてはおりません。
それでも、もう45億年も周り続けているんです。
ですから、ここにも命が宿っていると考えざるを得ませんね。

地球生命体、
宇宙生命体、
その意識が神ではなくて、一体何なのだろうかと思いますね。
[PR]

by yskfm | 2006-08-09 13:29 | 第一部、想ふこと
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30