神仏の慈悲の光(エネルギー)

人とは、傲慢なものでございますね。
神仏のお慈悲なしでは一瞬たりとも生きていることはできませんのに、
その神仏のお慈悲に感謝することもなく、ご恩返しのお気持ちもなく、
こうであって欲しいとか、ご自身の欲や希望ばかり仰っておられますように感じます。
そうしますとね、やはりそれも神様の法則で
想い通りにならないからと、落ち込んじゃったり、不機嫌になったりするんです。
人間関係も悪くなりますし、孤独感にも襲われます。
心の周りに曇りが生じましてね、
神仏の慈悲の光を受け取ることができなくなりますから、心が苦しくて仕方がなくなるのですね。
ですから、自分のためにだけ生きておりますような人は人生は辛いものになるのでしょうね。
自分で自分の首を締めちゃっているんですね。

ここにね、ある耳の不自由なご婦人がいらっしゃった。
聴神経の腫瘍でね、聴神経を大方取っちゃったんですね。
ある方がね、このご婦人に「耳が聞こえなくて不自由ですね」って聞いてみたんです。
そうしますとね、ご婦人は、
「いいえ、不自由なことなんてありませんよ。
耳が聞こえなくてもね、人の気持ちって心で分かるじゃないですか。
目を瞑りましてね、心を鎮めてみますとね、
人の暖かさが伝わって来るんですよ。」
って仰られたそうでございます。

人に対して冷たいのは、心が弱いからですね。
人に対して、もっと暖かな、優しい気持ちでね、
あなたが幸せになって下さるにはどうしたら良い?って
常に心の中に問い掛けましてね、
人のために生きるんです。
そうしますと、神仏の慈愛の光を受け取れるようになりますからね、
幸せな気持ちで一杯になれるんですよ。
心も暖かくなれるんですよ。

神様はこう仰って下さっておられます。
人に喜んでもらえる生き方をしなさいってね。

神仏の慈悲の光(エネルギー)はね、
私達の心に生きる勇気や意欲、安らぎを与えて下さいますね。
でもね、このエネルギーは不満がありますと受け取ることができなくなります。
疲れ易くなるんですね。
不満を持ちながら生きておりますと、心が疲れちゃうんです。
勿論、そこには吸血鬼のような、神仏のエネルギーを吸い取ってしまう地獄霊がいる可能性も高いですね。

どのような状況でも、心を乱さず、不満を持たず、
常に感謝と愛の心を持ち続ける、
私達の修行の目的の一つなんですね。
私達は今、その条件反射の訓練をしているんですね。

蛇足ですけど、
妖怪人間、黄金バット、どろろ、なんてアニメが昔ありました。
思い起こしてみますと、どうもおどろおどろしくて暗い雰囲気でございました。
そこには、やはり神仏の光は少なかったように感じます。
[PR]

by yskfm | 2006-11-05 15:32 | 第一部、想ふこと
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30